2011年モ庭5月号A
今年の5月は。明るい葉壇編

今年の春は、自然のお手本のひとつ、スプエフェ(スプリング・エフェメラル)を追いかけるので目イッパイであり、自庭の方はさっぱりだ。
既に6月となってしまったが、ここらで5月(主に前半)の庭模様をレポートしてみる。

まずは5月上旬の葉壇。
エリスロニウムやエピメディウムが卓越するコーナー。
今、咲いてるのは、エピメディウム・ベルシコロル `スルフレウム'とエリスロニウム `パゴダ'
2011/05/05

エリスロニウム `パゴダ'  2011/05/05
地面に落ちた紅い花びらはカンツバキ。
エピメディウム・ベルシコロル `スルフレウム'  2011/05/07

キバナイカリソウのうぶうぶモード  2011/05/07

クジャクシダの芽だしとエピメディウム・ベルシコロル `スルフレウム'の新葉
2011/05/05

2011/05/07
5月も半ばになると、クジャクもエピメもこんな風に変わる。
2011/05/15
キバナイカリソウも。
キバナイカリソウの成熟モード
2011/05/15
春は芽だしと同時に開花、そして咲きながらその姿を変えて行く植物が多い。

これは・・・
クサントリザ Xanthorhiza simplicissima
IDUさん由来。一見、メギ科のようだが、キンポウゲ科。しかも樹木。2011/05/05
何ゆえ、こんな地味な花を出したのか。
深い理由は無い。単にワタシがキンポウゲ科フェチなので( ̄も ̄;)☆\バキ

春の葉壇は花よりも芽だしや展葉を愉しむ場所。
ギボウシは葉が広がったもの以上に、展葉のプロセスが愉しい。
2011/05/05

2011/05/07
ここでもラナンキュラス・フィカリア(キンポウゲ科)が愛嬌を振りまいている。
金星の春・四景
2011/05/04 2011/05/07

2011/05/08

だいぶ貫禄の付いてきた金星
2011/05/15
近くにあった草花たち
スノーフレーク
2011/05/08
斑入りアマドコロの芽だし
2011/05/08

斑入りアマドコロ
2011/05/15

ブルンネラの一種  2011/05/08 ラナンキュラス・フィカリアの烏葉品種
2011/05/15

カンツバキのインフィオラータに埋もれたラナンキュラス・フィカリア
2011/05/07


次(メドゥ&パーゴラ)へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2011年6月3日にアップしました。)