2019年ロンリーハーツ植物紀行
7月15日、乳頭山、笊森山、千沼ヶ原。2

(本頁は「7月15日、乳頭山、笊森山、千沼ヶ原。1」の続きです。)

乳頭山隣の笊森山はこの山系では秋田駒ヶ岳に次いで二番目に高い山だが、
奥まった場所にあるせいか、その名はあまり知られていない。

乳頭山の下りから見た笊森山(1541m)

乳頭山から続く稜線を歩いていると、どこまでが乳頭山でどこから笊森山なのか迷ってしまうが、
今回はこの湿原池塘が見える場所から始めてみる。

名無しの湿原池塘

すぐに千沼ヶ原への分岐点に到着。

ここから先、笊森山に直登するが、道は相変わらず灌木が覆いかぶさっていて歩きにくい。

コメツツジ Rhododendron tschonoskii ヨツバシオガマ Pedicularis japonica
は笊森山にも多かった。

この岩場ではイワウメやミヤマキンバイの花は終わっていたが、
オノエランは盛りだった。

オノエラン Orchis fauriei
乳頭山にも有ったが、花は終わっていた。
ウサギギク
Arnica unalascensis var.
tschonoskyi

トウゲブキ Ligularia hodgsonii
は咲き出したばかり。
ゴゼンタチバナ Cornus canadense
日当たりが良い場所のせいか、葉の色が赤かった。

花の種類は乳頭山よりも多いように感じた。

山頂で手早く昼飯を済ませ、今度は千沼ヶ原に下る。

笊森山山頂付近から千沼ヶ原を見下ろす。

千沼ヶ原に下る途中、咲いていた花たち。

ヨツバシオガマと
モミジカラマツ Trautvetteria caroliniensis var. japonica
カラマツソウ
Thalictrum aquilegifolium var.
intermedium

ヒナザクラの群生 ヒナザクラ Primula nipponica

千沼ヶ原がだいぶ近づいてきた。

ヒロハユキザサ(ミドリユキザサ) Maianthemum yesoense


千沼ヶ原に到着。



湿原にパラパラ咲いていたのは、ニッコウキスゲとワタスゲ(実)。
キンコウカの大群生に期待していたのだが、開花前だった。


草叢の中にはサワラン。

サワラン Eleorchis japonica サワラン Eleorchis japonica

チングルマ Geum pentapetalum の実モード

ハクサンチドリ Dactylorhiza aristata
の咲き残り
雪消えの遅い斜面で見た
新鮮なミズバショウ
Lysichiton camtschatcense


次(八幡平)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2019年10月25日にアップしました。)