2012年モ庭お正月号
ボヤキから始まる真冬のガーデニング

あけましておめでとうございます。
昨年の私は衰退傾向にあるガーデニングを見限ったわけではありませんが、元からあったフィールド植物趣味の方にかなり回帰致しました。
(裏庭メニューの「君はシラネアオイを見たか」「われ幻のオキナグサを見たり」など)
その後、秋以降は本業が忙しくなり、こちらも休止。
今年2012年はこれまで以上に本業拘束が厳しくなる一方のようなので、この先どうなるかわかりませんが・・・。
写真は2012/01/08撮影。
2012/01/08 2012/01/22
マン●ラゴラ・アウタムナリス 2012/01/09
水道が使えないので、乾いたら雪をかぶせる。
2012/01/22
ホワイトレースフラワー。こんなに早く蕾をつけてどうするものやら。
2012/01/22
風除室内では苗たちも順調に生育中、乃至は冬眠中。
雪に覆われた庭では球根たちが春に向けてウォーミングアップのまっ最中(と言っても雪の下敷きなので見えません)。
四季の植物とのふれあいとその模様のレポートは、今年も可能な限り、続けて行こうと思います。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

早速ですが、今年最初の頁アップは、樹音さんちのヘレボルスです((^^;)自庭ネタはとうに枯渇しました)

チーママさん(横浜在住)
こちらの暖かさは相変わらずです。去年より寒さがくるのが遅いせいで、店じまいするはずの植物がまだ開店中です。
まさに趣○園のガーデニング(^^;;

チーママさん。ホットな花便りありがとうございました。
ガーデニング仲間のAlexさんのblogを訪ねたら、ミカンが庭で獲れた話や青空をバックに咲くユーカリの模様などが紹介されておりました。
とても同じ日本とは思えませんね。
さっきまでテレビで箱根駅伝の中継をちらちら見ておりましたが、関東は陽光に恵まれており、ホント裏山しくてひがんでしまいます。
こちらはこんな状況なので、
写真は2012/01/08撮影。左の常緑樹はカンツバキ。
外で咲く花は皆無・・・
と思っていたら、カンツバキが蕾を膨らませておりました。
写真は2012/01/03撮影。
チーママさん(横浜在住)
(樹音さんちのヘレボルスを見て)何だか夢の世界を漂った気分です。
そうなんですよねー。本来あのように咲きたいのですよね、クリ坊は。

仰るとおりです。
ただし発言や撮影の日付をご覧下さい。4月中旬から5月になっております。
この時期、関東地方や西日本は既に緑濃く、真夏を思わせるような天候かと思いますが、網●ではそういった時期に「クリスマス」を冠した花が咲くんです。
しかし・・・(^◇^;)これでも同じ日本なんですね。

かくも日本の国は南北に細長く、気候帯も亜熱帯から亜寒帯?に亘り、
更に脊梁山脈がシベリアからの寒気(日本海をわたる間に湿って不安定になっている)を遮る関係で、
風上側(日本海側)と風下側(太平洋側)の冬場の天候はこれまた同じ日本とは思われないくらい違ってまいります。

そんな状況でありながらも、関東南部の限られたエリアを標準とした園芸情報をたれ流し続ける
某国営放送園芸番組には(-_-;)腹立たしさを通り越し・・・(今日はこれくらいで止め)。

添付はうちのヘレ坊(風除室で避寒中。水の代わりに雪玉を与えている)

┬┴┬┴┤π`;) おやおや。いつの間にか本頁のテキストは拙BBS(どんじゃら広場)でのやり取りに移行してますね。
かなり強引な抜粋編集で恐縮ですが、関係の皆さん、どうかお許しあれ。
 

樹音@雪景色   1月4日(水) 4時58分
おおっとぉー モウさま 新年早々のヘレ坊メモリアルありがとうございました。
我庭ながら懐かしい&待ち遠しい〜、既に春待ち人と化しカタログの角折り始めてます。

