2013年モ庭12月号
師走ともなればさすがに・・・ (´π`; 

12月ともなれば、さすがに外で咲く花は無い。
今だに外で見れるものは木の実くらいだ。いろいろな角度から写してみる。
ツルウメモドキの実 2013/12/01
2013/12/01
2013/12/01 2013/12/03
そうこうしているうちに風除室で避寒していたマンドラゴラが咲き出した。
小春日和の日くらいは外で咲かせてみる。
2013/12/03
またまた木の実で恐縮。
ツルウメモドキ 2013/12/08 ツルウメモドキの下にはウメモドキが健在だ。
2013/12/08

冬を前に庭の草木の多くは葉や茎を枯らす。
アガパンサスもそのひとつだが、この植物は枯れ方が変わっている。
アガパンサス(落葉性品種。花はこちら)  2013/12/08
枯れるというよりもぬるぬるになって溶けると表現した方が正しいようだ。
こんな状況でも青々と葉を伸ばしているのはヒガンバナ。

青い葉はヒガンバナ。後ろの枯葉はヘメロカリス。
2013/12/08
秋田ではこの後、雪の下に埋もれるため、春までヒガンバナは光合成が出来なくなる。秋の花つきがしょぼいのはそのせいだろう。
秋田では季節的に外花はもう無理。
12月8日。花への飢えを癒すため、温室のある生態系公園(大潟村)に行ってみる。
途中、こんな風景に出くわした。
2013/12/08
昔、洋画で見たような風景。もしかしたらオランダの運河だったかな。オランダの方がそう言っているので間違いないと思うが・・・
いずれにしろちょっと日本(本州)離れした風景だなと思った。
ここは何回も通っているのに何故今まで気づかなかったんだろう。

温室の入口付近では木の実が健在だった。
ツルウメモドキ 2013/12/08 ベニシタン 2013/12/08
ツルウメもマユミもうちの庭に比べ、とても実つきが良かった。
マユミ 2013/12/08
次はたぶん一般的なガマズミと思われるが、逆光に映えてとても綺麗だった。
今晩の暴風で大方は飛んでしまうだろうけど、一応記録として。

ガマズミ? 2013/12/08
入口で珍妙な野菜を発見。
芽キャベツ 2013/12/08
私は子供時代から野菜青物は苦手なのだが、不思議とこの野菜だけは大好き。塩コショウを振った油いためが大好き。
しかし最近、こちらではなかなか売ってない。(T_T)
 それでは温室の内部に入ろう。 ⇒ こちら

12月13日、ゲリラ的な降雪。
2013/12/13
未明の僅か2時間で35センチ。しかも秋田市だけ。
雨であれ風であれ、雪も・・・。最近の気象は気性が荒くなった。
風除室内の様子 2013/12/15 その後のマンドラゴラ 2013/12/22

さいわいその後の秋田は暖かくなり、ドカ雪もみるみる減った。このまま行ったら雪の無い新年も有り得るかも。 (´π`♪

次(2014年1月の庭)へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2014年1月25日にアップしました。)