ノロ川ビーチ&滝物語♪/紅葉編1

先に紹介した安の滝の近く(ちょっと北)に、途轍もなく恐ろしい(一説では、まともに見ると(^◆^;)目が潰れるゴーゴンorメデューサのような)滝があると聞く。
それがどんな風に恐ろしいものなのか・・・
はさておき、まずはその滝の属す水系、ノロ川の源流部を探ってみよう。
「ノロ川」とはいったい何処にあるのか。
こちらのマップをご覧頂きたい。右下の方にある「桃洞渓谷」と「赤水渓谷」、それらが合流し、北に流れ、「小又峡」を形成して、太平湖に注ぐ小さな川がノロ川なのだ(安の滝のすぐ北に位置するが、アプローチするには森吉山麓を車でぐるっと一回りする必要がある)
その流域の大部分はブナを主体とした落葉広葉樹林であり、その森には、本州では超・珍しい鳥のひとつ、クマゲラ(Wikipedia版)が生息しているとも聞く。
鳥には全く疎い私なので、今回はブナ beach beech の紅葉に話を変えよう。(本頁写真は全て2000年10月20日に撮影したものである。)

ブナbeach beech の紅葉褐色がベースであり、
それほど美しくないと聞くが、この場所のそれは必ずしもそうではなかった。




まるで絵画のような風景が続く。 フッキソウは常緑植物。
モウ来春の蕾は準備OK!

紅葉真っ盛りの広葉樹低木に覆われた斜面を見上げると、尾根には立派な針葉樹(スギ?)が並ぶ。

カエデの仲間が加わると紅葉はひときわ鮮やかに。


┬┴┬┴┤π`;) モウ紅葉は満喫されたかな。

じゃ滝に行きますぜ。
例のまともに見ると目が潰れるゴーゴンorメデューサのような滝ですぜ。覚悟は宜しいかな。フッフッフ(-_-;)

じゃ行くよ〜
裏庭トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2006年10月14日にアップしました。)