>ただし発言や撮影の日付をご覧下さい。4月中旬から5月になってます。

うんうん… モウさまの仰るとおりで… チーママさん コチラ今現在外には何〜〜〜にも有りませぬ。
今月中には海さえ氷で白くなる亜寒帯?(なのか?)こげな状況なので春位は夢の世界を許して下さいませ。
どーせ夏には腐池と化するんはみなさまご存知の事ですだ(笑)

に・しても冬長すぎ… 毎年思うんは「四季」なんだから雪は3ヶ月で十分だぁ〜(涙)
極北道東の実例 春代表のチューリップ 開花(普通種)は5月、植込みは10月、店頭購入(見ると止められない)10月前後、カタログ購入申込み9月… 付箋は8月(笑)
アハハ… お気に入りチューに逢うには、な・ん・と最長10ヶ月掛かる…
植えてからでも7ヶ月、早咲きで6ヶ月… ねっ せめて植えっぱ維持の恩赦有っても許して下さいませ〜でする。

なので、チーママさんやみなさまの冬期緑情報にワクワク♪ 正月外ゼラなんて♪♪。
明らかな緑依存症の樹音が積雪区花好きさん代表で一言 『み・ど・り〜〜情報希望!』 

>そんな状況でありながら、関東南部の限られたエリアを標準とした園芸情報をたれ流し続ける某国営放送園芸番組には(-_-;)腹立たしさを通り越し・・・

モウさまー とっーても良く分かりますよ。
んが、能天気な●型樹音にとっては数少ない緑の動画情報ですだ。
実際 外に出られるシーズンは見られる時間帯じゃーないんで、冬場観る分には愉しいですよん。
まぁ 偶には小さく「ケッ そげなもん今頃育つかよ…」って舌打ちする事あるけんど…(笑)
自分とのギャップにへこんだり、笑ったり、役立つ事も無きにしも有らず〜で、好いモンです。

とりあえず受信料払ってるんでせめてもの「元」は採らなければの邪心も含有(笑)
IDU@関東某所   1月4日(水) 13時12分
北海道に住んでた頃は「半年冬だな」としみじみ思ってました。その代り5月の春の大爆発(もはやビッグバンですな)は凄かったというか、
春の訪れの喜びは冬が辛かった分ひとしおだったように思います。
ただし幾ら雪解けが始まっても側溝の排水穴附近がまだ凍結していて、そこら中コーヒー牛乳のような泥水が一杯な時期は外に出る気が失せましたが(^◇^;)
電波に対して思うのは・・
特に冬場。寒冷地や積雪地での雪吊りや雪囲いといった文化的側面の紹介、風除室(ピンとこない人も多いと思う)での冬の園芸の苦労、意外と屋内では暖房が効いて持たないシクラメンやシンビジウムの話や、寒冷地でも太平洋側だと晴天率が高くて屋内でハイビスカスやトケイソウが機嫌よく咲いているといったような事など、たまには紹介して欲しいなと思う訳です・・。
一方同時に沖縄近辺などの超暖地では、冬でも外で鉢植えのままや下手すると地植えで問題ない観葉・熱帯植物が、のびのび育っているような特集があってもいいと思うんですな(逆に低温不足で咲かなくなる球根植物とか)。日本の気候区分の広さを知る意味でも興味津々。というか自分で行って住めないわけだから、地元の人にとってはそれが普通でも他の地域の人から見れば新鮮な情報ナリ。
 
などとこのところ思ったりしてます。
しかしまぁ勝手なもので、これがまた夏になると「いいよな〜、高冷地や寒冷地は断熱鉢とか考えなくても、暑がらずに地植えで持つ植物が多いもんな〜」とその時は羨ましかったりするのです。
樹音さんの緑欠乏症はよくわかります。周り真っ白だし。
私も突然切り花を買い込んだりしてました(買って帰る間に凍みたりするんですが(^◇^;)。
って事で福々しい?ワラワラと子噴き中のハオルチア(プリプリ艶ピカな青紫系のオブツーサの類)を貼り。
モウ@カイシャ初め   1月4日(水) 20時38分
>んが、能天気な●型樹音にとっては数少ない緑の動画情報ですだ。

