2012年モ庭10月号B
秋の庭花あれこれ・ごちゃ混ぜ追加編

秋も深くなると新しく咲く花はめっきりと少なくなる。とは言ったものの、こんな花が咲き出していた。
時雨の合間に垣間見たアキチョウジ三枚とアキギリ類のおまけつき(ともにシソ科)。
アキチョウジ  2012/10/13
2012/10/13
2012/10/13
アキチョウジはヤマハッカ属。同じ仲間にはヒキオコシ、クロバナヒキオコシなど図体がでかい割りに埃のように小さな花を咲かせるものが多い。
アキギリはサルビアの仲間。花は楚々として、生育場所も日陰地なので、あの花壇の王者、真っ赤なサルビアとはかなりイメージが違うが、花の形を見れば、なるほどと思う。
以前、うちにはピンクや紫も有ったが、今残っているのは白花で斑入り葉の「丹頂」のみ。
アキギリ `丹頂
自慢の斑入り葉はズタボロ。2012/10/13
広島のとみちゃん由来のキバナアキギリ。こちらは鉢植え。
2012/10/21
と思ったら、とみちゃんから頂いた広島原産のキバナアキギリが咲き出した。
いずれのシソ科も山野草として扱われ、ガーデニング対象とする人は少ないが、日陰庭の要素としていかがだろうか。


うちの秋の花ネタはほぼ尽きてしまった。他所の庭花の様子を借りよう。
に「秋はキク科の草花がグワンと優勢になる。ダリアやコスモス、ユウゼンギク、クジャクアスター、シオン、ゴールデンピラミッド、キク・・・
と枚挙にいとまが無いほど。」と述べたが、これらの花はいずれも植物体が大きく、うちの狭い庭には収容しきれない。
こういった花は、農村部、いわゆるジャンゴにお任せしよう。そこでは、広々とした場所に悠然と咲いている。

久しぶりにコスモス畑に遭遇。
湯沢市で見かけたコスモス畑(元水田)。
風雨で痛めつけられ、直立しているものは少なかった。 2012/10/20
だとしたら、集団美よりもアップで行こう。
2012/10/20
実家のヤナギバヒマワリ `ゴールデンピラミッド'
元は狭いうちの庭にあったもの。
2012/10/20
コスモスは昔、大花のベルサイユ系を植えていた。図体がでかく、雨で倒れ、引き起こそうと触るとアブラムシべったりにウドンコまみれと散々だったため、
あまり良い印象は無い。狭苦しい庭に閉じ込めて咲かせるタイプの花ではない。
ゴールデンピラミッドは、北米原産、ヒマワリの仲間だが、宿根草なので毎回、タネを蒔く必要もなく、植えっぱなしが出来る。
大株になると、インパクトもあり、単独でも見ごたえ十分。ジャンゴの秋を明るくする好材料だ。

以下、横手市の実家。
セロシア
赤や黄色の鶏冠(とさか)ケイトウはあまり好きではない。こういったスッキリしたタイプが個人的には好いている。
2012/10/20
コルチカムには何か腰蓑のような植物をコンパニオンに・・・と言っているのだが、
うちのアバ(母)は聞く耳を持たない。草むしりがライフワークなのだから、しょうがないか。
2012/10/20
庭木はアバの手により、既にしっかりと雪囲いされていた。80歳、女手ひとつでよくやるもんだと感心。
しかし横手は豪雪地帯なので、この雪囲いもすっぽりと雪に埋もれる。
2012/10/20

再び、自庭に戻って、ちょっと印象に残った花シーンを。
ヒビスカス `アメジスト'とサルビア・コクシネア
2012/10/08
千日紅(センニチコウ)`ファイヤーワークス'とセセリチョウ
2012/10/08
ヒオウギの実が弾けてきた。
2012/10/13
逆光のニコチアナ。
粘々して嫌がられる茎の毛がしょぼい花をくっきりと引き立たせている。
2012/10/20
庭の宙に「光の剣」が浮かんでいた。
2012/10/15
 上右写真解説】10月15日の朝、出勤しようと外に出たら、庭の宙に「光の剣」が浮かんでいた。
正体は何のことはない。雨でかしいだ斑入りススキの穂花近くに垂れた葉に朝日が当たって輝いただけのことなのだか・・・

「てっきり四次元への入り口が現れたのかと思いました(* ̄m ̄*)」と表現された方も・・・。
庭花は光や気象、虫とあいまって時々面白い芸を見せてくれる。

秋も深まると、庭紅葉も始まる。木の実も色づきだす。
斑入りアマドコロの黄葉。右上の紫の実はコムラサキ。
2012/10/21
コマユミが紅葉になった。
手前の赤い実はウメモドキ。その下はギボウシ `サガエ'。
2012/10/21
ツルウメモドキ(上)とウメモドキ(下)。
2012/10/21

 (´π`; 庭木あれこれになってしまったので、ひとまず終了。
次(庭紅葉)へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2012年10月27日にアップしました。)