2010年モ庭レポート・10月号A
秋丁字のワン・マンフラワー・ショー

10月になっても、秋田の天気はパッとしない。休みと雨が重なることが多く、来春に向けての庭作業もままならない。
2010/10/16
10月16日の土曜日も天気は良くなかったが、秋丁字(アキチョウジ Plectranthus longitubs)が見頃になっていた。
地植えしてモウ何年になるだろう。ずっと気息奄々だったが、去年あたりから少し欲を出して来た。
9月に訪ねた上野ファームの巨大カリガネソウには及びもつかないが、今年は一株ながらもけっこう広い範囲をカバーしている。
花色は私の好きなブルー系、しかもフワヒラ調で、透視効果を持っており、他の草花も引き立てる(要するに透かして見せる)。
今日は久々にカメラを持ち出し、チョウジ君を写しまくった。



同時期に咲くシュウメイギクも一緒に。↑ご覧の通り、シュウメイギクは姿勢の悪いチョウジ君の支柱がわりになっている。
シュウメイギク `ダイアナ'
初冬になれば、綿毛姿も愉しめる。 ⇒ こちら
昔からある白一重のタイプ。

チョウジ君のアップをモウ一枚。
ゴチャゴチャしてて見苦しいかもしれんが、現実を直視して欲しい。

2010/10/16
結局、この頁はチョウジ君のワン・マン・ショー、いやワン・フラワー・ショーになってしまった。

ところで、アキチョウジを愉しんでいるのは、広い日本にワタシ独りだけではなかった。

35094.Re: アキチョウジ
樹音@エゾ   10月19日(火) 13時18分
んまぁ モウさま 素敵な風情ですねぇ♪
うんうん ボリューム有るのに透視効果… 納豆! 否、納得!! です。
シュウメイギクとの相性も好いな、来期は小型のを添えてみよーかな♪
樹音んちのは現在こんな感じですら。
上左。お友達はこぼれ種ったアサガオ(紫&淡紫)
上右。ホトトギスと居るんは桃&白(未開花)
シソ科のお仲間 カメバヒキオコシ(斑葉)

35114.Re: アキチョウジ
IDU@関東某所    10月20日(水) 17時19分
え~と、元が「濃色アキチョウジ」なので野生観察ではないですが、実生で白に近い薄桃が出ました。去年撮影の2枚。
(古いカメラでの記録用なので色の再現性は相変わらずなのと正方形で失礼)
↑一枚目がその濃色(真っ青になってますがもっと実物は紫系)、二枚目がほぼ白に近い薄桃色の花。

だから自然状態でも出るんじゃないかな~。
(意外と白や桃が出たら即山鳥化を想像したり(^◇^;)
35115.Re: アキチョウジ
IDU@関東某所    10月20日(水) 17時20分
で、この夏暑かったらしくてアキチョウジは全滅したっぽい・・。(^^;)☆\バキ

そのかわりクロバナヒキオコシが元気でして、こちらも実生から出たピンクというかローズピンク色の花が増えてます。
これは今年の撮影。
一枚目普通のクロバナヒキオコシ、二枚目が濃ピンクのクロバナヒキオコシ(桃色引き起こし、だわ)

花が小さいんでこんな写し方しかできませぬ~。
以上ご参考までに。

35177.アキチョウジその2
IDU@関東某所    10月26日(火) 19時31分
夕方から一気に寒くなってきました。秋が無くて急に冬が来た感じです・・。北の方は雪、関西などは木枯らし一号とか。
今夜の冷え込みに備えて庭の鉢の移動をしている際に、枯れたと思っていたアキチョウジが咲いていたので思わず撮影しました。

前スレで花色変化の比較をしていた際、濃色アキチョウジが以前の古いデジカメで真っ青な花に写っていましたが、こちらも一緒に取り直したので載せます。
(あの真っ青も実在するなら綺麗なんですが(^◇^;)
一枚目、取り直した実物の色に近い「濃色アキチョウジ」。
二枚目、今日撮影した咲き終わり頃のアキチョウジ。
周辺の葉がバッタか何かに食われ放題で、他の草の陰に咲いていたのを見落としていました。