(-_-;)確かにそれは言える。が・・・

>実際 外に出られるシーズンは見られる時間帯じゃーないんで・・・

最近は端からそういうもんだ(関東南部主体)と思い込み、冬場でさえも(冬場だからなおさら)観なくなってしまいました。
以前、関係者と呑んだ際、「近頃は経費がうるさく、取材もほんとに近くばかり。出演される園芸研究?家の先生方への旅費支給もままならないので、
文句も言わず、いろいろな品種やステージの鉢をスタジオに持ち込んでくれる近場の方しか呼べません。」と言ったたぐいのしみったれた話を聞きました。
だとしたら、この先、地方の園芸愛好家が招聘されたり、遠い地方の園芸情報が紹介されることなどは当分無いわけなので、
思い切って、番組名を「首都圏限定・お定まりの園芸」とでも変え・・・(おっとっと。今日はここまで)。

IDUさんのご意見にはマッタク道灌なり!!
チーママ@明日から仕事   1月4日(水) 21時43分
>日本の気候区分の広さを知る意味でも興味津々。というか自分で行って住めないわけだから、
>地元の人にとってはそれが普通でも他の地域の人から見れば新鮮な情報ナリ。などとこのところ思ったりしてます。
チーママさん提供。
そーーだ そーーだ!!
今時の沖縄なんて、どんなだか知りたーーい!
だから、どんじゃら♪がたのしい(^^) 冬の白一色、春のビッグバン、夏の涼しさ、秋のメリハリのある紅葉 どれを見ても楽しいもの。
猛暑で一気にだめになった昨年のトマト。某番組じゃ、そんな話でない紋ね。いくら言われたとおりに仕立てたって、一日で駄目になるもんね。
最近目新しいことがなくなったのは、予算の関係か〜(−−)
樹音@雪景色    1月5日(木) 13時28分
・・・普通のお宅(空中庭園は珍しいが)の植物がどんな環境やメンバーで育ってるのか見るだけでワクワクします。
この子の名前何だっけ? って、思い出せな〜いとモンモンするんもボケ防止に役立ちます(最近は思い出せないんが多いが)

>意外と屋内では暖房が効いて持たないシクラメンやシンビジウムの話や・・・

うん そのとおり コチラ室内温度高過ぎ、冬咲きだけど低温好む植物は難しい。
なのでシンビは活花感覚が多い、湿度維持出来ればファレ育ててる人結構多いのだ。
チーママ@やっぱり正月疲れ   1月5日(木) 14時26分
道しるべない北の地だからこそ、樹音さんらしく生息できるのね。でもって、私も根っこに近いものがあるから、
どうしても共に腐○作りになっちゃうのかな?きちんと管理されたガーデンでは、きっと生きていけないワタクシ。見るのは大歓迎だけど。
さて… 横浜だと、発泡スチロール箱はお役立ちです。変なプランターを使うより、成長がよろしい。
冬は根の凍結を防ぎ、夏は土中温度上昇を緩やかにしているんじゃなかろうか? IDUさんちのハオルチア
最初多肉たちは、このサイドを斜めに切り取ったポリトロに、ビニールカバーをかけて冬の御殿にしていたのですが、
3年目にしてビニールすっ飛んでそのまま(笑) 
もうすっかり環境になじんでいました。
種類を選ばず、根っこもなじみが良いように感じます。野菜なんかも、今までの経験では成績良かったなぁ。
本当なら、全て発泡スチロールにしちゃいたい、混埴場所。冬越しは特にお勧めだったけど、最近の猛暑しのぎにも良い?って思います。
四隅の角をざっくり切り取って、ゴミネットを敷いて使っています。耐用年数がプラ鉢より劣るのが問題な位。でも軽く5年以上はいけますよ♪
最近はホムセンでも売っているようですから、今年は増やそうかな。見た目悪くたって、我が家は別段誰が見るわけでもないし(^^;;
IDU@関東某所   1月5日(木)15時46分
ま〜ね、ない物ねだりなのは解っているんですよ。それに本気で問い合わせるほどテンションは上がってません・・(でも残念)。
特に某放送はテキスト前提の放送なのも承知しているし、それには一応寒冷地の場合は屋内保護といった事がチョロッと書かれているのも承知してます・・。
が、せっかく各地の放送局網があるので、たまには生で各地の様子も見たいのでありました。
昨今はそういう地域性の高い事は個人サイトやブログが担っているんだろうなぁとも思いつつ・・。IDUさんちのハオルチア
ちなみに家にいる多肉ハオルチアは殆どが2号鉢です。大きくて2.5号、それ以上になるとバラして植え替え・・無限増殖。_| ̄|○
で、ついでに屋内越冬中の3株。微妙にタイプが違うのも増えてます。

