2018年ロンリーハーツ植物紀行
4月13日、七座山花紀行2

(本頁は「4月13日、七座山花紀行1」の続きです。)

今頃の時期の七座山(ななくらさん)はとても花が多いが、それを見るには中腹や山麓を歩いた方が好い。
松倉から一旦、中腹まで降りて、展望台分岐点下の十字路まで遊歩道を歩いてみる。
本頁で歩いたのは黄色い破線。
中腹を横断するAルートと山麓のBポイント。

松倉から降下するにつれ、花が現れて来る。
スミレサイシン Viola vaginata カタクリ Erythronium japonicum

カタクリ Erythronium japonicum このカタクリは色が濃い目。

カタクリに夢中になっていたら、道に迷ってしまった。

それでも今の季節は藪になっていないのでどこでも歩ける。
そのうちキクザキイチゲも出て来た。
キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica (白タイプ) キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica (薄いブルータイプ)
とカタクリ

ここにはいろいろな濃度のキクザキイチゲが咲いているが、
圧巻はやはり濃い青紫。

やっと道も見つかり、再び遊歩道を歩く。
ここにはエンレイソウも多かった。
エンレイソウ Trillium smallii

エンレイソウ Trillium smallii をもう一枚。 コチャルメルソウ Mitella pauciflora

サイハイラン Cremastra appendiculata
の越冬葉
トランプ大統領かと思ったら、
オシダ Dryopteris crassirhizoma の芽出し

ここには露岩や奇妙な樹形の古木も多かった。


岩と樹木が格闘している。

巨大な天然スギ

他にも何か面白いものは無いかと山麓のBポイントを訪ねてみる。
今年、他の山で必ず出会っている珍キノコにここでも遭遇した。
シロキツネノサカズキモドキ Microstoma floccosa var. macrospora とニリンソウ(蕾)

他は毒草ばっかし。
トリカブトとニリンソウの芽出し ハシリドコロ Scopolia japonica の芽出し

ここのアズマイチゲは弁数が多く、典雅な感じだった。
アズマイチゲ Anemone raddeana アズマイチゲの後ろ姿。
花弁のように見える萼の外側は紅を帯びるが、
これは必ずしもキクザキイチゲとの識別には使えない。
葉の切れ込みや形で識別すること。

最後に米代川対岸にあるきみまち坂を眺めて、帰宅の途へ。

およそ半月後(五月アタマ)の七座山の花はこちらの頁を参照されたし。


次(筑紫森・・・)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年5月4日にアップしました。)