2012年モ庭9月号B
一転して、秋へ急降下(前編)

9月18日、秋田市の気温は36.1℃に達した。おそらくこの夏(いや。もうとっくに秋か)の最高気温と思われるが、
それでもこの日、国内では5,6番目の暑さだったとか。上には上があるもんだ。
19日より東京へ出張。さすがに都会は凄かった。気温は30℃を割っていたが、おのぼりさんの私は・・・人口密度と湿度に圧倒され、5度以上は暑く感じた。

ところが、21日の夜、秋田空港に降りたら、な(^o^;)なんと17℃。
「暑さ寒さも彼岸まで」とは言うが、こんな急降下は初めての経験だ。

以下、9月中旬以降のうちの庭花の様子を報告してみる。
ニコチアナ `ベビーベラ アンティークレッド`由来の雑種。
2012/09/16
ニコチアナ・グランディフロラ
2012/09/14
またまたニコチアナでスマソ。
他に何か気の利いた花は無いのかとお叱りを受けそうだが、ほんと (´π`; 今年はさっぱりなのだ。
同時期でもこんなに花の豊富な「風のガーデン」が羨ましい。
2012/09/16
うちで今元気なのはオオケタデ。蒔かなくても、毎年、勝手に生えてくるジャンゴ(田舎)花。
これだけでは不粋なので、他の一年草もアレンジしてみる。
オオケタデ
2012/09/22
オオケタデにヒビスカス `アメジスト'とモミジバルコウソウ。
あまり良い取り合わせとは思わない。
2012/09/23

ヒビスカス `アメジスト'とモミジバルコウソウを抽出。
2012/09/17
夏〜秋のどんじゃらフラワーアレン地面ト。
サルビア・コクシネア、カラミンサ・ネペタ、ムラサキツユクサ、
ヒロハマウンテンミント、フジナデシコなど。
2012/09/23
タデが出たので・・・
ミズヒキ
葉壇(シェード)以外でも増えまくっている(隣近所にも・・・。たぶん猫が媒介)。
2012/09/16
ミズヒキつながりで・・・
キンミズヒキ(バラ科)の花と実
2012/09/16
こんな地味な草を何故植えるのか。
理由は葉が綺麗だから。
このキンミズヒキ、一応、園芸品種のようで、
ライムグリーンの葉がシェード庭を明るくしている。 2012/09/16
ルコウソウつながりで
マルバルコウソウ。こぼれダネで毎年、勝手に咲く。
南日本では害草化していると聞くが、こちらではおとなしい。 2012/09/22

涼しくなったら、朝顔が咲きだした。
ドイツ朝顔 `ジャーマンブルー'
青花株を買ったのにピンクも咲いた。それも同じ花房から。
花の色や模様はヨーロッパよりも和のイメージ。 2012/09/22
旱のせいかけっこう葉が傷んでる。
2012/09/22

こちらは夏から咲いていた水玉朝顔。こぼれダネ由来。
2012/09/17 2012/09/22

脈絡なくまたニコチアナ。雑種。
2012/09/22


次(後編)へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2012年9月29日にアップしました。)