2017年ロンリーハーツ植物紀行
11月10日、女神山落葉紀行(前編)

山納めのつもりで、11月3日、真昼岳に登った(こちら)ばかりだが、一週間後の11月10日も晴れたので、
今度こそ今年(2017年)最後、まだ登ってなかった女神山(956m)に行ってみた。
本来ならこの山は紅葉時期に来るべきだったが、他の山との競合で・・・(´π`;)☆\バキ すっかり遅くなってしまった。

ほっとゆだ駅からまだうす暗い県道1号線を北へ、湯本温泉のすぐ先、清水ヶ野の集落から「白糸の滝」看板を目印に左折、県道12号線に入る。
下前の集落を過ぎて、未舗装の林道に入るが、この道はよく整備されていた((-_-;)少なくとも焼石岳の中沼林道や甑山の前森山林道よりはずっと・・・)。
登山口に着いたら、広い駐車場には( ̄π ̄;ワタシ独り。朝6時半頃、モルゲンロートに遭遇。
柿の種号。樹木越しにモルゲンロートが見えた。下前登山口駐車場にて。

紅葉時期のfb山情報によると、獣臭がするとの書き込みがあったので、単独では心もとない。
誰か来ないかと登山口で30分くらい待ったが、その気配は無し。
今日は平日だし、紅葉時期の休日じゃないからしょうがないと諦め、クマ除けホイッスルを吹きながら、7時頃、出発。
(下山路で逆に登るもうひと方とすれ違った。この日の登山者はこの方も含めてもたった二名だったようだ。)
オレンジの曲線は今回、歩いたルート。

白糸の滝を掠め、山頂をめざして直登。初めは比較的傾斜のある根っこ道が続く。
根っこ道 ツルリンドウの実

ツルアリドオシの実

こちらの古木はキノコに侵されていた。


稜線に出て、平らになったら、あとはずっとブナの落ち葉ロード。
ブナの落ち葉ロード 女神山山頂(956m)

山頂からの眺め。
あてにしていた焼石岳や鳥海山は雲を被っていた。
鳥海山の全貌が見えなかったのは残念。

すぐ隣の秋田女神(標高は約870m)

秋田女神の一部と大曲の街並み
北側の眺め。
北側、兎平方面を望む。

県境尾根のブナ小道は好かった。
今まで自分が訪ねたブナ林では最高だった。
県境尾根のブナの小道

霧氷でもないのにブナの梢が白っぽく見える現象は先週の真昼岳(こちら)だけでなく、ここでも体験した。

なんか小雪が舞ってるように見える。何故だろう。

ブナの小道シーンを追加。
県境尾根のブナの小道

真昼岳は山頂からも見えたが、こちら(県境尾根)の方が好かった。
県境尾根から北隣の真昼岳を望む。

県境尾根から樹林越しに秋田女神を望む。


今までブナ林を歩くのは新緑か紅葉時期ばかりだったが、落葉したブナ林もなかなか好いもんだ。
このコブは・・・
右上写真のコブは何かの顔のように見える。
個人的にはピッコロ(ドラゴンボールZ)や妖怪人間ベムなどを連想したが、fb友人からは妖怪ぬらりひょんやジュゴン、マナティ・・・といろんな意見が出た。


次(後編)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年2月16日にアップしました。)