2018年ロンリーハーツ植物紀行
2018年冬のお出かけ(近場で観光)

リタイアする前もしてからも冬場は山には行かないことにしている。昨年の今頃は卒業旅行で北陸方面を観光した(こちら)が、今年は遠出していない。
するとイエでゴロゴロしてるだけになってしまい、夫婦生活も煮詰まってしまう。
こういう時期は家内好みのお出かけ(近場での観光)に付き合って点数稼ぎしておくか(´π`;)☆\バキ

2月1日は午後から晴れて道路の雪も融けたので、みちのくの小京都・角館まで出かけてみた。
こちらの積雪は横手よりはやや少なめで1mくらい。武家屋敷通りは閑散としていた(中国人団体が二組くらいか)。
平日とは言え、こんなに観光客が少ない角館は初めてだ。
2018/02/01 角館武家屋敷通り
これと言って観るものもなく、
以前から気になっていたポストばかり撮影。

一応、武家屋敷も。

武家屋敷(風の家屋)の屋根、雪下ろしシーンに遭遇。
2018/02/01


2月16日は横手実家からの帰り道、横手のかまくらに立ち寄ってみた。
2018/02/16

かまくら内の家人 梵天(ぼんでん)
こちらも外人さんが多かった。
なお、かまくらはお祭りなので屋台もいっぱい出ていた。
お面のキャラは分からないものが多くなった。
次いで横手中心部に有った何やらノスタルジックな雰囲気の商店。
このお店を出したことに格別深い意味は無いのだが・・・。
2018/02/16


2月19日、暦の上では雨水とのことだが、秋田地方はまんだまんだ寒い。
午前中、行きつけのクリニックに行ったところ、待合室の出窓におひな様が飾ってあった。
ここだけは一足早く春が来たような感じだった。
2018/02/19

後で聞いたら、このひな人形は秋田市の伝統的郷土玩具、八橋(やばせ)人形ではないかとのこと。

続いて・・・
なっ( ̄π ̄;なんじゃ。こりゃ。
映画「グレーテスト・ショーマン」のワンシーン

昨年末から映画づいているが、二月はこの映画を家内と一緒に観に行った。
ミュージカル映画なので当初は (´π`;)気恥ずかしかったが、いざ観たら、素晴らしい。最近観た映画の中では最高の出来だと感じた。


3月14日は映画ではなく、(横手市)増田町の内蔵を見て来た。
内蔵を見学するのはこれで二回目。初回はこちら
なお、この日は一軒だけ。山吉肥料店。
2018/03/14

タイミングよくひな人形も展示していたので、まずはこちらから拝見。

こちらは横手市の中山人形だそうだ。

この人形は凄くリアルな感じだった。 ひな人形はこの待合スペースから眺める。

レトロな雰囲気のみんじゃ(台所)の脇を掠め、

奥へ進むと、いよいよ内蔵だ。
内蔵の入り口

内蔵手前のスペース
内蔵の手前のスペースは生活の場だったとのこと。
それじゃ内蔵は何に使っていたのか。
家宝(?)の保管の他は冠婚葬祭とか特別の日にだけ使用したとか。
内蔵の角

通りの上の木の通路は
土蔵のすす払いなどメンテの際に使用。

土蔵は鞘と呼ばれる建物にすっぽり覆われている。

土蔵の後側 鼠除けにと蛇さんの模様

横手実家のすぐ近くの町にこんな立派な内蔵があるとはつい最近まで (´π`;)ワタシも知らなかった。
当然である。土蔵は鞘と呼ばれる家屋に包まれ、外からはマッタク見えないのだ。それゆえ、内蔵と呼ばれる。
さらに一般公開されるようになったのもここ数年のことと聞く。
増田の内蔵の詳細はこちら
土蔵を覆う鞘の外観(屋敷の裏から)。


へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年3月31日にアップしました。)