ところでチーママさん、発泡スチロールは断熱性があるだけに優れモノの鉢ですよ〜。見た目は悪いかもしれないですけど。3cmぐらいの肉厚の物ほどよろし。運ぶのも軽いし〜。
あぁ、ただし根や芽の勢いが強い子は、簡単に突き破って外から顔をだしますが・・。
樹音@雪景色   1月5日(木) 18時36分
>せっかく各地の放送局網があるので、たまには生で各地の様子も見たいのでありました

そーですね。 その位はお願いしたいなぁ… 同じよーなんや再放送するんならそのほうが好いな。
そんでローカルならではのホノボノ系とかNGっぽいのも有ったら愉しいだろな。

モウさま 新年なのにマイナー発言ごめんなさいです。
自称ハイテンションな●型ラテン系能天気樹音ですが、基本は北方系マイナー思考のウジウジ虫なのです(自爆)
本当はいろんな意味で「がんばれ〜!」って考えるんが正しいのだが、そういう方面のエネルギーは既に無し…IDUさんちのハオルチア

>道しるべない北の地だからこそ、樹音さんらしく生息できるのね。

んにゃ ソレってカッコイイ(笑) まぁ、そげに立派なモンじゃーないけんど、樹音んちには参考物件は存在しませぬ。
如いていうなら原風景(恐ろしい程の極解と混同してるけど)…かな。
某放送系園芸無理なんで、当地で共存出来る植物と過ごすんが一等楽だなぁ。
ちなみに… 某園芸系植物 一通り挑戦済みですよ〜ん(笑)

>さて… 横浜だと、発泡スチロール箱はお役立ちです。変なプランターを使うより、成長がよろしい。

さて…(笑) チーママさん そんな貴方に↓をどんぞ〜 コチラでは防寒にお役立ちでーす。 見栄えより実用 そんな園芸も大好きだ〜。
 ♪ドンジャラ鉢ものがたり2.トロ箱ほか編

樹音@久方の晴れ   1月8日(日) 16時50分
arisuさん>早速、シクラメンの水遣りに失敗し・・・
シクラメンはコチラでは… などと言ってる樹音ですが… 今期既に7鉢程連れ込んでおりま…
まぁ 6鉢はミニだから場所取らないモーン ナンクルナイサ〜〜(^^;)\バキ
だってぇ 葉っぱ綺麗だったしぃ、ミニなのに黄色とか、縁取りとか絞りとかぁ、ホワァと丸くてフリフリなのが連れてってぇ〜〜って呼んでるのですもの←緑欠乏禁断症状

に・しても、昨今の花達単価は凄まじく庶民的、購入側としては嬉しいのだが、生産側の方達は如何なものか…うちのシンビ
非力ながらも多少の協力はさせて頂きたい(止められぬ購入の言い訳ですが) 
樹音@雪多し    1月10日(火) 13時32分
・・・某電波や印刷物の冬の定番シクラメンさん 多分日本中知らない人って居ないよね(布●明さんも一役)
でも、疑問が、この長〜く、多彩気候の日本で一番の「適地」ってどの辺り?(生産適地は別考)
最近はガーデン・シクラメンっつうのが現れておるのですが、地域によっては通年地植可能も有?
その際の休眠期の有無? 開花期は?
コチラでは室内環境次第の手間暇依存植物、シーズンのみの消耗品扱いが主流です。
(但し、一部の原種は地植えOK、だが雪下は水分多い? 可能だが良好とは言い難い)
んで、南国沖縄に思いをはせ… 流通は有るよね(多分?) 夏越しは(可能なのか?)
もう@♪シクラメンのかわり    1月10日(火) 22時4分
arisuさん>モウ様のPC完全復活!お待ちしております(`ω´)

