2010年モ庭レポート・9月下旬号
♪小さくなった秋みつけた。

この数年、天候は寒すぎるか暑すぎるか両極端のどちらかばかり。その煽りを食っているのか、以前ほど春や秋を意識することは少なくなった。
今年は9月に入っても、異常猛暑が続き、その後は雨ばかりで、いつになったら清々しい秋になるものやら。

9月23日。彼岸の中日。
しばらく続いていた雨が止んだので少しだけ庭に出てみた。
そこは7月以降、手をつけていないので、すっかり荒れ放題。草藪は蚊の巣窟にもなっている。踏み込むには少しばかり勇気が要る。
(^^;)赤い花を見ると何でもアリエッティを連想・・・
2010/09/23
別種のシロバナヒガンバナ
2010/09/23
ネムノキの幼木の間から咲き出したもの
2010/09/23
今年は異常猛暑で開花時期が狂ってしまった花も多いと聞くが、うちのヒガンバナに限っては暦どおり。
とても律儀な花だ。
他にも小さくなってしまったとは言え、庭の各所に秋を見つけて、嬉しくなった。
クサボタンとシュウメイギク `ダイアナ'
2010/09/23
斑入りのヤブランが開花していた。
2010/09/23
うちの庭ではミズヒキが増えまくっている。先発隊は赤穂の斑なし。
2010/09/23
ミズヒキ
2010/09/23
アカジソの花穂。
今年はオンブバッタが多い。
2010/09/23
映画アリエッティを観てから、シソの開花時期が気になっていたこちら参照)
うちで咲き出したのは、やはり秋だった。
アカジソとヒロハマウンテンミント
2010/09/23
地味花が続いたので、再びヒガンバナを。
2010/09/23
三日後の姿。
2010/09/26 2010/09/26
レンゲショウマの花は北海道に出張している間に終わってしまったが、
今度はキレンゲショウマの蕾がパンパンになってきた。
キレンゲショウマ(アジサイ科) ↑2010/09/23 ↓2010/09/26
この花はヤマシャクヤク同様、「蕾のうちが華」の典型のようだ。
蕾の形はともかく葉の形や大きさなどはレンゲショウマに似ても似つかない。

真夏から咲き続けているヘリアンサスは今頃、花数がピークに達する。
2010/09/23
姿勢がだらしないので、支柱とワイヤーで植物を束ねているのだが、雨が降るとワイヤーが千切れてしまうこともしばしば。
今回も数日前、縛りなおしたところ。独活の大木的植物は風雨に対するメンテが欠かせない。
長雨でふやけ気味のモ庭
2010/09/26
いつもより少し短いかもしれんが、今回はこれでお仕舞い。(´π`;)/~
次(10月)へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2010年10月23日にアップしました。)