2018年ロンリーハーツ植物紀行
2月2日、貴重な冬晴れ(霧氷と鳥海山)

2月2日は素晴らしい晴天だった。
早朝、太平山の山麓を訪ねてみたら、こんな霧氷風景が・・・


モミジバフウの霧氷

枯れすすきの霧氷 雑草の霧氷

ここはオーパスという秋田市営スキー場の入り口付近。
夏場は格別景色の良いところでも何でもないのだが、今朝は「アナと雪の女王」が出て来そうな素晴らしい景色に変わっていた。
霧氷のマジックに魅了されつつも、 {{{゚◇゚;}}}ガクガク  寒さは尋常でなかった。


この日(2月2日)は昼から本荘に向かった。

本荘が近づくにつれ、鳥海山がテカテカ光って見えた。
本荘に行ったのは鳥海山を観たかったからだが、
表向きは、家人がかねがねこの地の名物、御殿まりを観たい買いたいと言ってたので、今日こそそれを果たそうと持ち掛け、連れ出した。
ところが、冬場にこんな好い天気はそうあるものではない( (´π`;)おそらくは有っても一、二回)。
もっと鳥海山を観たかったので、本荘からにかほに向かう。勢い余って、県境を越え、遊佐町吹浦まで行ってしまった。
大きな御殿まり。由利本荘市カダーレにて。 丸池様

吹浦の丸池様は
鳥海山の湧き水で出来た小さな池だが、以前、夏に訪ねた時(こちら)と同様、青みがあった。
丸池様

丸池様

丸池様


牛渡川は丸池様をはじめとした鳥海山の湧水を集めて流れる小さな川。
そこには鮭の孵化場があり、名物の干物がぶら下がっていた。

牛渡川には今では珍しくなったバイカモが群生している。
他の水草もそうだが、真冬でも青々としていたのには驚いた。
バイカモ


鮭の孵化場から見た鳥海山

吹浦付近から見た鳥海山は秋田から見たそれとは随分違う形だこちらの頁の鳥海山と較べられたし)
吹浦付近から見た鳥海山。左から笙ヶ岳、真ん中が新山、右は行者岳?


帰り道、にかほ市上浜付近から見た鳥海山も面白い。
にかほ市上浜(ローソン駐車場)から見た鳥海山。
左に稲倉岳が突き出している。

ワタシには寝そべった牛のように見えるが、皆さんには・・・

にかほ市小滝付近からだと・・・
にかほ市小滝付近から見た鳥海山。
左から七高山と新山。稲倉岳は中ほど、鳥海本体に埋没して見える。


象潟IC付近から飛島と日本海を望む。

2月2日は今年一番の貴重な冬晴れだった。
今年二月はこの日以外、まともにお日様を見ていない。(T_T)


へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年3月17日にアップしました。)