あっ(^◇^;)ありがとうございます。
PCはほぼ復活しましたが、年始早々、私の不注意でクルマ事故を起こしてしまい、
その始末や本業がかなりタイト&シビアな状況なので、
本格復帰までは少し時間がかかるものと思われます。どうか堪忍して下され。

>arisuさんのシクラメンさんの復活参考になるやも知れません。
>成功例、失敗例、ビックリ目撃例、お気に入り(意味なく歓喜♪)続きましたら幸いでする。


このスレ、面白いです。
arisuさんの嘆きをさらに助長するようで恐縮ですが、 うちの室内も全く同じ状況。
シクラメン以外には、ポインセチア、プリムラ、サイネリア(シネラリア)、洋種クモマグサなども同じような状況。一週間持てばいい方。
ポトスやオリヅルラン、チトセランなど観葉系は割りと耐えます。
花物ではカランコエがギリギリ耐えているようなので、多肉系はうちの室内のような熱風地獄気候にもある程度適応しているのか。
右は一昨日、撮影の室内シンビ(園芸福袋で購入。他に立派なチトセランも入ってて僅か30●0円)。
チーママ@庭作業時期    1月11日(水) 2時1分
・・・シクラメン。暖かくててアウトは、案外多いようですね。
秋頃ガーデンシクラメンを上げた友達。大事に窓辺において水やりして「なんだかしおれてキタァ〜」(^^;; 娘いわく「そりゃ暖かすぎて蒸れたんだわ」でした。
この場合は、生えている部分はほぼアウト。
でも球根が硬いならば、そのまま庭にでも放り投げておけば(横浜では)、気がつきゃ復活と言うのはよくある話。
ま、半年くらいかかることもありますが。ガーデンも普通のも、一部でも球根が残っていれば何とかなってしまうのも、シクラメンの面白いところですよ(^^)
こちらはガーデンシクラメンは通年庭植えOKです。ただし、真夏は苦手なようですので、葉陰がよろしいようです。
で、ほうりっぱなしなものだから、気がつくとその周辺に実生が生えていたりして。
おととい庭掃除したら、また葉っぱが一枚というのが、5・6個まとまっておりました(^^;; 
そのうち画像をお目にかけましょうね。だから、ガーデンに関しては、降雪ない地域は庭植えで増やすことも出来ると思っておりまする。
(我が家はいつの間にか消えていたりもするけど)
花時期は…ご本人の機嫌がよければいつでもかしらん? あんまり気にしてみていないので、よう分かりませんm(_ _)m 涼しければ、いつでもOKなきもしますが。

みなさま シクラメンさんをお迎えしてあげてください。生産農家のひと鉢の安いこと(−−) 娘情報として「何がしかの賞をとったり、
名前が売れたところのはそれなりの値段だけど、
そうじゃない普通のところは、同じレベルのものを出しても超安い。市場で売れ残っても引き取り代の方がかかるから、
捨てるよりはと投売り状態。今日社長が仕入れたガーデンんなんか、一鉢5円だもん。」 その他の花卉も似たり寄ったり。生産者のことを思うと、なんとも悲しくなります。

で本日の横浜風景。今を盛りのヒースとしての代表種のジャノメエリカ。今頃の気候がお気に召しているようで、新芽も伸びていました。
横浜のジャノメエリカ 横浜のジャノメエリカ
横浜のグリーンローズおまけはグリーンローズ。どちらも市役所の植え込みにあるのですが、グリーンローズは、きっと誰も気がつかない。
こういうのを植えた植木屋さんのちょいとした遊び心が、うれしい♪
会社の入っているビルの前のコンクリート鉢では、まだマリーゴールドがわんさか咲いています。この子、ここ数年こぼれ種だけで生息している良い子です♪
もう@秋田    1月11日(水) 22時32分
ご心配頂きすみません。
今日は天気があまりにもひどいものですから、早く帰宅しました。

