2014年ロンリーハーツ植物紀行
秋田沿岸部のスプエフェ巡礼

4月のアタマに県庁市役所のすぐ近くにあるキバナノアマナ群生地を訪ねてみました。
キバナノアマナはスプリングエフェメラル(春の妖精、春植物)のひとつ。
秋田ではカタクリやイチゲのように群生することは少ないのですが、この場所は凄まじく群れてます。
もしかしたら国内有数、いや最大の群生地かもしれません。

ごく一部にキクザキイチゲが混じる以外、どこを見てもキバナノアマナばっかし。




この群生地は某神社の境内にあります。歴史はかなり古いです。
境内は落葉広葉樹が多く、今の時期は陽光がよく差し込みます。下草も綺麗に刈られており、キバナノアマナのようなスプエフェにとっては天国なのかもしれません。
なお採取は厳に慎むべきです。ここは神域、花盗人には神罰が下ります。


男鹿半島の3月下旬の様子は、既に『男鹿の早春花&白いお山巡り』で報告しておりますが、
4月に入ると、咲く花の種類も増えてまいります。
此処ではキバナノアマナは、↑の秋田市内某神社とは異なり、単独ではなく、他のスプエフェと常に混生して咲いてます。
キバナノアマナ&エゾエンゴサク↑↓

キバナアマナ単独かと思ったら、
廻りにはカタクリ(蕾)やキツネノカミソリ(葉)が居た。
キバナノアマナとアズマイチゲ

キバナアマナ単独かと思ったら、ヤブカンゾウと一緒だった。
イチゲの仲間
咲き出したばかりのアズマイチゲ こちらはキクザキイチゲ。
青味がかった細長い葉はキバナノアマナ、他に
カタクリやニリンソウ、シュロソウの芽だしも入っている。

キクザキイチゲ。
ここでは白花ばかりだった。

咲き出したばかりのカタクリとニリンソウ 成熟したアズマイチゲと未熟なエゾエンゴサク

エゾエンゴサクもじっくり見てみよう。
エゾエンゴサク
本州に分布するエゾエンゴサクは北海道のものと比較すると、青のカーペットを敷き詰めたように群生することは稀で、
個体レベルでもひ弱な印象があります。最近、本州に分布するエゾエンゴサクを、
オトメエンゴサク Corydalis fukuharae として区別するという情報もあります(こちら参照)。

斯様に此処は混生スプエフェの天国なのでした。


次(仙北地方のスプエフェ)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2014年4月19日にアップしました。)