lapisさんが語る英国園芸の意外な真実
8.晩秋のClivedenを訪ねて

21332.晩秋のClivedenを訪ねて
lapis@イングランド(南東部、罰金我無者)    11月10日(金) 14時29分
11月4日、明け方はマイナス3度まで下がり、朝、外を見ると、一面に霜が降りて真っ白になっていましたが、すばらしいお天気でしたので、たくさん着込んで、近くのClivedenに行って来ました。
Clivedenは、私の家から車でわずか15分の所にあるナショナルトラストのガーデンです。私は、勝手に私の another garden と称していて、散歩やピクニック、ちょっと豪華にそこのレストラン(ミシュランのシェフがいます)でランチなど、四季を通じて楽しんでいます。

緩やかに流れるテムズ河を見下ろし、彼方にバークシャーの田園地帯を見渡すことができる高台に位置する376エーカーという広大な庭園ですが、300年以上の長い歴史の間には、そこに住み、集まった人々の絢爛たる物語があります。
最も記憶に新しいところでは、皆さんの中にはキラー嬢と英政府高官たちの有名なスキャンダル事件を覚えていらっしゃる方もあるでしょうが、それもこのClievedenの豪華な邸宅が舞台だったとのことです。
この庭園は、このあたりでは有名なStowe(Stoweもバッキンガムシャーにあります)と並ぶランドスケープガーデンですが、woodlandsやフォーマルガーデン、herbaceous borders、ウォーターガーデン、トピアリーガーデンなどさまざまな部分が含まれています。

では、まずはウォーターガーデンから。
こちらの人は、日本風と中国風の区別のつかない人が多いので、友人にこれを「日本庭園」と言われてギョッとすることがあります。

例年と比べると、紅葉がもう一つ・・・というところです。

21334.
こちらでは、一番鮮やかな真紅に紅葉するアケル ルブルムですが、今年はまだ早いようです。
↑ アケル(エイサー)ルブルム Acer rubrum (和名アメリカハナノキ)
アケル(エイサー)ルブルムは大きな木になります。
21335.
雑木林を抜けていくと・・・
建物に続く大きなブナの並木がありますが、よーく見ると・・・
ヨーロッパブナ Fagus sylvatica
21336.
ほらね、見えますね。
なぜかここのブナの樹にはいつもヤドリギがいっぱいです。
21337.
この近くのコンサバトリーでお茶をして一息ついてから、建物のある方に歩いて行くと、急に視界が開けてベランダから下方にparterreと呼ばれる場所が見えます。
テムズ河も見えますね。
パノラマ写真で撮るときれいなのですが・・・。
階段を下りて、
下のparterreに降りていくと、見上げる位置に建物があります。
階段の間の壁に這わせてあるのは、タイサンボク Magnolia grandiflora でシーズンには見事な花をたくさん咲かせます。
あとは、ヤマブドウVitis coignetiae が壁を覆っていますが、ここの壁はシェルターになっているので紅葉にはまだまだのようです。
壁全体がワインレッドに燃え上がります。ツルッとしたボストンアイビーと違って、テクスチャーがとても面白いんですよ。
21338.
riverside walkの方に出て来ての景色で、下にテムズ河、遠くに田園地帯の景色が広がります。
元気ならば、急な斜面を下って、水辺近くまで降りる事もできるのですが、
今はちょっと無理です。
21339.
再び、woodlandに入って、松、オークや栗、ホリーやブナの樹などの間を歩いて行くと、
それらの樹々に混じって、セピア色の樹があちこちにあるのに気がつきます。
オーク Quercus の仲間ですが、種類が多すぎて、じっくり見ないとどれがどれやらよくわかりませんが、
いずれも秋にはセピアからレッドブラウンまでのすばらしい色に変わります。
↑↓ オーク Quercus の仲間

21340.
なんとなく、上を見上げて、驚きました。
↑↓ ヤドリギの集団営巣?
1本の樹にこんなにたくさんのヤドリギがついているのを見たのは初めてです。
上を向いて写真をとりまくったので首が痛くなってしまいました。
21341.lapis@イングランド(南東部、罰金我無者)   11月10日(金) 14時54分
最後に、トピアリーガーデンの一部を。
box(ツゲ)の中には、ユッカなどが植えてあったと思うのですが、植栽を変える準備中のようです。
晩秋のCliveden の一部をご案内しました。
もうすぐ、裸木ばかりの暗い冬になります。つかの間の鮮やかな紅葉・黄葉を楽しめるのはあと何日でしょうか。



