2015年ロンリーハーツ植物紀行
10月17日、久々にノロ川で紅葉狩り

ノロ川は秋田県北部を流れる米代川の小さな支流のひとつ。森吉山の北東山麓にある。
その源流部はブナや天然秋田杉が生い茂り、日本最大のキツツキ、クマゲラの生息も確認されている。
ブナの紅葉は至って地味なものだが、此処では必ずしもそうではなかった。
ここは2009年の初秋にも訪ねている2009秋・ノロ川ビーチ&メデューサの滝巡り1  が、もろ紅葉期に訪ねるのは2000年以来だ。
10月17日はちょうど適期だったのか、素晴らしい紅葉を満喫出来た
なおこの川を詰めると終点には桃洞(とうどう)滝という奇観、絶景がある。
ヒバクラ岳(1326m)

歩き出してすぐの川風景

なんか油絵のような紅葉だ。


ブナの紅葉

コシアブラ Eleutherococcus sciadophylloides
/ Acanthopanax sciadophylloides

桃洞横滝


桃洞沢の流れ

上流部に行くと、山の尾根には針葉樹が立ち並ぶようになる。


両岸ともに斜面には滑らかな岩盤が露出している。

巨大な甌穴

ミズナラの紅葉 これが桃洞(とうどう)滝。

木の実、草の実
サワフタギ Symplocos sawafutagi

オオナルコユリ


イヌガンソク



次(鳥海山)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2015年12月12日にアップしました。)