2018年ロンリーハーツ植物紀行
三月下旬の男鹿・毛無山

今年は三月に三回も男鹿毛無山(五社堂)に行ってしまった。
一回目は3月17日。こちらは既に報告済み(「今年の初フクジュソウは男鹿とにかほで。」)なので、本頁では下旬の3月24日、27日の模様を報告してみる。
まずは3月24日の男鹿。
2018/03/24 五社堂入り口付近の海岸風景

この日は五社堂の上の方にあるフクジュソウも咲き出していた。
2018/03/24 2018/03/24

2018/03/24

前回は蕾だったオウレンが、今日は見頃になっていた。
2018/03/24 キクバオウレン Coptis japonica var. anemonifolia

下の長楽寺付近で少しだけ、オトメエンゴサクも見られる。
2018/03/24 オトメエンゴサク Corydalis fukuharae 2018/03/24
このオトメエンゴサクは紫っぽい。



3月27日の男鹿は長楽寺のオトメエンゴサクからスタート。
2018/03/27 オトメエンゴサク Corydalis fukuharae

2018/03/27
ミチノクエンゴサク Corydalis orthoceras
2018/03/27
オトメエンゴサクとバックにキバナノアマナ

オトメエンゴサクの近くではキバナノアマナも咲く。
2018/03/27 キバナノアマナ Gagea lutea

2018/03/27 キバナノアマナ Gagea lutea 2018/03/27
これはオオイヌノフグリだった(長楽寺の石段にて)。

イチゲ類も咲き出していた。
男鹿のキクザキイチゲは何故か白ばかりだ(青紫も有るが非常に少ない)。
2018/03/27 キクザキイチゲ

2018/03/27 キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica 2018/03/27 アズマイチゲ Anemone raddeana

麓の長楽寺付近の人臭い場所ではアズマイチゲとキクザキイチゲが混生しているが、上の方に行くとキクザキばかりになる。
それと男鹿のキクザキは何故か青紫タイプが少ない。

五社堂の上の方に有るフクジュソウの小群生地を訪ねる。
2018/03/27


今がちょうど盛りのフクジュソウを少しアップで。
2018/03/27

2018/03/27 これはちょっと変わった感じ。

2018/03/27 カタクリが今にも咲きそう。

カタクリの開花はこれからだろうと思っていたら、
開花したものも有った。
2018/03/27 カタクリ Erythronium japonicum 2018/03/27 ナニワズ Daphne jezoensis

雑木林をうろついていたら、真っ赤なアケビの実のようなものが彼方此方に転がっていた。
ベニチャワンタケというキノコだ。でかいものは10センチを超えていた。
2018/03/27 ベニチャワンタケ Sarcoscypha coccinea

2018/03/27
 ベニチャワンタケ Sarcoscypha coccinea

こちらはザクロの実のようだ。
2018/03/27
シロキツネノサカズキモドキ Microstoma floccosa var. macrospora
も一個だけ見つけた。

これから先はまだ春が浅く、花はマッタク咲いていない感じ。
よってこの先に行くのは四月以降にしよう。
2018/03/27 毛無山への登山道


次(白神)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年4月14日にアップしました。)