モのロン化け6
アコガレの風雅舎/その1.アコガレの所以

(-_-;)写真重たいけどよろしく。

風雅舎の存在は1993年、ビズ誌(当時の誌名は、私の部屋ビス)で知りました。当時の私は園芸づいて三年目くらい。自らのスタイルや方向性を模索している真っ最中で、「花の庭を作ってみよう」加地一雅 郁代・著、婦人生活社・刊そういう時に出会ったビズ誌のインパクトは強烈でした。それを機にRHSJに入会、洋書を取り寄せたり、海外通販にチャレンジしたりと、私のGライフの中では、最もワクワクo(^-^)oした時期だったと言えます。
ところが、いざ向こうの植物を植えるとうまく育たん。英国と日本では、気候はもちろん園芸を取り巻く文化や思想も大きく違うことに気付き、挫折を感じ始めた時期でもありました。
それでもワーッと花の咲く「いんぐり庭」は素晴らしい。そのスタイルを基調としつつも、日本いや秋田の気候や風土に合った庭を作ってみたい。出来たら、ξ`◇´ξこりが私の庭だーっ!と言えるようなものを作り上げたい。
風雅舎がビス誌で連載していた「花の庭を作ってみよう」の記事は、そういった私に多くのヒントを与えてくれる数少ない情報源でした。
早いものであれから十年もの歳月が経ちました。今回(2003年6月28日、29日)、兵庫県の庭どころ花どころを安西さんや待雪草夫妻と一緒に廻る機会を得ましたが、そのトリ(6月29日の午後)に立ち寄ったのが風雅舎でした。

ビロウドモウズイカ スモークツリー

ここでも入口には、ビロモウの犠杖兵が立っておりました。この珍妙な帰化植物は北国特有のものだと思っていたのですが、今回の旅行では、西国でも頻回に見かけました(植花夢、山本地区、岡山・伊予田ガーデン、淡路島など)
スモークツリーは入園者の頭にかぶさるようにピンクの煙を放出しています。植花夢や伊予田邸にも立派なものがありましたが、こちらで代表させて頂きます。

庭園に入ると、最初に出迎えたのは、ハルシャギク。
ワイルドな草姿が心地よい。
庭園をし切るトレリスの回廊
(撮影:待雪草さん)

メインガーデンにはユーフォルビアの大株が。

これは Euphorbia characias でいいのかな。
バックのモデルは待雪さんの旦那。

芝生の縁に少し湿った一画があり、そこには白い鳥をイメージする草花があしらわれておりました。

シラサギスゲ(シューティングスター)
Rhynchospora colorata
中米原産。カヤツリグサ科としては
珍しく虫媒花と聞きます。
ハンゲショウ Saururus chinensis
こちらは鶴か白鳥をイメージします。日本原産で、ドクダミ科です。

シダレヤナギの下には小さな池があり、見慣れぬ水草が植わっていました。ナイフのような形をした葉はミズカンナです。

ミズカンナの繁み ミズカンナの花(待雪草さん撮影)
ミズカンナ Thalia dealbata は米国原産。所属するクズウコン科は熱帯に分布の中心があり、
日本には自生していない。同科のカラテア Calathea は観葉植物として有名。

時期のせいでしょうか。思ったよりも、花が少ないように感じました。続いて「陰グリッシュG」に進みます。


陰ぐりへの誘いに行く
モガ狂トップに戻る

(本頁は2003年10月11日にアップしました。)