2019年ロンリーハーツ植物紀行
乳頭山(と千沼ヶ原)の花図鑑3.晩夏〜、希少種編

(本頁は「乳頭山(と千沼ヶ原)の花図鑑2.盛夏編」の続きです。)

8月お盆頃、或いはそれ以降に咲き出す花たちと草木の紅葉、実などを。

ミヤマリンドウ Gentiana nipponica
湿原から山頂岩場まで広く分布。
2019/08/26

キオン Senecio nemorensis
千沼ヶ原に向かう稜線に多い。
2016/08/11
タテヤマウツボグサ Prunella prunelliformis
乳頭山南斜面で少し見られる。
2016/08/11

ミヤマアキノキリンソウ(コガネギク) Solidago virgaurea subsp. leiocarpa
とエゾオヤマリンドウ。
2019/09/17

エゾオヤマリンドウ
Gentiana triflora var. japonica subvar. montana
2019/09/17
アオモリアザミ(オオノアザミ)
Cirsium oligophyllum subsp. aomorense
2016/08/11

花のサイズは右のウメバチソウの半分くらい。
コウメバチソウ Parnassia palustris var. tenuis だろうか。
田代平や千沼ヶ原の湿原内で見かけた。
2019/09/17
ウメバチソウ Parnassia palustris
2016/08/11

オオカメノキ Viburnum furcatum
樹木の中では紅葉するのが早い。
2014/09/15

サワギキョウ Lobelia sessilifolia
千沼ヶ原に少し咲いている。
2019/08/26
ミヤマダイモンジソウ Saxifraga fortunei var. alpina
2014/09/15

田代平には赤い穂のワレモコウの仲間が多い。また同じ場所には穂の白いものや中間的なものも見かけた。
赤いものはひとまずナガボノアカワレモコウとしたが、異説もあるようだ。

ナガボノアカワレモコウ
Sanguisorba tenuifolia var. purpurea
2019/09/17
シロバナトウウチソウ Sanguisorba albiflora
だろうか。
2019/09/17

キンコウカは草紅葉も素晴らしい。

キンコウカ Narthecium asiaticum の草紅葉。千沼ヶ原にて。
2014/09/15

チングルマ Geum pentapetalum
(実)
2016/08/11
アカモノ(イワハゼ) Gaultheria adenothrix
(実)
2016/08/11

ガンコウラン Empetrum nigrum var. japonicum (実)
2019/09/17
コケモモ Vaccinium vitis-idaea (実)
細かい葉はガンコウラン。
2019/09/17

ミネカエデ Acer tschonoskii の紅葉。
2016/10/02

ミヤマキンバイ Potentilla matsumurae の草紅葉。
2016/10/02


以下はちょっと珍しい花たち。
ミヤマコゴグサ以外は生育地も限られ、数も少ないので、保護の観点から生育場所は伏せさせて頂く。

トガクシショウマ(トガクシソウ) Ranzania japonica
2017/05/22

ミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ) Leontopodium fauriei
ごく限られた場所に群生し、同じ場所にはタカネスミレも生育していた。
2018/06/16

ミヤマコゴメグサ Euphrasia insignis
平ヶ倉稜線に群生している。北東北では此処だけと思われる。
2019/08/26

ヤハズトウヒレン Saussurea sagitta だろうか。
2016/08/11
イワテシオガマ Pedicularis iwatensis
2019/09/17

イワテシオガマ Pedicularis iwatensis の全体写真。
根元から出る葉は羊歯状。長い茎を50センチ〜1mも横に伸ばし、先に花をつける。
2019/08/26


へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2020年2月9日にアップしました。)