見ざる言わざる日光植物紀行1

5月の中旬、栃木県日光に行って来た。何故この時期にしかも日光なのか。
大宮で社員の結婚式があった。当然、自腹で秋田から出て行くわけだが、折角関東まで行ってそのまま帰ってくるのもつまらない。有休を使って家人も連れ、帰りにどこか寄って来ようと思いついたのが、日光だった。ここは修学旅行も含め、今まで一度も行ったことはなかった。世界歴史遺産にも登録された遺跡にはあまり興味はないのだが、その奥の自然景観はかねてより一度見たいと思っていた。なお状況が許すならば、かの地の植物も見てみたい。
で降り立ったのがJR日光駅。お巡りさんの居るところって英語では「小判」なんだと初めて知る。
すぐやって来たバスに飛び乗り、よく分からぬまま神橋で下車。参道を歩いて行くと、錚々たる神社仏閣が次々と現れ・・・
神橋(しんきょう) 五重塔
ここから先の遺跡については、見ざる言わざる聞かざる
この彫り物は意外と小さかった。
じゃなくて割愛させていただくとして、日光山内エリアで見た植物を幾つか。
大きな石灯籠の笠の上に見慣れぬ花が。
着生ランの一種、セッコク Dendrobium moniliforme でしょうか。
雪国では見られない花風景です。
カンアオイ Asarum nipponicum
徳川将軍家の(`◇´)これが目に入らぬ科植物。東照宮にて。

クワガタソウ Veronica miquwliana でしょうか。
とてもめんこいです。今回、生まれて初めて見ました。東照宮にて。
東照宮の参道沿いには他にも興味ある植物があったのだが、今回咲いていたのはこれくらいだった。

遺跡巡りを早々に済ませ、名物の湯葉そばを食べ、今夜の宿になっている中禅寺湖に向かう。
途中、明智平でバスを下車、ケーブルカーに乗って展望台へ。奥日光の大観を満喫した。
明智平からの西側の展望

帝釈山(2455m)と女峰山(2464m)

大真名子山(2376m)

男体山(2486m)

ホテルは中禅寺湖をもろに望む場所にあった。
face bookをやってると、
食べ物を紹介した投稿がやたらと目に付く。
 (´π`; ワタシもたまには・・・ホテルの朝食。
折角なので湖畔を少し散策してみた(初日夕方と二日目早朝の二回、イタリア大使館別荘方面へ)


中禅寺湖から望む男体山はとても端正な姿だ。
湖畔では桜の花が散り出していた。

二日目早朝の男体山
他の山々
日光白根山(2578m)

こちらの山林にはツツジの仲間が多く咲いていた。ヤマツツジ以外は秋田では生えていない種類ばかりだった。
シロヤシオ(ゴヨウツツジ) Rhododendron quinquefolium

トウゴクミツバツツジ Rhododendron wadanum

アズマシャクナゲ Rhododendron degronianum

キバナウツギ Weigela maximowiczii
湖畔の広葉樹は今が新緑の盛り、針葉樹とのコントラストも素晴らしかった。
針葉樹はウラジロモミ Abies homolepis だろうか。


次(2)へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2015年6月19日にアップしました。)