モウズイカ冬の夢想花園
スプリング・エフェメラルの花筵(後編)

『キクザキ&カタクリ』以外のスプエフェ・アレンジメントも愉しんでみよう。
キクザキイチゲとフクジュソウ。

アズマイチゲ(白)も混じっている。以上、二枚は東成瀬村にて。

アズマイチゲとカタクリの混生は珍しい。 アズマイチゲとカタクリ。仙北市にて。

アズマイチゲとキクザキイチゲの混生。
(右下の二輪がキクザキ)

アズマイチゲの単品アップ。 アズマイチゲとフクジュソウの群生。
同じ場所にはキバナノアマナやエンゴサク類も生えていた。
アズマイチゲはキクザキイチゲと姿かたちがそっくりなので、よく間違えられるが、
総苞葉(花のすぐ下にある葉っぱ)の小葉が長楕円形で切れ込みが少ない点や柔らかい質感、
白い花弁のように見える萼の裏側が仄かに紅色を帯びている点などで区別する。
秋田ではキクザキの方が圧倒的に多く、アズマの方はやや稀のように思われているが、有るところには有る。
それこそ山ひとつがアズマだったというケースもあった。そこにはフクジュソウやカタクリもほどよく群れて咲いていた。

フクジュソウとカタクリ(蕾)。両側の白いイチゲは左がアズマ、右がキクザキ。仙北市にて。

ここはフクジュソウと青系キクザキが優勢。カタクリも少し有った。鳥海山麓にて。

北海道では、
ブルーの絨毯を敷き詰めたようなみごとなお花畑があると聞くが、その正体、主役はエゾエンゴサクだ。
男鹿のエゾエンゴサク。

エゾエンゴサクとカタクリの混生。西和賀町。 ミチノクエンゴサク。東成瀬村。

秋田や岩手ではエゾエンゴサクの数はそれほど多くないので、どちらかと言えば、脇役に廻ることが多い。
ミチノクエンゴサクは積雪の多い日本海側の本州限定のようだ。花も葉もか細いその姿は、数多あるスプリング・エフェメラルの中でも最もはかない印象を与える。


チューリップは日本には原産しないが、それに割と近縁なのが、キバナノアマナ。
キバナノアマナとエゾエンゴサクの混生。男鹿。

キバナノアマナとカタクリ。横手市。

 (´π`; ここで少し、スプエフェの勉強を。

スプエフェという言葉は、スプリング・エフェメラル Spring Ephemeral (『春の妖精』または『春のかげろう』) の私製略称で、『春植物』と呼ぶこともある。
カタクリやイチゲの仲間、フクジュソウ、エンゴサク、アマナ、コバイモの仲間などのように
春の限られた期間(雑木林の林床が明るいうち)にパッと現れ、パッと咲いて、パッと実を結び、パッと消える特異なライフスタイルをもつ小型の植物群を指す。
だからと言って一年草ではない。地上部が枯れた後も地下部分(地下茎や球根)は生き残り、翌年の早春に地上部を再生する。
したがって、その生涯はけっして『はかない』というものではない。
例えばカタクリに至っては、タネから花が咲くようになるまでには十年近い歳月を要するとも聞くし、
更にはその後、何十年にもわたって咲き続けるということだから、へたをしたら他の草木以上に長命と言えるかもしれない。

国内原産に限って、もう少し詳しく種名をあげると

【キンポウゲ科】
イチリンソウ属 Anemone キクザキイチリンソウ(キクザキイチゲ)、アズマイチゲ、エゾイチゲ、ユキワリイチゲ、イチリンソウ、ニリンソウなど
フクジュソウ属 Adonis フクジュソウ、ミチノクフクジュソウ、キタミフクジュソウ
セツブンソウ属 Shibateranthis セツブンソウ
※シロカネソウ属 Dichocarpum アズマシロカネソウ、トウゴクサバノオ、キバナサバノオなど