>シクラメン以外には、ポインセチア、プリムラ、サイネリア、洋種クモマグサなども同じような状況。一週間持てばいい方です。
に追加です。
アザレア、エリカ類、カルセオラリアなど可愛い鉢花は全て。
ゼラニウム(ペラルゴニウム)やハイビスカス、シャコバサボテン、ラン類も厳しいです。

要するに子供の頃、ワーいいな♪とアコガレていた温室鉢花類がことごとく駄目なんですね。
これはここ10〜20年頃に建てられた秋田の建物ほとんど全てに言えるようです。
気密性が高すぎるんですね。それに強い暖房火力。
かつて「関西の夏の暑さは熱帯植物も枯れる」と評された方がいらっしゃいました(右写真)が、
園芸研究家・森和男氏秋田の場合、「冬の室内の暑さは熱帯植物も枯れる」ということになりませうか。
もちろん戸外ではパンジーもハボタンも駄目。ガーデンシクラメンを庭で鑑賞するなんて夢のまた夢。
樹音@凍れるべ〜    1月12日(木) 11時5分
・・・チーママさん ガーデシク(ガーデンシクラメン)状況ありがとうございます。
植えっぱOKなんて裏山 地植球根植物扱いかぁ、ほぼ適地と思われますです。
に、しても、ガーデンはミニより耐寒性強い交配種との浅〜い認識なのだが、外では避けられぬシクラメン系の天敵「発芽部の溜水」にも強いんか(驚)
流石に夏場は休眠で凌いでるんだろが、梅雨時は微妙なシーズンだろに…

>うちの室内のような熱風地獄気候…
>気密性が高すぎるんですね。それに強い暖房火力。


コチラもほぼ同環境もしくは、い〜や多分モウちょい温度高め(笑)
人間が過ごしやすい設定だと冬鉢花は耐えられない… そんでも機密性の影響は少なし。
問題は暖房なんすよね、灯油系は特に乾燥激しなのに今のタイプ上部に熱出ない。
以前は上部に蒸発皿やヤカン乗っけて蒸気で湿度補なえたんだがなぁ…
んで、乾燥室内では洗濯物は夏より乾くんが早い、常に洗い物干すと湿度守れるが、今時の方は居間に干し物はしな〜〜い。

んと、余り知られてないんが、窓ガラス。
今風断熱複層ガラス、それなりの予算で普通に納入されると紫外線カット機能含有。
購入者が烏賊にも花好きで施工者(設計者)に認識有る場合は問題ないのだが…
後に花好きに至った場合とか、花と紫外線の関係を知らぬ場合(施工側&購入側) 後の祭り〜だったりします。
なので、せっかくのお日様ガンガンなのに花三昧ではなく、弱光線好きの観葉とかがワサワサ(それもまた好しだが)