21344.ムク@おやつタイム    11月10日(金) 16時11分
lapisさん、毎度ありがとうございます♪足の具合はどうですか?
>紅葉がもう一つ・・・というところです。
え゛( ̄(エ) ̄;)十分キレイと思いましたが・・・。例年はもっと美しいんですか?
そのお城はテレビで見たことあるどー(多分)
なんでだろ?イギリス人ってトピアリーが好きですよねぇ。
21347.モウ@week dayはweak!    11月10日(金) 20時57分
うわっ(^o^)lapisさん。晩秋もありがとん。紅葉も素晴らしいが、ヤドリギの集団も凄い。トトロがいっぱい止まってるみたいです。
只今、うちのBBSは他スレでも西洋と東洋の紅葉合戦の真っ最中のようですが、いずれも甲乙つけがたい。今年のメモリアルは紅葉をテーマにしたものが多くなりそう・・・
21354.メルモ@都内某所    11月10日(金) 22時33分
ああlapisさん、なんてきれいなんでしょう。
オークの黄葉の透明感がとっっってもすてきです。
ヤドリギがかわいい。
でもこんなに寄生されてしまったら、親木は大丈夫なのだろうか。

これでも例年より落ちるのですか?それなら例年の紅葉はどれほどのものでしょう。
大分お元気になられたようですが、気をつけて下さいね。
急斜面の昇り降りは、来年の春までお預けにしましょうね。
21380.ami@京都    11月11日(土) 22時44分
ピクチャレスクーとカタカナですみません(笑)しかし絵ですね。

>こちらの人は、日本風と中国風の区別のつかない人が多いので、友人にこれを「日本庭園」と言われてギョッとすることがあります。
そんな微妙なとこがまたいい感じに面白いと思います。日に照らされて散りゆく寸前光り輝く、感情移入してしまう光景です。
21383.花菱@横浜    11月12日(日) 0時53分
うわ〜晩秋ですね(^^)
こんな時期も訪ねてみたいなり〜休みが欲しい(;^^A
そりはさておき、朝暗いし、陽が落ちるのは何時なんでしょう(^^;?
時間厳守で出掛けなきゃ巡りあいそうにもありませんね!
シノワーズっていうものですかね?
キューGの中国塔は今年は中を公開してたようですが、テムズを望んで全体が見えるのかな?と想像。中は階段だけだよね、きっと。
でも、lapisさんの写真の方が全然よさげ〜(^^*)
21386.arisu@しんじょう(=^^=)♪   11月12日(日) 9時22分
lapisさん。晩秋のイングランドレポありがとうございます。
回を増すごとに、イングランドの魅力に引かれていきます。綺麗に整った形、トピアリーの鳥さんがかわいいなぁ。(^^)
手入れが大変そうだわ。
21388.lapis@イングランド(南東部、罰金我無者)    11月12日(日) 9時37分
晩秋のこちらの庭園を楽しんでいただけたようで、うれしいです。
それと、皆様から足のことをお気遣いいただくレスを何回もいただきまして、ありがとうございます。今までお返事もせずに申し訳ございません。
私事ですが、この場をお借りしてちょっと・・・
骨折の場所がまれな所だったのと、靭帯も傷めてしまったので、回復にはかなりかかるとのことで、気長にリハビリを続けないと仕方がなさそうです。毎週末、何処かのガーデンに歩きに出かけていますが、杖を使わないと長くは歩けませんし、夜になるとうっ血して腫れてくる状態がまだ続いています。
でも、ギプスが取れてから初めてガーデンに出かけたときは車椅子でしたから、クリーヴドンの広大な庭を何とか歩いている事を考えると、自分では、大変な進歩だと思っています。
本格的な冬の来る前に、できればもう一度くらいレポートができればと思っていますので、よろしくお願いいたします。
画像は、上右が中国風東屋の反対側からの風景で、↓がアケル(エイサー) パルマータム ダイセクタムが燃えています。
Acer palmatum var. dissectum (イロハモミジの変種)

21413.モウ@秋田は冬支度    11月12日(日) 16時29分
>本格的な冬の来る前に、できればもう一度くらいレポートができればと思っていますので、よろしくお願いいたします。
いえいえ。こちらこそ。ありがとうございますm(_ _)m

>画像は、中国風東屋の反対側からの風景で、アケル(エイサー) パルマータム ダイセクタムが燃えています。
ホント。燃えてますね〜。
今年のうちの庭は不発でした。色づく前に(つдi)あうぅ。暴風雨で皆吹っ飛ばされちゃった。
先ほど雨の晴れ間を見て百合の球根埋めをしてたら、今度はめいっぱいアラレちゃんが叩きつけてきました。
例年なら地面が真っ白になっていてもおかしくない時期なのですが、今年は少し遅れているようです。
晩秋のモ庭 2006/11/19
枯れ出した庭草は次々と刈り取る。今はアガパンサスや一部グラスを残すのみ。
剥き出しの地面のスペースには球根が埋まっている。

今日で庭の冬支度もあらかた終了。車のタイヤ交換もインフルエンザの予防注射も済ませました。
いつ冬が来ても(○`ε´〇)ドスコイでありまっす。


┬┴┬┴┤π`;) 2006年の秋、lapisさんがホームページ(BBS主体)を開きました。 → みどりのゆび Green Fingers

次(最後の紅葉ハンティング)行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2006年12月9日にアップしました。)