2012年モ庭4月号A
4月上旬、トロピカルプランツと庭シゴト始め

4月7日。なんか久々の休みという感じだが、天気は相変わらず厳冬モードで時折雪が舞ってる。
今日はモ庭ではなく、温室の熱帯植物を紹介してみる。場所は秋田県大潟村にある生態系公園温室。
ここは本来ならば、冬場、緑に飢えて一、二回訪ねる場所なのだが、今年は休みもろくに取れなかったし、雪道の運転は平日で懲り懲りなので、一度も行ってなかった。
ところが、前日の地場新聞にヒスイカズラが咲き出したとの記事が載った。自庭はいじれる状況ではないので、こちらを訪ねることにした。
ヒスイカズラは・・・と見ると、けっこういっぱいぶら下がっている。
下から見上げて撮影したものは、全てハレーションを起こしていた。
実は今回、そのことを予見していた。なんか上手い打開策はないかと温室内を見回してみる。すると隅っこに脚立があった。
それを勝手に借りて写したのが次の二枚。やっとまともなヒスイカズラの写真が撮れて私は嬉しい。
ヒスイカズラ以外に見た花。
バショウ科の地涌金蓮(チヨウキンレン)。今までに見た中では最も新鮮な感じ。

バナナの実のようなバルブ(偽鱗茎)からランが咲いている。
ビフレナリア・ハリソニエ Bifrenaria harrisoniae
冒頭のランと同じもの。ラベルにはオドントグロッサムと書いてあったが、
手餅の図鑑(原種洋蘭大図鑑など)を見ると似たようなものがなかった。
拙BBSで尋ねてたら、setton8さんよりColmanara Wildcatではないかとのご指摘。
こちらは観葉植物として有名なモンステラ。
花(実?)を見たのは初めて。



翌4月8日はホントに久々の晴天。
早朝から市の一斉清掃日。それが終わった後はそのまま庭シゴトに移行。
庭シゴト初日と言っても、やったのはゴミ拾いと一部鉢花の鉢替えくらいだ。地面は温度が低すぎてまだいじれない。
本来ならクロッカスくらい咲いてるものだが・・・
地植えクロッカスの花は小鳥に啄ばまれた後だった。 クロッカス・ロゼウス
クロッカスの仲間にしては珍しく紅味を帯びた花色。
鉢植えで開花時のみ風除室退避したクロッカスは大丈夫。
クロッカス・トマシニアヌス `バーズパープル'
他に咲いてるものはないか。
シラー・チューベルゲニアナ Scilla Tubergeniana(S. mischtschenkoana)
シラー・ビフォリア二色。
カタクリとムスカリ・アズレウム
庭花に関して言えば、(例年より遅いとぼやいていた)去年よりも、更に十日くらい遅れている。
この先どうなるものやら。
ふきつめ咲きアネモネ 風除室内の様子。
秋に蒔いた一年草苗やその他ビニポット苗はパンパンになっている。


へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2012年4月8日にアップしました。)