2012年モ庭3月号B
三月下旬〜四月初日、やっとこクロッカス期

このところ土日祝日出勤(しかも遠方出張)が続いており、庭花の観察はおろか、なかなか園ガ・モードになれないでいる。
と言っても、庭の大半は雪に覆われており、庭花も庭弄りも何も・・・(-_-;)なのだが。

留守を守っていた家人からクロッカスが咲いたよとの知らせ(を何故か徳島で聞く)。帰宅したらこの通り。
2012/03/20
モ庭残雪とクロッカス `ゴールデンパンチ'。
2012/03/20
卵のようなクロッカス `ゴールデンパンチの閉じ花モード'。
2012/03/20
こちらはシラー・カンパニュラータの芽だし。
大型クロッカスの芽だし、その後。2012/03/20

球根が枯葉やロゼット葉を蹴破って芽だしする光景は積雪地ならではのもの。
春彼岸を過ぎても不順な天候が続く。
2012/03/25 モ庭
2012/03/25
クロッカス・クリサンサス `クリームビューティ'     
2012/03/25
クロッカス `ゴールデンパンチ'とシーベリー `ファイヤーフライ'
春の淡雪と言うだけあって、この日の新雪はすぐ融けてしまった。
わけあって風除室に取り込んでいた鉢クロッカス、`ゴールデンパンチ'とシーベリー`ファイヤーフライ'が午後から元気よく開花。
2012/03/25
クロッカス `ゴールデンパンチ'とシーベリー `ファイヤーフライ'
風除室に取り込んだ理由は、小鳥の食害から花を守るため。
最近はクロッカスも品種名表示で売られるようになってきた。名前のあるものは品種名で呼んであげよう。
三月の最終日、31日は休みとなったが、ひどい雨降り(地域によっては暴風雨)。
庭に出ることは叶わなかったが、お陰で庭の雪が一掃された。
その翌日、4月1日の朝。
2012/04/01朝のモ庭
オーバル花壇が四ヶ月ぶりに顔を出したが、白いポツポツは何だろう。
未明に降った雹のようだ。
2012/04/01
庭のあちこちで霜柱の華も咲いていた。
2012/04/01

クロッカス以外の花も少し。
2012/04/01 リューコジャム・ヴェルナム ⇒ 勝手に「リュウ子」と命名。
リュウ子は十年くらい前、広島のパスタイム安西さんから譲り受けた代物。
スノーフレーク(スズランズイセンとも言う)と同属だが、丈は10センチ程度と小さく、開花も早いので、スノードロップのような印象だ。
球根だが無理に掘りあげず、鉢に植えっぱなし。少しずつだが殖えている。

春の主役、スイセンの芽だしも活発になってきた。
ナイフのようなスイセン `アイスフォーリス'の芽だし。こちらもわけあって鉢植えとしている。
ロゼット葉は勝手に生えてきたムシトリナデシコ。2012/04/01

異色のクロッカス、シーベリー`トリカラー'(手前列)
2012/04/01

いよいよ春到来かなと思ったが・・・
北国の早春の天気は変わりやすい。同じ日の昼過ぎには大量の降雪があり、庭はまた白一色に。
2012/04/01昼過ぎ。

2012/04/01昼過ぎ。リューコジャム・ヴェルナム。

2012/04/01昼過ぎ。開花寸前の大型クロッカス。
2012/04/01昼過ぎ。
またもや雪に埋もれたクロッカス・クリサンサス `クリームビューティ'
2012/04/01昼過ぎ。
戸外越冬のフクジュソウ。
なんか振り出しに戻ったような感じだ。
この後も揺り返しはあるだろうが、春は必ずやって来るものと信じよう。

・・・と書いたら、そのすぐ後、とんでもない揺り返しがあった。
爆弾低気圧が日本海に発達、本県は4月3日夜から4日にかけて強い風に見舞われた。秋田市の瞬間最大風速はナ(^◇^;)ナント40.8m/s。屋根が飛ばされたり、家が倒れたりなど家屋被害は1000棟以上に達し(うちの親戚も被災)、農業用ハウスはほぼ壊滅、電柱や立ち木もなぎ倒され、交通は遮断、大停電となった(うちはさいわい免れたが、四日間も続いたところもあった)。その後は吹雪のおまけつき・・・と、今年の秋田はろくなことがない(秋田以外でも強風被害に遭われた方には、謹んでお見舞い申し上げます。m(_ _)m)
それでも、春は必ずやって来るものと信じよう。
へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2012年4月7日にアップしました。)