2016年モ庭5~6月号
5月連休明けから6月あたま(OG直前)までの庭

連休が明けると例年、庭を殆ど顧みなくなる。今年もやはりそうで、ふと気付いたら、5月も下旬に差し掛かっていた。
そろそろOG(オープンガーデン)も近いし、庭のメンテナンス(草むしり)もせにゃならぬ。
その頃、うちの庭はパステル系の小花が多くなる。


宿根性のニコチアナNicotiana mutabilis が咲き出した。 タイム・ロンギカウリス Thymus longicaulis
は日向のグランドカバーとして重宝している。

ナツユキソウ(サマーインスノー) Cerastium とフウチソウ Hakonechloa macra

どぎつい色の花はひっそりと。
ハッカクレン Podophyllum pleianthum
の花は葉陰でひっそりと。
けっこうどぎつい赤だ。

花が見えるように裏から撮影。 ♪赤いスイートピー
再びパステル系。
サルビア・プラテンシス Salvia pratensis
そして青花の連鎖。
ベロニカ `ブルーフォンテン' Veronica `Blue Fountain'

シラー・カンパニュラータ Hyacinthoides hispanica シラー・ペルヴィアナ Scilla perbiana

青というよりは紫色。
このクレマチスは引っ込み思案なのかなかなか大きくならない。
ボリジ Borago officinalis は開花しながら成長中。

これも青と言うよりも紫花。
トラデスカンチア `スイート・ケイト' は黄葉と紫花のコントラストが素晴らしい。

宿根性ニコチアナの花数が増えてきた。 ジギタリス

明けて6月。晩春~初夏の役者はほぼ出揃った。


ムギセンノウ Agrostemma githago コバンソウ Briza maxima

うちの庭はグラースを多用している。
そのせいかどうしても草藪のように見えてしまう。

シェード(日陰)エリアは花より団子、いや葉に任せている。
ミヤコワスレ Gymnaster savatieri
とニシキシダ Athyrium niponicum 'Pictum'
クジャクシダ Adiantum pedatum
とホスタ `デボングリーン' Hosta 'Devon Green'

左からハッカクレン Podophyllum pleianthum 、ホスタ・エルニーニョ Hosta `El Niño'、
キレンゲショウマ Kirengeshoma palmata など。


次(オープンガーデン)へ行くよ~
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2016年6月25日にアップしました。)