2014年12月〜2015年2月
冬あれこれ・園芸ガーデニング編

園芸ガーデニング編と銘打ったものの、秋田のような北国では、冬場、アウトドアでの園芸ガーデニングは不可能である。
12月3日、本格的な積雪になった。その日、庭で見たものは
フェスツカ・グラウカ Festuca glauca の叢に雪が積もった様子。
2014/12/03

ツルウメモドキの実
2014/12/03
ナツツバキの幹
2014/12/03

ノジギクの残花
2014/12/03

エピメディウム・ベルシコロル `スルフレウム'
Epimedium ×versicolor `Sulphureum'の冬紅葉
2014/12/03
ウメモドキの実
2014/12/13
・・・と
侘しい風景ばかりだが、雪の量が増えると、それも見えなくなってしまう。

2014/12/07
うちは温室は無いが、狭い風除室(無加温)が有る。
耐寒性の弱い植物や早く花を見たいものは可能な限り、ここに収納している。
12月は(マンドラゴラを除き)花が無く、寂しかったので、近くのホムセンから開花中のクリスマスローズ (ヘレボルス・ニゲル)を買って来た。
どのように養育したのか分からないが、この花はクリスマスより早く咲き、正月明けまで家族の目を愉しませてくれた。
2014/12/03 クリスマスローズ (ヘレボルス・ニゲル Helleborus niger)
2014/12/03

12月下旬、デジカメをうっかり落としてしまい、修理のため、入院させた。よってこの年の年末の写真はこれで終わり。

明けて2015年。
カメラが退院してきたのは1月下旬。約一ヶ月間という長い入院だった。
よって1月の庭写真は極度に少ない。
2015/01/24
今回の冬は昨年一昨年に較べると明らかに雪の量が少ない。
かといって日差しもなく、12月、1月はほとんど青空を見ていない。

2月に入り、風除室の中で少し変化があった。
ヘレボルス・ニゲルとマンドラゴラ
2015/02/01
マンドラゴラ Mandragora は開花期間が長い。
丸二ヶ月以上、咲いていることになる。
2015/02/01

他のクリスマスローズ類に蕾が目立ってきた。
2015/02/01

アネモネの蕾。
2015/02/01
秋に蒔いたえんどう豆(ツタンカーメン)が咲き出した。
2015/02/15


2月下旬になったら、庭の雪がかなり減ってきた。
今回はやはり暖冬だった。
2015/02/22

風除室で咲き出したクリスマスローズ類を外に出し、日光浴をさせる。
紅紫ダブル
2015/02/28

新顔の黄シングル
2015/02/21
昔からある白セミダブルそばかす娘
2015/02/28

紅紫ダブル
2015/02/28

2月末、実家のある横手市でクリスマスの展示即売会があったので、
ひやかしで行ってみた。
ヘレボルス・ニゲルのダブル

黄緑のダブル
欲しいものはいっぱい有ったが、お金は無いし、置き場所もないので・・・あぅぅぅ(つдi)

晩冬のうちの庭
えんどう豆(ツタンカーメン)
2015/02/22
早くもクロッカスが。外で咲く花の第一号。
2015/02/28


行くよ〜
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2015年3月7日にアップしました。)