っつうことで 北国の冬期室内は気候的には有り得ねぇ〜! 『熱風地獄気候(モウさまお借りしました)』なのです。

ちなみに我家… 上記の今風あったか室内とは全く無縁の「低気密、薪ストーブ、一枚ガラス、とんでもねぇ温度差」の歴史的住宅(ボロ)です。
不便利ながらも自由で体に良いこの環境、冬花を維持できる窓辺も確保(少量分だが)、お気に入りの生活で〜す。
もう@秋田    1月15日(日) 11時40分
今朝のうちの庭の様子です。
積雪量は豪雪だった昨年と同レベルになりました。寒さは今年の方が強いように感じます。
2012/01/15 モ庭
さあ。貴方なら何を植えますか。
パンジー、ハボタン、ガーデンシクラメン・・・。植えられますか。
手がかじかんでしまい、半室内でも『寄せ植え』なんて夢のまた夢。仮に作ったとしてもいったい何処に置くのか。
室内は樹音さん曰く『熱風地獄気候』。
どっか温室で花見と思っても、道路状況が悪すぎる。除雪が追いついてないので、路面はガタガタ。一旦吹雪いたら、モウおしまい。
雪国の冬場のガーデニングは黙々と雪かきすること。あと脳内ガーデニング。
ムク@うすら晴れ(群馬県北部)    1月15日(日) 13時24分
・・・ここいらもこの時期パンビ、ハボタン、ガーデンシクラメンとか無理ですー。
室内では同じくオリヅルラン、ポトスくらいが陽の当らない玄関で耐えてるのとかろうじて母のベゴニアが葉っぱだけ状態で生きてるくらいでしょうか。
ムクの部屋はだいたい15℃くらいなのでちゃんとお世話すればゼラニウムくらい咲いてくれるかもしれないけどもう置き場ないし。。
ハオちゃんだけ真面目に水やりして緑欠乏症にかからず済んでまふ。
ムクさんちのハオルチア ムクさんちのハオルチア
ムクさんちのハオルチアチーママさん方法の挿し木も外は凍るから無理だし室内だとカビるから無理だしなー。
カタログ眺めたってもう植えるとこないし(泣)
もうこの時期モガ狂で癒されるしかないっしょ!
IDU@関東某所    1月16日(月) 11時21分
ムクさん、多肉たちがブリブリですな〜。でも今の時期にこの雰囲気だと、水を控えないと春までに伸びちゃうので気を付けて下さいね〜。
(しかし水が多めだと透明度が上がるので悩ましい限り)

当方は一応関東とはいえ、チーママさんとこよりは田舎なので寒いです。
このところずっと朝は氷点下だし・・庭に出ても寒いし・・家にいても手がかじかむし・・。
冬はヤッパリろくに植物がいじれないので屋内でプラモデル作成ですな(何)。

一般地の人は「炎熱熱風地獄で植物が育たないんなら暖房を弱めればいいのに」と思うかもしれませんが、生活上そうはいかんのですよ・・。
説明すると長くなるから書きませんが、植物にとって高温なだけで人にとっては必要な温度帯です。
一方私のように寝室に植物をワンサカ入れていると、低温一定温度越冬のために暖房が入れられず、いつも夜は6〜7度の中で寝ているのもどうかと思うが(^◇^;)
樹音@そろそろ流氷?   1月16日(月) 12時24分
>ヒーターの無い部屋の中に置いていたのですが(−−;)温かすぎ??
>6畳2間の通し部屋のほぼ真ん中で、南北に窓があります。

arisuさんのシクラメン 肝心のお役に立てずまんまでしたね。
ワラシは適当自己流なんで詳しくありませぬ、只注意してるんは
○温度 昼間20度以下〜夜間7、8度以上(多分その位)
 夜間の窓際は冷えすぎる鴨なのでチョイ離す。
○水遣り 暖かい日の午前中、球根上部(発芽部)に水を掛けないよう土部分に。
○お日様 窓越しにたっぷり♪ 適当に鉢回したり、葉っぱ分けて真ん中も日光浴かな。
arisuさんちは雪国でヒーター無しならそげに温かくなさそですが?
部屋の真ん中… お日様届いてるのかしらん?
球根上部フニャグチュなら水やりの可能性が大きい… 鴨。
… 最近は消耗品扱いしてるんで人様に助言出来る立場ではありませぬが春迄は咲いてくれますよ。

>ムクんちなんて原種シクだって枯れるのに(・ε・`)
んで、原種シクに移行 樹音んちは活きては居る(コウム&ヘデリ) コボレ種っ仔も居る。
んでもワッサリ咲かない、チビチビ咲きのみ、球根解ける子も出現(涙)

モウさま〜 今時期はぼやいていらっしゃいますが、原シクに関してはモウさまんちの子が一番元気だと思いま〜す。
YoYo@関西   1月17日(火) 19時36分
・・・ヘレボルスに蕾が見えてきましたよ(H.リグリクス)。
私が持っている唯一のヘレボルスです。樹音さんのところはまだ数か月先で、ほんとうに待ち遠しいことと思います。
その頃こちらは、30℃に達したとかどうとか騒ぎ始めているのでしょうね。

