2019年ロンリーハーツ植物紀行
2019年10月2日の男鹿三山

今年は男鹿三山には月二回のペースで行くつもりだったが、9月は4日に一回行ったきりで終わってしまった。
よって10月は月初の2日に訪問してみた。花はもう終わりかなと思っていたら、まだいっぱい咲いていた。

オクトリカブト Aconitum japonicum ssp. subcuneatum

タムラソウ(タマボウキ)
Serratula coronata subsp.
insularis
ノコンギク Aster microcephalus var. ovatus
とアキノキリンソウ Solidago virgaurea var. asiatica

ゴマナ Aster glehnii ヤマハッカ Rabdosia inflexa

ダイモンジソウ Saxifraga fortunei var. incisolobata

地味だが、男鹿の固有種や男鹿で発見された花たち。

オガアザミ Cirsium horiianum

男鹿固有種のトガアザミ Cirsium togaense だろうか。 トガヒゴタイ
Saussurea nipponica subsp. Muramatsui

男鹿、特に男鹿三山には固有種とか珍しい植物がやたらと多いが、これは島として隔離されていた期間が長かったせいだろう。
そのおかげか、クマさんやヤマビルが居ないのはとても嬉しい(カモシカは最近目撃されている)。

以下は男鹿以外でも普通の植物。
ミズヒキ Persicaria filiformis

チヂミザサ Oplismenus undulatifolius オヤマボクチ Synurus pungens

サラシナショウマ Cimicifuga simplex 毛無山の林の小道

他には写真は省略するが、オガコウモリ、キオン、タマブキ、ガンクビソウ、デワノタツナミソウなども咲き残っていた。

男鹿三山は低山なので紅葉の気配はまだ無かったが、
草木の実は豊富だった。
テンナンショウ Arisaema の仲間

ユキザサ Maianthemum japonicum ミヤマニガウリ Schizopepon bryoniaefolius

ガマズミ Viburnum dilatatum

ミヤマガマズミ Viburnum wrightii

ルイヨウショウマ Actaea asiatica ヤマブドウ Vitis coignetiae

ヒヨドリバナにはアサギマダラ

本山山頂を望む。

毛無山から加茂青砂漁港を望む。


次(太平山)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2020年1月7日にアップしました。)