2013年モ庭9月号B
忘れかけていた九月の庭2

今年の9月は庭花の記憶がほとんどありません。なんて言うくせに写真だけはけっこう撮り貯めていたようで、頁も一枚ではおさまらなくなりました。
本頁(2)は9月も主に第二週以降の記録ですが、風邪や台風の影響がもろで飛び飛びの内容になっております。
シェード・エリアから行きます。
Wレンゲショウマ
2013/09/08
レンゲショウマとキレンゲショウマは「名前は一文字違いなのに、科のみならず花の色形、葉の形もつき方も全く違う」と前頁でお話しましたが、
百聞は一見にしかず、鉢を前面に出して並べてみました。
命名の経緯は馬場郁夫さん(山野草研究家)に教えて頂きました。なかなか味わいのある頁ですよ。 ⇒ http://www.geocities.jp/tosashoku/161.html

でキレンゲショウマの方、今年は咲きかけまではよかったのですが、
あうぅ(つдi) その後すぐ↓こんなふうに変色してしまいました。花弁の表面を舐め取ったような跡が有り、それが原因で花弁が傷み、変色するのかなと思いました。
変色したキレンゲショウマの花。
どうやら犯人はウリハムシの仲間のようです。
2013/09/08
フウチソウの花は不変です。
2013/09/07
斑入りのツユクサ
2013/09/08

日なたコーナーに戻ります。
5月に種蒔きしたニコチアナ(いずれも自家採種)が咲き出していました。
2013/09/08 元品種は`ベビーベラ アンティークレッド`。
2013/09/08
元品種は`グランディフロラ'。
自家採種だと花は小さくなる一方です。
2013/09/08
元品種は`パフューム・ディープパープル'。
今年は丈が伸び、花色も濃淡ばらけました。
2013/09/21
9月中旬は珍しく(十数年ぶり?)風邪をひきましたが、
台風が来るというので慌てて撮影。
前面はセロシア。元品種は`ホルン'。
撮影後、セロシアは針金で縛り上げ(気休めにしかすぎませんが・・・)
2013/09/14
レモンイエローのキクイモやルドベキア・トリロバ(タカオ)が満開です。
撮影後はイボ竹を立て針金で縛り上げ(気休めにしかすぎませんが・・・)。
2013/09/14
ルドベキア・トリロバ(タカオ)
2013/09/14
レモンイエローのキクイモ
2013/09/14

9月16日、台風一過の庭
2013/09/16
雨は止みましたが、キクイモやルドベキアはご覧の通り。
複雑骨折しているので、起こしても元には戻らんでしょう。それでも庭木が倒れたり、庭が冠水するほどではなかったので良しとします。

9月以降、新しく咲き出した花たち
ヒガンバナ。バックはシロクジャク。
2013/09/18
宿根アスターの一品種(早咲き、わい性、青味が強い)。
ミズヒキがうまく絡んでいる。2013/09/14
コルチカム・オータムナーレ `アルバ'
2013/09/29
アオバナフジバカマ Conoclinium coelestinum
ソリダゴ `ファイヤーワークス'
2013/09/21
ツルボ。野盗りではありません。園芸店から買ったもの。
2013/09/21

このグラースは新顔です。
ミューレンベルギア・カピラリス Muhlenbergia capillaris
2013/09/29
ミューレンベルギア・カピラリス Muhlenbergia capillaris
2013/09/29
コマユミの庭紅葉
2013/09/29
ススキは元からあったもの。ノラよりも出穂が遅く、赤みが強い傾向あり。
斑入りススキ
2013/09/29

へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2013年10月26日にアップしました。)