2017年春のモ庭

リタイアしてから庭レポートは2017年三月(こちら)で途切れてしまった。
雪解け以降は山歩きが忙しくなり、園芸ガーデニングはサッパリ・・・というのが実情だったが、それでも咲くものは咲く。
例年のレポートに較べるとかなり薄味の内容だが、続きをやってみる。
2017/04/01 まだ殺風景な庭
うちではスイセンやクロッカスよりも早くムスカリが咲く。
種明かしをすれば、このムスカリはクリスマスパールという早咲き品種、しかも鉢植え半室内越冬なので当然かもしれない。地植えのムスカリはまだ蕾も出ていない。

よく見たら、枯草の間からクロッカスが少しだけ。
2017/04/01 2017/04/01
こちらのクロッカスは既に花を小鳥に啄まれていた。
うちのクロッカスの花は咲いた先から小鳥の餌になってしまう。
しょうがないので半室内で咲いていた鉢花、アネモネやクリスマスローズを動員。
2017/04/05
アネモネ・ミストラルワイン Anemone `Mistral Wine'とクリスマスローズ・黄まる子。

山野草系も咲き出した。
2017/04/20
白花ヒマラヤユキノシタ。正式名称は
ベルゲニア・エメイエンシス Bergenia emeiensis だろうか。
2017/04/09
地植えのシュンラン Cymbidium goeringii

家の裏に廻ったら、ギボウシや羊歯を植えこんだ大鉢の中にピンクの花が咲いていた。
2017/04/16 ミヤマカタバミ Oxalis griffithii のピンク品種
この花、小鉢に植えて扱っていたが、他の鉢にもタネを飛ばしまくっていた。
さすが雑草カタバミの仲間だけあって繁殖力が強い。

こんな芽出しもあった。何だろう。
2017/04/01
ユキノシタ科のイワヤツデ(タンチョウソウ)。
この花は更に変化するので、もう少し追跡してみよう。
2017/04/09 イワヤツデ(タンチョウソウ) Mukdenia rossii

2017/04/20 イワヤツデ(タンチョウソウ) Mukdenia rossii
樹木の花も。
近頃、うちの庭でも存在感を増して来たジューンベリー。
2017/04/29 ジューンベリー Amelanchier hybrid

こちらの下草は
2017/04/28 アネモネ ネモローサ `フローラプレノ' Anemone nemorosa `Flore Pleno'
アネモネ・ネモローサ(ヤブイチゲ)。
うちでは好きな野草キクザキイチゲの園芸代役として使ってるが、原産はヨーロッパ。白八重品種は異常に強く、地下茎を伸ばして庭の彼方此方で増えまくってる。
よりキクザキイチゲに似た薄青紫の品種、ロビンソニアナは楚々とした感じがいいのだが、こちらはなかなか増えてくれない。
2017/04/29
アネモネ・ネモローサ `ハルオコシ'
Anemone nemorosa `Bracteata Pleniflora'
とグリーンストレンジャー Anemone nemorosa 'Green Stranger'
2017/04/29
アネモネ・ネモローサ `ロビンソニアナ'
Anemone nemorosa `Robinsoniana'

うちの庭の春球根はいつの間にかムスカリが主役になってしまった。
2017/05/01 ムスカリ アルメニアクム Muscari armeniacum
少数派のチューリップは20年以上、植えっぱなしのつわもの。
バッケリー・ライラックワンダー。花の色合いから桃太郎チューリップと勝手に呼んでいる。原産は鬼ヶ島ではなくクレタ島。
2017/05/05
バッケリー・ライラックワンダー Tulipa bakeri `Lilac Wonder'
2017/05/12
こちらはライラックワンダーにそっくりだが、
サクサティリス Tulipa saxatilis
植えて20年くらいなるが開花は極めて気まぐれ。
日陰地、イカリソウの間に植えたから当然か。

2017/05/05 春球根コーナー

植えっぱなしの原種系チューリップをもう一種。
2017/05/06
クルシアナ・クリサンタ Tulipa crusiana `chrysantha'
2017/05/05
クルシアナ・クリサンタ Tulipa crusiana `chrysantha'
クルシアナ・クリサンタはレディ・チューリップのひとつ。
夜間や雨の日は花を閉じ、日が射すと全開、パカパカを何回も繰り返して散って行く。

家内からパカパカしないまともなチューリップを植えて欲しいとリクエストが有り、昨年秋に植えたのが、
次の品種、スプリンググリーン。
2017/05/05
チューリップ スプリンググリーン Tulipa `Spring Green'

格別、綺麗な球根花ではないが、カマッシアが今年も咲いた。穂の数は例年より少なめ。
開花期間が数日と短いので、サラリーマン時代は見逃すことが多かったが、リタイアして毎日家に居るのでこれからは見逃すこともなかろう。
2017/05/12 カマッシア Camassia 2017/05/14
タイム・ロンギカウリス Thymus longicaulis
五月連休が明けると、庭の彼方此方でタイム・ロンギカウリスが咲き出す。
この植物、20年前から使っているが、グランドカバーとしては優れもの。伸びた枝を切って他の皆様にもけっこうプレゼントした。
いずれの移植先でも元気に頑張ってると聞き、嬉しい。最近はメジャーになったのか、近所のホームセンターなどでもよく見かけるようになった。

冬場に咲いたマンドラゴラ(こちら)だが、株がでかくなり、鉢がかなり窮屈になってきた。
この春、ひと回り大きく深い鉢に植え替えを試みる。鉢から出してみたら、
2017/04/30 マンドラゴラの根っこ
なっ( ̄π ̄;ななななんと根っこがこんなにでかくなっていた。
もちろん叫び声などはあげなかったが、有毒植物なので作業後は手洗い励行。

五月末、実家を訪ねたところ、
2017/05/31
オリエンタルポピー(オニゲシ)が咲き出していた。
元々は自庭(秋田市)に植えたものだが、狭い庭では気息奄々だったので、20年前、思い切って横手実家の畑に移植したところ、
その後はこぼれだねで勝手に増え、一時は屋敷中を覆うほどになった。
最近は鼠の害などもあり、かなり数を減らしたものの、それでもいざ咲くと凄いインパクトだ。
2017/05/31 オニゲシ(オリエンタル・ポピー)Papaver orientale


次(六月、七月)へ行く
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年3月14日にアップしました。)