2005盛夏・モ庭/ユリ&アガパン賛歌

春のチューリップが終わると、うちの庭はこれと言った主役が居なくなる( 「♪ワイルドBで行こう」参照)。それでも
いつもどこかで何かしらの花は咲いている
のだが、あまりメジャーでない草花やグラス、デカ花でも開花期間の短いもの(例:オニゲシ)ばかりなので、
わざわざ観に来るほどのものではない。しかし七月も末頃になると、

2005/07/30

少し様相が変わって来る。
すっかりジャングル化した庭のあちこちからユリ花が咲き上がって来るのだ。

コオニユリは、秋田では山あいのススキ原や湿原でときどき姿を見かける。楚々とした風情が好きで、いつかは自庭に迎え入れようと思っていたのだが・・・
(^^;)うちのものは一昨年の秋、ホムセンで購入したもの(昨年のコオニユリ・レポート参照)。

今年は芽だしが遅かったので、もう消えてしまったか。トホホ(ToT)やはり野におけ・・・・・かと思ったが、
夏が近づいたら、あわただしく茎を伸ばし、ちゃんと咲いてくれた。めでたしめでたし。

茎が弱いので、オベリスクに絡めている。
オニユリとの区別は葉腋にムカゴが無い点か。
2005/07/30
コオニユリのアップ。
2005/07/27

コオニユリに限らず、ユリは(背丈の割りに)場所をとらない点が良い。
日当たりが良いところよりも、半日陰。土が剥き出しの場所よりも、他の草で足元が覆われている方が機嫌もよさそう。
ところで、上の写真で見え隠れする青紫花は何?

アガパンサス(落葉性品種)  2005/07/31

アガパンサスである。
この花も一応、ユリ科なので、一緒に紹介しよう(最近、ユリ科を幾つかの科に分ける動きがあり、そうなるとユリ属 Lilium とは別の科になる)
なお、アガパンサスと言えば、Aleとっつぁんから、次のような投稿があった。
Alexさんちのアガパンサス10558.アガパン賛歌♪
Alex@横浜   7月9日(土) 19時39分
今年はアガパンサスの花が約50咲いた!
今までに、幾度かドンジャラにはこのアガパンを投稿した。
そして、今年もアガパンの季節がやって来たのだ。
コリは我が家に来て10年目の鉢植えアガパンだ。
アガパンの花も雄姿もスキだけれど、もっとスキなのは、毎年バージョンアップして、素晴らしい姿を確実に見せてくれるところだ!
「育てる園芸の醍醐味」を実感するは最適な植物だ!

10560.樹音 @ほっきゃいどー(網走) 7月9日(土) 20時8分
ワ〜イワイ 壮絶仲間みっけ♪ 当地でも育つ事は育つが・・ 地植えでは余り良くない・・
素晴らしい大株ですね。 こんなん育ててみたいな〜〜 (*^_^*)

10561.もうスベーダー@秋田   7月9日(土) 20時11分
実に壮絶なアガパン !(^^)! でっす。
我が家の常緑水色アガパンは、たぶんとっつぁん所と同一品種と思われるのだが、今年はトホホホ(T_T)2本しか蕾が上がってないのじゃ。
入手してほぼ同一年数のヨーダし、しかも大鉢植えなのに、何が原因でこうも違うのだろう。ただしサイズが一回りコンパクトで、花の色も濃いブルーの落葉性品種は40本くらい蕾を上げて居ります。

10562.Alex@横浜   7月9日(土) 21時34分
寒肥に鶏糞&油かすをたっぷり、そして成長し始めてから、リン酸の多い、液肥を1週間に1回やってみました。陽当たりはあまりよくないところです。

