春を追いかけて高みへと 3
6月、再び大場谷地

6月中旬のとある日、再び大場谷地。
半月前に較べると、随分と緑が濃くなっていた。
コバイケイソウ
わずか半月でこんなにでかくなる。

瑞々しい緑にびっしり覆われた処もあれば、まだ枯れたままの処もあった。
枯草の間には、小さなコバルトの花が。
タテヤマリンド
ミツバオウレン
三つ葉がうまく撮れていないので、図鑑写真としては失格。
水浸しの泥地で
ミズバショウの葉とミツガシワの花
ギボウシの芽吹きの間から、何やら褐色の穂が突き出してる。
ワタスゲの古くなった花
と言うことは、
もう少ししたら、こんなふうになるかも・・・
2009/07/上旬
この二枚は昨年7月上旬に撮ったもの。この年はワタスゲが異常にみごとだった(詳細はこちら
今年はどうだろう。
エゾノリュウキンカと・・・ ツルキツネノボタン
丈は5〜10センチ。アイヌワサビにしては、小さすぎる。エゾワサビだろうか。
今回の写真では、根生葉の状態がさっぱりわからないが、
ひとまずエゾワサビとしておこう。
こちらのスミレは?
ミヤマツボスミレとしておく。

バックは焼山火山

半月後、また寄ってみたい。
行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2010年6月26日にアップしました。)