2019年ロンリーハーツ植物紀行
2019年8月〜9月上旬の男鹿三山

今年8月は2日と24日の二回、9月は4日に、門前から毛無山、本山を経て、真山まで往復している。
8月2日は五社堂の登り口で、咲き出したばかりのキツネノカミソリとツルボに出会った。
いずれも個人的には晩夏初秋を感じる花たち。もうこの花が咲く季節になったのか、月日の経つのは早いものだと勝手な感慨に浸る。
8月24日に来た時はキツネノカミソリの花数が増え、ご覧のような群生になっていた。

キツネノカミソリ群生
2019/08/24

ツルボ Barnardia borealijaponica
2019/08/02
キツネノカミソリ Lycoris sanguinea
2019/08/24

そのすぐ上の藪で見つけた地味なつる草。
ヒヨドリジョウゴ Solanum lyratum
2019/08/24

五社堂の少し上の毛無山斜面は花の豊富な処だ。
春はフクジュソウに始まり、スミレ類、カタクリ、シラネアオイ・・・と絶え間なく花が咲いていた。
今頃の季節になると、さすがに花は少なくなるが、それでも秋を感じさせる草花が順次咲き出していた。

アキカラマツ (タカトウグサ) Thalictrum minus var. hypoleucum
2019/08/02
シラヤマギク Aster scaber
2019/09/04

オトコエシ Patrinia villosa
2019/08/24

この斜面には草原性の草花が多いが、不思議とオミナエシは生えていない。
オミナエシは本山の東面を走る自衛隊道路や寒風山で見かけた。

タムラソウ Serratula coronata subsp. insularis
2019/09/04
ツリガネニンジン
Adenophora triphylla var. japonica
2019/08/24

ソバナ Adenophora remotiflora
2019/08/24

更に登り、樹林帯に入ると、花は少なくなるが、足元には小さなランがいっぱい咲いていた。
大きな声では言えないか、この山は野生ランの仲間がとても豊富だ。

コイチヨウラン Ephippianthus schmidtii
2019/08/02
ミヤマウズラ Goodyera schlechtendaliana
2019/08/24

8月2日の午前中、男鹿三山は上半分が霧に包まれていた。
一見、涼しそうに見えるかもしれないが、湿度が高く、蒸し風呂に入ってるような感じだった。

2019/08/02

霧の中に佇むのはユリ科の花たち。

オオウバユリ Cardiocrinum cordatum var. glehnii
2019/08/02
オオウバユリ Cardiocrinum cordatum var. glehnii
2019/08/02

クルマユリ Lilium medeoloides
2019/08/02
ヤマジノホトトギス Tricyrtis affinis
2019/08/02

クルマユリはこの山に比較的多い。登山道の刈り払いではこの花を残す配慮が見受けられた。

午後になって真夏の日が差し込むようになったら、アサギマダラに遭遇。

アサギマダラ
2019/08/02

9月になって、草木の実。
ツリバナ Euonymus oxyphyllus だろうか。
2019/09/04

トチバニンジン(チクセツニンジン) Panax japonicus
2019/09/04

トチバニンジンの実の一部が黒くなるタイプを「ソウシシヨウニンジン(相思子様人参) 」と呼ぶと友人から教えられる。
なんとも味わい深い呼び名だ。

この実は
コバノフユイチコ(マルバフユイチゴ) Rubus pectinellus
2019/08/24

秋めいてくると、男鹿三山の固有種二種が咲き出す。
どちらも地味な花なので盗掘による絶滅の心配は無さそうだ。

オガコウモリ Parasenecio ogamontanus
2019/09/04
オガアザミ Cirsium horiianum
2019/09/04

真山には三回続けて登っているが、晴れたのは9月4日だけだった。

真山山頂近くの展望台から寒風山、大潟村方面を望む。
2019/09/04

お気に入りの森の小道風景ふたつ。

五社堂上のブナ林の小道
2019/09/04
フタツアイ近くのスギ林の小道
2019/08/02


へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2019年11月21日にアップしました。)