とっつぁんの壮絶アガパン詳細はこちら

アガパン比べ
Alexさんち(横浜)の壮絶アガパンサス
2005/07/08?
うちのやや壮絶アガパンサス(蕾モード)
2005/07/17

うちのやや壮絶アガパンサス(ほぼ満開モード)   2005/07/30
↑のアガパンサスの過去の姿
2003年  2004年

元気に咲いたのは、アガパンサスだけではなかった。
昨年、導入した謎の巨大ユリ・イエローカサブランカも今年は大いに花数を増やしてくれた。

ユリ・イエローカサブランカ
花の径は25センチくらい。2005/07/24
丈は180センチくらいある。
2005/07/23

カサブラの花が咲いてる間、我が家は甘くねっとりした香気に包まれた。風の無い夜、庭に出ると、それは息苦しいほどだった。
かつて歌謡曲に歌われた「ゆりにむせぶ夜」とはこのことか(^^;)☆\バキ
今の時期は、近くの山でもユリ花が咲きだす。
野山にこんな凄い花が咲いてるなんて、昔のヨーロッパ人が見たら、吃驚仰天、羨ましがるだろね。

ヤマユリ
2005/07/23 秋田市下浜地区、人家の裏山にて。
クルマユリ
2005/07/23 秋田市下浜にて。
下の方の葉はカッコよく輪生。
庭では長続きしないと聞く。


自庭に戻ると、
何やら変な草や黄色いユリが・・・

2005/07/30 黄色いユリの正体は、オウゴンオニユリ。
2005/07/30
んで
こんなところにタケニグサが!

2005/07/30
ユリ・アリーナ
10年近く前から居ついている。 
2005/07/30
タケニグサは山鳥ではない。(^^;)わけあって岩手の某ナーセリーから輿入れしたもの。

オウゴンオニユリは一昨年、某種苗会社から買った。そのすぐ後、私は高知で素晴らしい個体に出会っている。
届いた球根がとても貧弱だったので、開花は数年後かと思っていたが、翌年(2004年)は一個だけ咲いた。
今年は↑写真のように蕾が複数ついた。BBSで報告したところ、次のようなコメントがあった。
11238.永田芳男    8月11日(木) 15時59分
・・・。オウゴンオニユリの自生地、対馬から帰ってきました。
・・・。モウさん家には咲いているんですねぇ。小山さんちのカノコユリ
オニユリだけは豪華に花盛り。果実ができるニ倍体と、果実ができない三倍体の両方が対馬にはあります。
花のつき方が全く違うので、染色体を見なくても違いはわかります。たぶん。
それにしても半端じゃない群落があります。対馬はスゴイ。

11241.小山@千葉   8月11日(木) 18時38分
オウゴンオニユリは、二倍体オニユリの変種ですね。種子も得られるようですが、もっぱらムカゴで栽培スタートです。
播種より1年早く開花します。
ユリの開花も最後のシーズン。カノコユリが見頃です
(右写真)
11259.コージ@行徳千葉   8月11日(木) 23時45分
オウゴンオニユリはムカゴをもらって育てたのがあります。
普通のオニユリ(3倍体)より早く咲き、早く休眠に入る傾向があるように思いますが、皆様のところではどうでしょうか?
>それにしても半端じゃない群落があります。
写真で見たことがありますが、すごいですよね。一度訪れたい土地の筆頭です。ところで・・・

11265.樹音@ほっかいろ〜〜なほっかいどー (網走) 8月12日(金) 9時59分
・・・。コージじさま 黄金オニユリと在来オニユリの開花期は当地では、気持ち・・黄金が早めですが、ほぼ同時期。
現在両種共に開花中です。オウゴンオニユリって、希少種扱いで最近売られて居ますが、当地では、農村ジャンゴ花で普通に有りましたので、買う花ではなくて貰う花でした(^_^;)
オウゴンオニユリの更なる詳細は対馬植物図鑑こちら

2階から夏庭を望む。
庭の隅で暴れるように咲くのは、ブッドレア。昨年の秋、大幅に切り戻したが、もう回復している。
2005/07/31
花が少ないと言われる真夏だが、こうして見るとけっこう咲いてるもんだ。
次(続・ワイルドB)へ行く
トップページに戻る
(本頁は2005年8月15日にアップしました。8月17日、一部記事追加。)