lapisさんが語る英国園芸の意外な真実:2007年版
5.Savil Gardenのディエラマ大漁唄いこみ♪

26274.あっちを向いてもディエラマ、こっちを向いてもディエラマ
lapis@寒さの夏は、おろおろ歩き   7月21日(土) 2時2分
いまさらディエラマの事と言われそうなのですが、いつも行くSavil Gardenの中にあるドライガーデンで、
少し前にちょうどディエラマが花の時期で、写真を取ってきたので貼りますね。
確か、なかなか全体像が・・・とおっしゃっていたように思いますので、全体がわかるように撮りました。
以前に書き込んだように、こちらでは池の周辺に植えられる事が多く、先日珍しくBeth Chattoさんがウォーターガーデンのインタビューでテレビに出てこられたのですが、その背景の池の周りにもディエラマの姿がありました。

でも、ここではドライガーデンに植えられていて、周りの植栽を見るとアフリカや地中海沿岸の乾燥に強い植物ばかりです。
見渡すとあちらにもこちらにもディエラマがいっぱいと言った感じで、とても居心地がよさそうに見えました。
風がかなり強い日でしたが、その風の中でゆらゆら揺れている姿は、とても自然な感じで、ああ本来はこういう姿を楽しむものなのだなと思いましたよ。

花色はうすいピンクから濃いピンクまで、数種類あるようでしたが、品種名はちょっとわかりませんでした。
D.pulcherrimum 'Album'の名札も見ましたが、白花はまだ咲いていませんでした。
風のために写真がぶれているのは、ご容赦を。

まずは、ディエラマ・プルケリーマム Dierama pulcherrimumから。





26275.
小型のディエラマ・ドラコモンタナム Dierama dracomontanum (またはD.pumilum)は、高さ70-80cm位ですが、
サーモンピンクの花が可憐で、群生していると本当に綺麗でした。(これは巾3m程の群生)

26276.
遠景から見ると、こんな感じです。


26277.モウズ烏賊   7月21日(土) 9時8分
lapisさん。ありがとうございました。
珍しい花風景にうっとりです。
例のディエラマ特集に追加させて頂きたいと思います。
26278.setton8@関東内陸南部   7月21日(土) 10時36分
lapisさん、お久しぶりです。
ディエラマの全貌がよく分かる画像をありがとうございます。
こんなに見事には普通うなだれることはできませんよね。頭が重いとたいていは一定の角度以上になると寝ちゃいますよね。
なので、なぜこんなにキレイに放物線状になるのか不思議で仕方ありません。だから、天使の釣り竿って言われるんでしょうね。
26280.てぬ   7月21日(土) 10時51分
lapisさん、お写真ありがとうございました。
とても自然な感じに見えますね、環境が合っているのでしょうね〜♪
>池の周辺に植えられる事が多く。周りの植栽を見るとアフリカや地中海沿岸の乾燥に強い植物ばかりです。
適した環境は・・・?(^^ゞ
26283.ムク@薄日来たーっ!   7月21日(土) 12時40分
( ̄(エ) ̄;)大漁じゃねぇかっ!と、とりあえず叫びましたー。
実物を見たことがないので、その集団がどんなものなのか?写真を拝見しても想像ができません・・・。あるとこにはあるんですねぇ(しみじみ)
淡いピンクが涼しげ♪
lapisさん、ありがとうございました!
イギリスは、もう落ち着いたんですか?一時は何が何だか状態だったみたいですが・・。
26292.IDU@関東某所   7月21日(土) 18時44分
どっちを向いてもディエラマ〜♪何所まで行ってもディエラマ♪
うははぁ〜。よいなぁ。家のは一株種がついてきたので放置してみようと思います。(もしこぼれ種で出たら、間違えて抜きそうですが)
背景に人工物がないのがポイント高いですね。家なら電柱も家屋も全部写りこんでしまいますわ〜。






26293.lapis@寒さの夏は、おろおろ歩き   7月21日(土) 19時38分
(一部略)
いろんな庭園で、今までにも何度もディエラマを見ているのですが、
いつも行っている所にあるとは、灯台下暗しでした〜。
自分の庭ではここ数年はただの草ですし(笑)、ドンジャラで拝見するまで、そんなに日本で難しいプランツだとは知りませんでした。

たまたま、別のことでBeth ChattoさんのTHE DRY GARDEN と言う本を開いたのですが、そこにディエラマについての記述がありましたので、一部抜書きしますね。
・・・comes from South Africa,the East Cape Province,on mountain sides in rich moist soil , part shaded.
I find it doing very well in my well-drained soil in full sun,provided that we have dug in plenty of humus.
I think it could be killed here in heavy wet soils if deeply frozen. ・・・・
との事ですので、前にモウさんやパスタイムさんが貼っていらした現地の風景は、乾燥しているように見えたのですが、実は湿気のある半日陰のような所だったのですね。
ベスさんも池の周りだけでなく、ドライガーデンにも植えていらっしゃるようですが、たっぷり腐葉土を入れているみたいです。Berkheya purpurea 'Silver Spikes'
Savil Gardenもドライガーデンと言っても、もともとが非常に湿気た土地ですので(ガーデンの1/3位がbog garden で、日本の山野草なども良く育っています)、それがうまく合っているのかもしれません。
改めて、パスタイムさんはお上手に環境を整えて植えていらっしゃるなあと思いました。
半日陰でいいのなら、私ももう一度挑戦するかな?