うちでは同じ時期に買ったクロバナヒキオコシの方が元気だな~。
もしかするとちょっとアキチョウジとしては暗い場所に植えてしまったかもしれませんが。
(途中、略)
35187.Re: アキチョウジその2
樹音@エゾ    10月28日(木) 10時7分
>>明日の朝は多分… 真っ白!! らしー。。
>季節先走りの大雪ですね~ アキチョウジだけでなく花達が、すっぽり雪に埋まっちゃったんじゃないですか?
>樹音さんの所はフユチョウジになっているのかな・・。10月下旬だもん、北海道は冬ですね。

… えぇとぉ~ じつはぁ… お見舞いのお言葉迄頂いたのにご期待に添えずで書き難いのですが

『雪 全く ありませ~~ん!!』
夜は暴風&冷え込みで戦々恐々で目覚めたのですが、積雪0 霜さえ無し。
札幌の雪が全国ニュースだったんで、当然コチラも雪と思われたみなさま、ごめんなさい。

んで、この辺り本日現在迄、軽い水霜程度しか来ておりませぬ、
なので低温で枯れかけてるモンは有りますが、完全に溶けてるんは無し、最終片付けが出来ず、困ってます。
潅木達も落葉する気無しなんで、冬季結束も出来ませぬ… 
冬、来るんだよな(来てほしくはないが)

ちなみにぃ ストーブほぼ焚きっぱでーす、朝晩焚かずには居られませぬ、
が、夕食後はアイスクリーム(笑)

で、まだ アキチョウジでした、花色比較用摘み花4種です。
と・・・
35188.
setton8@関東内陸南部    10月28日(木) 14時1分
・・・(一部略)
樹音さん、いろんな色のアキチョウジ、いいですね。ただ、様々な色合いのを見ると、
つい、由来は何と思ってしまうのです。(職業柄か、原因というか元を探したくなるのです)

今回の寒波では積雪はなかったそうですが、今後もあまり降雪がないといいですね。
(酷暑、いきなり厳冬では、誰にとっても辛いです。日本も遠からず、二季性になってしまうのでしょうか。雨季と乾期ならず、暑季と寒季???)








再び、うちのアキチョウジだが、
今年は何故このようにボリューム豊かに広がり咲いたのか。
それには訳がある。
2010/10/19
(^o^)初夏のうちにせっせと摘芯(芽摘み)をしていたのだ。
この手の花は、支柱をあてがい、縦に伸ばしてもシャキッとするわけがない。大きな穂花を一本咲かせても、寂しいし、雨に当たったら、それきりだ。
小さな穂花が数多く横に広がるよう摘芯に励んだ。
摘芯の証拠 今朝のアキチョウジの様子。落花が株元にびっしりだった。
2010/10/28
35190.モウ@秋田    10月28日(木) 21時12分
>札幌の雪が全国ニュースだったんで、当然コチラも雪と思われたみなさま、ごめんなさい。

以前も何かの機会に言ったかもしれませんが、北海道の天候ってけっして一枚板ではないんですよね。
札幌の天気は秋田など本州の日本海側と共通なことが多いのですが、網走などオホーック側は・・・ロシアやアラスカに連動してたりして( ̄も ̄;)☆\バキ

>酷暑、いきなり厳冬では、誰にとっても辛いです。日本も遠からず、二季性になってしまうのでしょうか。雨季と乾期ならず、暑季と寒季???

(^o^;)大いに道灌です。
添付(↑右写真)は今朝のうちのアキチョウジの様子。落花が株元にびっしりでした。
ところでアキチョウジって漢字では『秋丁字』と書くようですが、丁字(クローブ)のような香りが花とかにあるんでしょうかね。
うちでは既に落花しちゃったので花では確かめようがない。
あと関東や中部地方にはセキヤノアキチョウジという別種が自生しているようですが、こちらはあまり話題にならないですね。
35192.setton8@関東内陸南部    10月28日(木) 21時29分
アキチョウジの名前は、香りではなくて丁字のような形の花が咲くからということのようです。
アキチョウジの落ちた花が集まったのが色鮮やかでインパクトありますね。ミズヒキや枯れかけた葉の様子が秋の風情イッパイです。

セキヤノアキチョウジは分布があまり広くないようだし、名前が長いから(冗談です)、有名度が低いのかも。(ホントは、その長い名前ですぐ覚えました)
セキヤノアキチョウジ Plectranthus effusus
ピンク花のアキチョウジ
いずれも11月中旬に訪ねた西宮市北山緑化植物園で見かけた残り花。西日本は秋が遅いんですね。


アキチョウジの周辺海域
2010/10/16


次(秋丁字以外)へ行くよ~
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2010年11月14日にアップしました。)