2014年モ庭1月号
真冬のガーデニング (((´π`;)/雪はいらんかね〜。

「真冬のガーデニング」などと銘打ったもののモウ雪は飽きた、冬の秋田でガーデニングなんか出来るものではない。
2014/01/11 積雪は70センチ程度。

屋根からせり出す雪を「雪屁」じゃない「雪庇」と言う。

うちで冬場、唯一のガーデニングスポット、風除室へ行ってみよう。
うちの風除室 風除室内の様子。マイナス5℃くらいまでは下がる。

連日の真冬日で風除室内の植物もへたり気味。無加温だからしょうがない。
風除室内で唯一咲いているのはマンドラゴラ。
外で咲いてるのは・・・
カンツバキ一種のみ。
これもたぶん年末に咲いたのが雪を被っただけの話。
ツルウメモドキ
実はかなり萎びてきた。
あとは木の実ばかり。
ウメモドキ

コトネアスター・サリシフォリウス(ヤナギバシャリントウ)
クリスマスカラーが素晴らしい。
このままではみんな雪に埋もれてしまう。
(T_T)神様仏様除雪車様・・・



ブルが走った後は、家の前に残していった雪を家族総出で寄せる。
これこそ雪国のガーデニング。寄せ植えじゃない雪寄せの風景。
つかの間の日差し
隣家屋根から垂れためんこい雪庇

実家の辺り(横手市)の積雪は
半端ではない。今年は1月中旬までに190センチを超えた。
2014/01/25
実家前道路の雪壁
下旬になり、実家前の道路がやっと通れるようになった。
遅ればせながら除雪応援に駆けつけてみる。
冬の寄せ植え雪寄せグッズ一式 まずは屋根から降ろした雪を更に下に投げる。
そうしないと家屋が埋まって窓から日が入らない。
道路に落とした雪を然るべく場所に寄せる。雪は下に落としたものほど重たくなっている。
したがってスノーダンプを操るにもコツが要る。
ここで雪売り爺さん登場。
東京や太平洋側の皆さん。(((´π`;)/雪はいらんかね〜。お安くしときますぜ。

帰宅したら、自宅前の道路がグジャグジャになっている。寒気が緩んだせいだ。
こうなると普通のクルマは通行にタイヘン難儀する。
除雪車出動前 出動後
クルマ社会になった雪国では、生活道路の除雪はとても切実な問題だ。
なのに秋田市の除雪ブルはなかなか来てくれない。昨シーズンはこれが社会問題化した。
さいわい今年は除雪車がすぐ出動してくれ、うちのクルマの腹擦り走行は最小限で済んだ。

冬の雪国はいつも曇っているが、偶にはこのように綺麗な冬晴れになることがある。
これは2011年1月下旬、由利本荘市で遭遇した冬晴れ。
手前は子吉川、バックに鳥海山。

ところが、今年はさっぱり冬晴れが無いのだ。昨年末から数えたら一ヶ月以上もお日様を見ていないことになる。
月末、県南地方を訪ねたら、
やっと晴れに遭遇。秋田地方はこの日が今年になって初めての晴れだったらしい。ただしそれは数時間しか続かなかった。
今年の初鳥海山。
1月30日、湯沢市から望む。あいにく雲が影となって山頂部はよく見えなかった。

1月30日、湯沢市から南(山形県境方面)を望む。
左側のがっしりした山は東鳥海山(777m)、右寄りの形のいい山は神室山(1365m)。


次(2月)へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2014年3月23日にアップしました。)