北国にも夏は巡ってくるけれど、その夏は決して私たちの夏に追いつくことなく長い冬に向かってUターン。
私たちは11月頃ようやく秋になったと実感するけれど、その秋はあっという間に終わって冬に。でもその冬は北国の冬に絶対に追いつかない …

そんなことを考えながら、こちらの板の雪写真を見ていましたよ。
arisu@しんじょう   1月18日(水) 11時37分
樹音さん(^^;)有難うございます。
いろいろ、判ってきた事が・・・室温の関しては、温度計がないのでなんともですが?
>昼間20度以下〜夜間7、8度以上
昼間はヒーターを点けたり消したりですが、若干温かいかも?? 夜間はどうかな?
水遣りですが・・・ 球根に掛けないで、受け皿のほうの水を入れ吸わせる方法をとってました。
ただ、買ってすぐの頃に水遣りの間隔(5日程度)をあけ過ぎていたようです。(花屋さんでは寒いところに置いていましたので、それ比べると我が家は温かい)モウズイカ風除室内のシクラメン・コウム。1/22撮影。
それを補おうと水をたっぷり目にしたら・・・ぐったり・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・
お日様。ここで大きなまた間違いにまた気づいた!
天気が良ければ、お日様は部屋の中ほどまで十分です。しかし
ここ新庄は、日照時間が少ない地域だった!しかも12月はじめから雪が降り続いて日照不足!
足りない・・・o(`ω´*)o
今日はあざ笑うように天気がいい(−−;)

ムクさん>球根がブヨブヨならご臨終ですけど。
ここ数日触っています。いまのところ、ブヨブヨしてません
樹音@流氷確認   1月19日(木) 11時39分
・・・う〜ん arisuさんの子 球根しっかりしてるならばモウチョイ様子見かなぁ、復活出来ると良いですねん。
なんせねぇ 室内環境って個々に違うから育つ鉢花もそれぞれ違ってくる…
鉢メインで考えると人間生活が〜〜(泣)ですもんね。 IDUさんに銅管。

YoYo さん ・・・
ヘレボそちらでは難しいのかしらん? 耐寒性強いけんど耐暑性情報って聞いた事ないなぁ… と、新たな疑問??
あ・でも 寒すぎ北方なコチラでは有茎種はかなり難しい、生きてはいるけんど花芽凍るんで過保護しないと咲けません。

北国の夏と冬 素敵な表現ありがとうございます。
ついに第5季「流氷期」に至った我地域… 「緑〜!」 と訴えながらも雪&流氷は無くてはならぬモノ。
白い世界も好いもんです(園芸エネルギーの保護と補給には必須だし)

>(ムクさん)>モウさまの横山さん由来の原種シクはどんな塩梅なんでしょうね?
>うっ( ̄π ̄;すこぶる元気なり。

やっぱ モウさまんちのが一番元気だと思いま(ワラシに知ってる範囲では)地植えの我家 水分(雪解時?)多いんだろなと憶測…
YoYo   1月19日(木) 15時21分
> ヘレボそちらでは難しいのかしらん? 耐寒性強いけんど耐暑性情報って聞いた事ないなぁ… と、新たな疑問??
H.リグリクスに限っては割合強いです(真夜中30℃で3夏越えています)。
でも私と同じマンションの同一階でも、住戸の向きが違うとわかりません。
当地だとそういうボーダーライン上にいる植物じゃないかしら。
他のヘレボルスは育てたことがないので語れませんが、
たとえばbyMさんご活躍府立花の文化園のサイトに「園内のバックヤードで耐暑性に優れた株の実生を2,000株以上育てています」とわざわざ書いてあるぐらいですので … 。

> 園芸エネルギーの保護と補給には必須だし
暖地住まいの私にとっても冬は貴重なお休みタイムでございます。長らくうちに居着いて自然に咲いている植物は好きにしてもらいますが、
冬の彩りのためにパンジーetc.を買うことは、ここ何年もしていません。殺風景も風景のうちです。
でないとそれ以外の季節に、園芸だけではなくていろいろ含めて身が持ちません。いやはやこれは正直な話です(^^;
へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2012年1月28日にアップしました。)