lapisさんが語る英国園芸の意外な真実
エゲレスカンアオイの誘惑 2008秋 (原種シクラメン・レポート)3

葉っぱふみふみシクラメンのおまけ!
lapis@イギリス南東部    (大関/120回) 2008/12/09(火) 22:56
No. 1768
12月初めの嵐の日にウィズリーに行くと、外は寒いので、
込み合っているのは大温室ばかり。

アルパインハウスを覗いてみても人っ子一人いません。
アルパインハウスの主の猫のサニーちゃんでさえも、
寒いせいかどこかに避寒に出かけて留守でした。

ちょっと寂しい今の時期ですが、思わぬめっけものがありましたよ。
原種シクラメンの葉っぱがいっぱい♪
その中から少しピックアップしてみました。
いずれも本当に小さいです。





No.1769
コウムには小さい蕾が。

No.1771
グリーンとシルバーの対比がくっきり!

No.1772
IDUさん曰く観葉ベゴニア? 

No.1773
いぶし銀?

No.1774
長葉シルバー

No.1775
はっぱのなかにはっぱ?

No.1776
みだらなまだら?

No.1777
これもベゴニア?

No.1778
花が咲くと印象が変わるのでしょうね。

No.1779
このあたりになると、
テカテカしてちょっとねぇ。。。
 
ということで、オマケのはっぱ。
きりがないのでとりあえずはこのへんで。

メルモ@都内某所 (前頭/76回)   ..2008/12/09(火) 23:32
No.1781
るんたった♪

またまたリアルタイムで見守ってました、
花魁行列のごとききれいどころの競演。
lapisさん、おまけをいっぱいありがとうございます^^
子どもの頃、付録の厚みで漫画雑誌を選んでいたことを思い出し‥ (^^; )☆\バキ!

見とれてしまうわ……
この鉢が埋めてある(んですよね?)土と、鉢の中の土は同じ配合なんでしょうかね。
ムク@雪でなくて雨 (序の口/4回)   ..2008/12/10(水) 00:13
No.1784

るんたるんたるんっ♪
こっちのシリーズの方がスキかも。
おまけっていいわねぇ(しみじみ)( ̄(エ) ̄;)☆\バキ!
しかし、ホントこんなにモッコリさせるにはどんな技を使ってるんでしょうか〜?
ami@京都 (前頭/67回)   ..2008/12/10(水) 00:59
No.1785

ひぇぇぇぇぇ!
lapisさん、すばらしい原種シクラメンショーを拝見出来て非常に楽しいです♪
元のスレッドが長いのでここに付けます。

葉っぱの美しさもですがわたしはlapisさんレポートの会場の雰囲気が伝わるお写真も楽しみにしております。
土管みたいな無骨な鉢の大小に植わっている珍品たちの様子、
この植物の銅版画のような雰囲気は葉の細かな模様からそう思うのか。
ボタニカルアートの展示なんて、ひゃ〜見てみたい!

銀を混ぜたような葉色、どうやって出てくる色なんでしょうね、ほんとに多種多様〜。

これだけ圧倒的な葉芸を見ると花は二の次な気がします。







lapis@イギリス南東部 (大関/131回)   ..2008/12/10(水) 01:15 No.1786
メルモさん
>この鉢が埋めてある(んですよね?)土と、鉢の中の土は同じ配合なんでしょうかね。

アルパインハウスの展示はいつも鉢植えが埋め込みになっているのですが、殆ど毎月プランツは変わっていますから、
鉢の外は同じ土じゃないでしょうか。
一部分に、石灰岩のような場所が作ってあって、そこは酸性土が嫌いなプランツの定位置のようですよ。
ちなみに、こんなのです。

昨年はアルパインハウスも新しくなったので、もっと広い場所に移転かなと期待していたのですが、元の煉瓦の土台の上にグリーンハウスの部分のみ新しいのがくっついただけでした。
これもやはり大温室に莫大なお金を掛けたせいでしょうかしら。

いつか、キューガーデンの新しいアルパインハウスのレポートをと思っていますので、
気長にお待ち下さいね。



















lapis@イギリス南東部 (大関/132回)   ..2008/12/10(水) 07:48
No.1788
ムクさん
>しかし、ホントこんなにモッコリさせるにはどんな技を使ってるんでしょうか〜?

ウ〜ン、どうなんでしょうね。
土については確か昨年のレポートに書いたような気がするのですけれど・・・
ウィズリーは アルパイン専門のガーデナーさんが育てるのでしょうし、
シクラメン協会の人たちは、アマチュアでも玄人はだしの人たちが多いでしょうしね。。。

lapis@イギリス南東部 [URL] (大関/133回)   ..2008/12/10(水) 07:52
No.1789

amiさん
こちらの展示会の時の植木鉢って、ホントに一番安手のフツーの素焼き鉢なんですよね。
鉢よりも中味で勝負ってことなのでしょうか。

ボタニカルアート、例のアフリカ象の饅頭ごと描いてあるのとか
結構面白いのがあったのですが、ガラスに蛍光灯が反射してうまく撮れませんでした。残念!

とみちゃん・ビンゴ♪ (小結/81回)   ..2008/12/11(木) 21:09 No.1802
いいな〜!
でも、見るだけにしよう!
もしゲットして壊したら立ち直れないものな〜
No.1778の葉っぱ、ブローチにしたい。

┬┴┬┴┤π`;) 2006年の秋、lapisさんがホームページ(BBS主体)を開いてます。
 ⇒ みどりのゆび Green Fingers


次(原種シクラメンへのいざない2008日本版)行くよ〜
lapisさんの次の頁は ⇒ 「小さな春の兆し スノードロップの白いさざなみ 2009
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2009年1月31日にアップしました。)