2016年ロンリーハーツ植物紀行
三月下旬、小さな山歩きとスプエフェ紀行

三月になり、既に二回も来ている男鹿だが、
3月27日も訪ねてみた。前二回と違う点は少し足慣らしをしようと毛無山に登った点、
毛無山(五社堂)への登り 五社堂
そしてもうひとつ。 (´π`;)ワタシには珍しく同行者が居た二点。
それはさておき、この日、見た花たち。
ヤブツバキ Camellia japonica

キバナノアマナ Gagea lutea オトメエンゴサク Corydalis fukuharae


ナニワズ Daphne jezoensis キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica

フクジュソウ Adonis ramosa
男鹿の名花フクジュソウは終盤モードだったが、
カタクリが咲き始めていた。
カタクリ Erythronium japonicum エンレイソウ Trillium smallii

他の低山ではあまり見られない植物の芽だしをふたつ。
ギョウジャニンニク Allium victorialis subsp. Platyphyllum
の芽だし
シュロソウ Veratrum maackii var. japonicum
の芽だしとフキノトウ

そしてこれは何だろう。
キノコの一種、シロキツネノサカズキモドキ
Microstoma floccosa
var. macrospora
こちらはベニチャワンタケ Sarcoscypha coccinea
乃至はその近縁種か。手前の小さな芽はカタクリ。
今年の初蝶。
ヒオドシチョウだろうか。
成体で越冬したようで翅はだいぶ傷んでたが、
稜線の登山道でしばらく{>(´π`)<}〃パタパタと我々の道案内をしてくれた。

こんな(´π`;)じじいと同行頂いたミキティさん、麻耶さん。ありがとう。
てなわけで今回は両手に花の愉しい小登山でした。
毛無山は海岸から望むとこんな感じ。全山、毛(樹木)で覆われているのに何故毛無しなのか。

毛(樹木)の無いのは寒風山。

寒風山山頂から東にいい形の白いお山が見えた。
寒風山山頂から見た森吉山(1454m)

三月末にカタクリ花筵で有名な西木(仙北市)も訪ねてみた。
こちらは雪深い内陸なので春は遅い筈だが、今年は暖冬だったので、いつもとペースが違う。
フクジュソウ Adonis ramosa

カタクリ Erythronium japonicum の蕾とフキノトウ カタクリ Erythronium japonicum

キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica


最後に秋田市内某所のキバナノアマナ群生地。
キバナノアマナ Gagea lutea



次(4月上旬)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2016年4月30日にアップしました。)