【ケシ科】
キケマン属 Corydalis エゾエンゴサク、ヤマエンゴサク、ジロボウエンゴサク、ミチノクエンゴサク、※ミヤマキケマン、※エゾキケマンなどセントウソウ
(※は私が勝手にスプエフェと思い込んでいるもの)

【セリ科】
セントウソウ属 Chamaele セントウソウ

【ナス科】
ハシリドコロ属 Scopolia ハシリドコロ

【レンプクソウ科】
レンプクソウ属 Adoxa レンプクソウ

【旧ユリ科】ヒメニラ
カタクリ属 Erythroniun カタクリ
アマナ属 Tulipa アマナ、ヒロハノアマナ(あうぅ(つдi)いずれも秋田にはない)
キバナノアマナ属 Gagea キバナノアマナ
バイモ属 Fritillaria コシノコバイモ、カイコバイモ、ミノコバイモ、ホソバナコバイモ、イズモコバイモ、アワコバイモなど(あうぅ(つдi)いずれも秋田にはない)
ネギ属 Allium ヒメニラ  

なお春の山野を歩くと、スプエフェと同じ場所に他にもいろんな草花が咲いている。
秋田ならば、エンレイソウの仲間やスミレサイシン、オオバキスミレなどのスミレ類、コミヤマカタバミ、少し遅れてキバナイカリソウ、
もっと早い時期なら、オオミスミソウ(園芸名「雪割草」)やオウレン、ショウジョウバカマなど(更にはフキやミズバショウ、リュウキンカなども)。
これらの植物は、花が終わってもしばらくの間、地上部分(葉や茎、実)が残る(秋まで、或いは越冬するものもある)。
従って、その地上部生涯はけっしてはかないものではないが、スプエフェと同じ時期に一緒に咲き、可憐な姿で我々の眼を愉しませてくれるので、
スプリング・エフェメラルと一緒くたに扱われることもある。

ライフサイクル上ではスプエフェとは言いがたいが、同時期に隣近所に咲く花たちも少し紹介してみる。

林の中に黄色い花の咲く小さな木を見つけた。

低木の名はナニワズ。西和賀町にて。
ナニワズ Daphne pseudo-mezereum subsp. jezoensis はジンチョウゲ科の落葉低木。
西日本に多いオニシバリ(ナツボウズ) Daphne pseudo-mezereum に近縁で、夏に落葉する性質がある。花はナニワズの方がより鮮やかで目立つ。

次いでスミレの仲間。
オオバキスミレ
豪雪地帯の雪崩斜面などに単品で大群生する。

スミレサイシン
国内原産スミレとしては最大級の花を咲かせる。
サイシンとは、ウスバサイシン(右写真)に葉の形が似ているためと聞く。
ウスバサイシン
ウマノスズクサ科。早春、地面すれすれに地味なつぼ型の花を咲かせる。
ヒメギフチョウの食草にもなっている。
西和賀町にて。

次は、地味な花なので、見つけられかどうか。
キクザキやカタクリの間にエンレイソウが咲いているのだが、お分かりかな。
西和賀町にて。

エンレイソウは
花の終わった後もなかなか枯れないのでスプエフェとは言い難い。
ニリンソウ
開花時期はやや遅め。他のスプエフェとは混じらず、
林地や渓流沿いに単一群落を作りたがる。能代市にて。

ハシリドコロとニリンソウ
ともに花が終わると、すぐ枯れてしまう典型的なスプエフェ。ハシリドコロは猛毒植物だ。能代市にて。

 (´π`; なんか綺麗なお花畑というテーマからは乖離して来ましたね。
スプエフェを育んだ雑木林も(低地では)ゴールデンウィークあたりを境に新緑が展葉し、林床は少し薄暗くなってくる。他の下草たちも負けずと生育してくる。
そうなるとスプエフェ達は急速に店じまいする(急いで実をつけ、わずか一ニヶ月後には葉も茎も地下に収納してしまう)。
この辺でそろそろ中締めとしよう。


早くこんな季節が来ればいいな。


行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2013年2月9日にアップしました。)