2014年ロンリーハーツ植物紀行
5月下旬、男鹿で見た花

このところ休日に遠出できなくなりましたので近場の男鹿半島で見た野花を少し紹介してみます。
まずはアズマギク。男鹿には国内でも有数の群生地があります。花は淡い青紫でくすんだ色調なのでそれほど目立たないのですが、
形が好いのか女の子には必ず摘まれます。今年は遅くなってから出かけたので花の盛りは過ぎていました。
アズマギク

アズマギクの咲くところには運河よければオキナグサも見られるものです。
今年は秘蔵のオキナグサ群生地を訪ねていないので、見ないまま終わってしまうのかと思ってましたが、男鹿で実姿に遭遇。
周辺を探し回りましたが、ここではこの一株だけのようです。ホント少なくなりました。
オキナグサの実姿とアズマギク

芝地を歩いていると、とても小さいのですが、
ハッとするほどキレイな宝石のような花に出会います。
ヒメハギ

ヒメイズイ フデリンドウ

ミツバツチグリ

道路端の草地で見た花
キンポウゲ ホタルカズラ

次の二種はうちの町内の道端にも生えています。
あまりにも身近に有るとなかなか撮影しないものです。
スイバとコウゾリナ コウゾリナ

山あいの湿地や休耕田などによく目立つ黄色い花が群生しているのをときどき見かけます。サワオグルマです。
この花は綺麗ですが、近寄ろうとすると、途中に蛇はいるわ、泥沼に足を取られたりと、けっこうしんどいものです。最低でもゴム長は用意しましょう。
サワオグルマ

サワオグルマ センダイハギ

オドリコソウはポピュラーな野草ですが、
どこにでも有るというわけでもないので、私はわざわざ男鹿の某所に見に出かけます。
オドリコソウ


男鹿半島は海岸性植物も豊富なところ。
マット状に咲く白い小花はオオバナミミナグサ。
オオバナミミナグサのマットから突き出すように生えたアマドコロ。 ウシオツメクサ

ハマナス
ハマナス ハマヒルガオ
ハマヒルガオは一輪だけ咲き出していました。
本格的に咲くのは来月以降でしょう。

男鹿半島は植物学的には面白い場所です。
他の秋田県内や近隣県には無い、或いはほとんどない花がここだけには有ったり、いまだに新種のアザミが発見されたりしてます。


行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2014年7月5日にアップしました。)