2012年モ庭10月号A
秋の庭花あれこれ・双子葉類編

秋はキク科の草花がグワンと優勢になる。
ダリアやコスモス、ユウゼンギク、クジャクアスター、シオン、ゴールデンピラミッド、キク・・・と枚挙にいとまが無いほど。
うちの狭い庭にも幾つかあるが、今回はあまり一般的でない種類をひとつ紹介してみる。
2012/10/06
2012/10/06 2012/10/06
仕掛け花火のような黄色い穂花は、ソリダゴ `ファイヤーワークス' Solidago rugosa `Fire works' 
2012/10/06
アキノキリンソウ属と言うよりはセイタカアワダチソウの仲間と言った方がわかりやすいか。
北米原産。少なくとも秋田ではほとんど普及してない(うち以外では見たことがない)。
いかにも増えそうなので敬遠されてるのか。うちのように狭い庭などは瞬く間に占領されそうだが、必ずしもそうではない。
毎年、春に必要な芽だしだけ残し、あとは抜き取る(と言うよりもシャベルでかき取る)と、その年は定められた範囲でおとなしく生育する。
なおFire works とは「花火」を意味する。花穂の形が実にユニーク、どんな花と合わせたらいいのか、試行錯誤。

手前の青紫はメドゥ・セージことサルビア・プラテンシス。
2012/10/06
2012/10/06

次はシュウメイギクの仲間。
よく見かける白一重。
2012/10/07
濃い目のピンク。
2012/10/07
濃い目のピンクを正面から。
2012/10/08
少し距離を置いて・・・
2012/10/06
シュウメイギクは、その昔、白と淡いピンクの一重を植えたが、
場所がよくなかったのか、我が家では衰退の一途だ((-_-;)実家では大株になり、花季には凄いのだか・・・)
数年前、濃いめのピンク品種、`ダイアナ'を導入。
こちらは徐々に増え、今ではミズヒキと並んでうちの秋庭(シェードエリア)の主役になった。
こちらは由利本荘市で見かけたダイアナ(?)の大株。
場所が合えばこんなに多花になる。
2012/10/09

現在、日本で多く流通しているシュウメイギク(白や淡いピンクの一重咲き)は、私の見る限り、菊のイメージからはかけ離れた花だ。
植物学的には、菊(キク)とは縁遠いキンポウゲ科でしかもアネモネ(ニリンソウ)属。
それが何故、シュウメイギクと呼ばれるのか。
シュウメイギク(キブネギク) Anemone hupehensis var. japonica は元々、日本の野生植物で主に関西地方などに分布している。
濃いめのピンクで八重咲き。その花の印象は確かに菊に通じるものがある(正真正銘のシュウメイギクなのでショウメイギク(´π`;)☆\バキ)
ところが、今はその名が菊とは大違いの別植物に冠され、メジャーになろうとしている。
菊と大違いの方は、最近の説では、中国原産のAnemone hupehensis var. hupehensis や近縁他種との交雑種とされているが、これまた詳細は不明。
ダイアナやその類似品はそれを更に改良したものと思われる。
いずれにしろ日本在来のシュウメイギクとこの『大違い』を一緒くたにするのは考え物である。
それでは何と呼べばいいのか。
洋書や図鑑を見ると、アネモネ・ヒブリダ Anemone × hybrida との表現もある。
しかし、アネモネ属の種類は非常に多く、特に春に咲く丈低い種類や『アネモネ妹もね』のアネモネ・コロナリアとはイメージがかなり違っている。
よって、この名称も個人的には(-_-;)どうかなと思う。ならば何と呼ぶ。
                                         シュウメイバナ。どうだ。( ̄も ̄;)☆\バキ( ̄も ̄;)☆\バキ

由利本荘市の古民家庭先にあった正真正銘
シュウメイギク(キブネギク) Anemone hupehensis var. japonica
(ショウメイギク)と思われる株。2012/10/09
Anemone hupehensis var. hupehensis
に近いと思われる淡いピンクの株。
うちでは衰退してしまったので、近所のものを撮影。2012/10/13

続いてラストはゲンノショウコ。
僅か三種類で終わるのは、前二種で重たい画像を使いすぎたため。

ゲンノショウコは8月の終わり頃から既に咲き出している。
花は小さくて地味だし、園芸植物とは言い難いが、めんこいので少し紹介してみる。
2012/10/06
フウチソウの株元に定着したもの。
2012/10/06
ミズヒキと一緒に。
2012/09/30
このゲンノショウコ、庭の彼方此方に蔓延しているが、出身は東京都高尾山。
10数年前、当時の園芸仲間からタネを送ってもらい導入したもの。
わざわざ取り寄せたのは、秋田には白花しかなく、紅には新鮮なイメージがあったから。
紅白両方を愉しむため、秋田在来の白花タイプも植えている。
2012/10/14

紅花が一斉に咲くとこんな感じになる(2010年秋の模様)。
今年は現時点ではこれより疎らにしか咲かない。

↑とほぼ同じ場所の今年の様子。2012/10/06
カラミンサ・ネペタやアカジソ、斑入りツユクサと混生。
ゲンノショウコはグランドカバーとして重宝している。
ツユクサとは違い、宿根草なので、一度、定着すると、翌年以降は地面を強固に覆うようになる。よって他の雑草が生えるスペースを無くしてしまう。
ただし生育が旺盛すぎるので、必要に応じて、ゲンノショウコ自身も大胆に草むしりする。
近頃は近所の庭先にも見かけるようになって来たが、それはうちの庭を徘徊する野良猫がタネを媒介しているのか。
となるとこの花、猫媒花の可能性あり。
へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2012年10月20日にアップしました。)