2016年ロンリーハーツ植物紀行
6月5日、トラブル続きなれど森吉山

このところ先週は太平山、その前週は真昼岳と近場で低いながらも割と脚力を要する山が続いた。
本来なら今回はもう少し遠くて難易度の高い山(神室山とか焼石岳など)に挑むつもりだったが、
思わぬ体調不良に見舞われ、断念。ゴンドラを使って楽に登れる森吉山にした。
下山後、阿仁前田から仰ぎ見た森吉山
朝早く出発したはいいが、
ゴンドラが動き出すまでの時間調整で山麓の林を掻き分けてみた。
ヤマシャクヤク Paeonia japonica の花は数日前に終わっていた。

フタリシズカ Chloranthus serratus 阿仁ゴンドラで一気に1170mの高みへ。

森吉山は花の百名山に列せられる。
今頃の時期だとシラネアオイの群生に圧倒されるもの(以前、圧倒された花シーン)だが、
シラネアオイ Glaucidium palmatum の群生
今年はホンの少しだけ間に合わなかったようだ。
そして昨日か一昨日、猛烈な風が吹いたのか、花の傷みがひどかった。
オオバキスミレ Viola brevistipulata シラネアオイ Glaucidium palmatum
それでも奇跡的に無傷に近い株を少しだけ。

シラネアオイ Glaucidium palmatum
アオモリトドマツの疎林を抜け
イワナシ Epigaea asiatica
再びシラネアオイロードを進むと
ほどなくして稜線(石森の山頂脇)に出る。
ここからは向岳(森吉山の主峰)の眺めが素晴らしい。雪も少し残っていた。

ヒメイチゲ Anemone debilis ミツバオウレン Coptis trifolia


ヒナザクラ Primula nipponica ショウジョウバカマ Heloniopsis orientalis

稚児平まで登ったら、( ̄π ̄; 重大な落とし物をしたことに気づき、再び石森まで戻る。
森吉の名花チングルマは咲き出していたが、近づいてみると、花弁がかなり傷んでる。これも強風のせいか。
チングルマ Geum pentapetalum


チングルマの相方的存在のイワカガミの開花はこれからと言うところ。
イワカガミ Schizocodon soldanelloides とゴゼンタチバナ Cornus canadense

(´π`;)山頂直前で引き返したりとトラブルがあったものの
ゴンドラ駅からほぼ二時間で山頂に到着。
稜線上にある冠岩

山頂からの眺め
西側を望む。左に阿仁避難小屋、右に森吉避難小屋が見える。

東側を望む。左にヒバクラ岳(1326m)、右に小池ヶ原(1281m)の出っ張り。
右奥に八幡平もっこ岳、そして岩手山。

遠く岩手山

冠岩から白子森、そして先週登った太平山を望む。

次はどこに登ろうか。

次(八甲田)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2016年7月2日にアップしました。)