裏も表も一緒くた2010年・最終号
ザ・ラスト紅葉〜冬将軍様来る

秋田のような北国では、11月も半ばになったら、紅葉はモウ終わり・・・と思っていたが、今年はそうではなかった。
比較的暖かい日が続き、降雪がなかったせいもあろう。なかなか落葉しないナラ類が意外に綺麗な紅葉を見せることに気付いた。
その色は鮮烈な赤や黄色ではないが、今日のような晴れた日にはオレンジに輝いて見える。
ナラ類の紅葉
ナラ類の紅葉は
日光を透かして見ると赤味が増す。
カラマツの黄葉
針葉樹にも紅葉するものがあった。カラマツ(植林)はその代表選手。

小春日和で晴天ならば、晩秋の秋田でも素晴らしい風景に巡り会える。
11月中旬。皆瀬ダム付近(湯沢市)。
左側、足倉山(1083m)、右側の奥に秣岳(1424m)。
11月中旬。すっかり白くなった鳥海山(2237m)とナラ類の紅葉。
猿倉付近(由利本荘市)より望む。
(-_-;)ナラ枯れの被害が最小限で済むことを切に祈ります。
紅葉だけではない。実もあった。
ツルウメモドキの実 このツルウメモドキは電柱にうまく絡まり、遠めには大木のようになっている。
電力会社や電話会社にしたら、とんでもない植物だろな。
ツルウメモドキは山野にありふれた蔓性樹木だが、こんなに実付きのいいものはそうはないだろう。

こちらは
人里のカキの実
晩秋になると秋田では柿(渋柿)の木が目立つようになる。
ああ。モウ晩秋なんだな。と感じ入る反面、こんなに木が高くなったら、実の収穫もさぞかしたいへんだろなと思う。
ところで、柿の実の収穫シーンにはほとんど遭遇したことがない。今の時代、他にも美味しい果物やスイーツがいっぱいあるので、危険な目をしてまで柿の実を採る人は少ないのだろう。一説では柿の実は、スズメやカラスなど鳥達のために成らせているとか。また今年の秋は、秋田に限らず、全国各地で、クマが人里(どころか市街地まで)に出没し、大騒ぎになっているが、このような放置柿がクマを呼び寄せるのではないかとの説も浮上している(例えばこちら参照)

11月下旬、奥羽山脈の山すそを走っていたら、
白っぽい幹の大きな木を見つけた。
プラタナスの木 樹皮の模様が面白い。
この木はこの台地が開拓された記念に植えられたものとのこと。冬が近づくと、木の幹や樹形がよく見えるようになる。
木の反対側には、牧草地が広がっていた。
何やら北海道や岩手を思わせるような風景だが、ここは秋田県。


今年の秋田は、12月に入っても、比較的暖かい日が続いていた。
暖冬かなと思っていたが、12月12日、平地もついに初積雪となった。
2010/12/12 うちのツルウメモドキ。
アジサイの葉やウメモドキの実はすっかり落ちてしまった。2010/12/12
咲き出したばかりのカンツバキもすっかり雪を被った。
2010/12/12
その後も雪空が続く。14日は大館で猛烈な降雪に遭い、命からがら秋田に帰り着く。

17日は午前中だけだが、久しぶりの晴天。
以下の写真三枚は、園芸ガーデニング、紅葉、いずれにも関係なしだが、私の勤務するオフィスからの眺め。
待遇面はけっして良くないが、眺めだけは秋田市で一番良いのではなかろうか。
東側の眺め。
背景の山々のうち、右側が太平山(1171m)。植物は豊富だが、険しい上に、カモシカやヤマビルが多く、私はあまり登りたがらない。
ちなみにこのオフィスには今年2月に引っ越した。2010/12/17
北西側の眺め。
遠く微かに見える山のようなのは男鹿半島。すぐ下はJR秋田駅。手前に停まってる列車は新幹線こまち。
この角度からの秋田駅周辺風景はNHKローカル放送でも毎日流されているので、秋田県民ならば知ってる人も多いだろう。
2010/12/17
カイシャ駐車場から望む新幹線こまち
2010/12/27
すっ(^o^;)すさまじく脱線しちゃいましたね。
12月23日。天皇誕生日。
風除室内でマンドラゴ●ラの花が咲いた。
アルペンガーデンやまくさ由来のマンド●ラゴラ・アウタムナリス
2010/12/23
この日、外の雪は一旦融けた。2010/12/23
はまうつぼさん由来のマン●ドラゴラ・アウタムナリス。
こちらは今回、一輪だけしかつかなかった(一昨年の開花はこちら)。
葉や茎に棘のような毛はない。2010/12/23
ムスカリ `クリスマスパール'がクリスマス前に開花。
2010/12/23

早くも春が来たような感じだが・・・


2010/12/25朝
烏賊植え用水秋田の冬はそんなに甘くない。
風除室の外は風速20m超の吹雪吹雪氷の世界〜♪
喪中につき、年末年始のご挨拶はご遠慮申し上げます。
本年中に賜りましたご厚情を深謝いたしますとともに、明年も変わらぬご厚誼のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
m(_ _)m

次(2011年1月)へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2010年12月25日にアップしました。)