2013年ロンリーハーツ植物紀行
池田庭園に行ってみた

今日(6月1日)午前中、大仙市にある旧池田氏庭園に家人と一緒に行ってみた。
私は趣味で園芸ガーデニングをやっており、ときおり他所様のお庭やガーデンを訪ねることはあるが、日本庭園を巡る機会は今までほとんどなかった。
園芸ガーデニングと造園。一見、同じようなものと思われがちだが、内実はかなり違う。
造園側には今までさっぱり近寄ろうともしなかった私だが、最近はどうしたことだろう。
4月末頃に見たあつみ温泉の日本庭園が思いのほか良かったせいかもしれない。
大名屋敷か由緒あるお寺のような入り口から午前9時、開園と同時に入園。
何故か今日の一番目の入園者になった。
入ってすぐのところにある巨大シダレザクラ。
花の頃はどんなに素晴らしかろう。
奇しくも去年の今日、皇太子様がここにいらっしゃられたことを知る。
と同時に皇太子様の場合は、「行幸」とは言わず、「行啓」と表現することを知る。(^^♪ひとつ知識が増えた。
噂には聞いていたが、この庭園はとにかく広い。
家人曰く狭いところに草花や雑草がひしめいている我が庭などよりはこっちの方が絶対良いとのこと。
 (´π`; そりゃワタシだって宝くじの一等が何十回も当たったら造るかもしれないけど維持はどうするんだ。

個人的には、このような渓流を模した風景はいいな
と思うが、石灯籠のようなグッズにはほとんど興味がなかった。何のために在るのかもわからなかった。
しかし本庭園のそれは半端なものではない。
これだけでかくて存在感があると、そういうものもいいかなと思ったりする。
有名な巨大雪見燈篭


本庭園のもうひとつの見所は白い洋館。日本庭園とのコントラストが面白い。

洋館内部 穆如亭
ここは吉田沙保里選手が守ってい(´π`;)☆\バキ

家人の御休所
再び、渓流風景を。
こちらはより自然度が高い感じ。
この庭園は草花が極めて少ない。
サイハイランの蕾だろうか。



ところで池田庭園にはもうひとつ、分家庭園があることをご存知かな。
 (´π`; 実はワタシも今日まで知らなかったのだが、こちらもなかなか味わいのある庭園だった。


そこには昨年の夏に訪ねた十勝千年の森(こちら)を思い出すような風景があった。
秋、紅葉の時期、また訪ねてみよう。

行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2013年6月22日にアップしました。)