ディエラマの周りには、例えばこんな子もいたりしました。
バーケーヤ・プルプレア Berkheya purpurea 'Silver Spikes' とか
Eryngium agavifolium他いろんなエリンジウムやユーフォビアも。
26294.モウズ烏賊   7月21日(土) 19時50分
(一部略)
Berkheya purpureaのワイルドな美しさにドキッ!としました。
検索してみたところ、国内では一例だけ報告はありましたが、まださっぱり知られていない植物のようですね。
南アフリカのフロラって凄い!
26301.lapis@寒さの夏は、おろおろ歩き   7月22日(日) 4時57分
Berkheya purpureaのワイルドな美しさにドキッ!としました。
さすが、モウさん!
私も、昨年この子に気付いてから、ずーっと気になっているプランツなんです。
キク科の花らしいですが、葉っぱはアザミのように鋭いのに、花は大きいデージーのようで、淡いモーヴ色が葉とは対照的に柔らかい感じで、とても印象的です。
イギリスでは、ここ以外では余り見かけた覚えがありません。
黄色い花が咲くバーケーヤ・マクロセファーラ Berkheya macrocephalaはけっこう見かけるのですけれど。
モウさんが見られたブログの方は、たぶんT&Mの種から育てていらっしゃると思います。
その方のブログにある情報は
http://www.plantzafrica.com/plantab/berkpurp.htm
からのようですね。Berkheya purpurea 'Silver Spikes'の花アップ

てぬさん
>(ディエラマに)適した環境は・・・?(^^ゞ
Berkheya purpureaを検索した同じplantzafrica.comのディエラマのページによると、ベスさんの記述とは違って、できるだけ日当たりの良い所で栽培するほうがよいとなっています。
土はやや酸性がかって、肥沃な土が良く、水はけの良い土・湿り気のある土どちらにも適応するそうです。
5年あるいはそれ以上、株を動かさないように、そして周りの枯れたところ以外は葉を切らないように、とあります。
詳細は
http://www.plantzafrica.com/plantcd/dieramapend.htm









26302.てぬ   7月22日(日) 8時8分
lapisさん、お返事有難うございます。
ディエラマの好みは、日当たりが一番なのですね。肥沃であれば土にはあまりこだわりがないのですね。
う〜、うちは半日陰なのです。うちのものは花友家に譲る選択がディエラマにとって幸せなのかもです。
26311.メルモ@都内某所   7月22日(日) 11時58分
lapisさん
なんというディエラマの群生!
これは肉眼で見るともっと花が際立って見えたのだろうなーと、脳内補正しています。
生育環境の情報も有り難うございます。
日当りや5年以上動かさない方が良いなどの条件では、ウチでは無理だと納得しました。Eryngium agavifolium
皆様の投稿を楽しみにお待ちします。
26316.おいらはディエラマー♪ヤクザなディエラマー♪おいら〜が叩けば☆\バキ
モウズ烏賊   7月22日(日) 13時30分
脱線して失礼。
26293.Eryngium agavifolium他いろんなエリンジウムやユーフォビアも。
エリンジウム・アガヴィフォリウム Eryngium agavifoliumって、南アフリカ原産かなと思ったら、南アメリカ・アルゼンチンなんですね。→こちら
更に手餅の書籍で調べたところ、エリンジウムの仲間は、ユーラシアからアフリカ北部、南北アメリカまで広範に分布するのに、何故か日本には自生しないんですね(お隣の中国や韓国にはあるようだ。)
なんかデルフィニウムの分布パターンに似てますね。
エリンジウムとデルフィニウムは、園芸づいた頃からずっと惹かれるものがあるんですが、共通項は日本に自生が無く、青い花を咲かせる点か。
(一部略)
26322.樹音@焼肉日和   7月22日(日) 20時19分
ワ〜イ lapisさん ありがとうございます。
なんとナチュラルな御姿 遠目には株立のグラス系なのですねー。
憧れますです、不可能なの解かってしまったんで、余計に憧れな仔でする。

Berkheya purpurea・・ うん素敵な花ですね、が、見るからに凄そうなトゲですな・・
こりゃ母にどやされそーなんで・・ 植栽可能でも「却下」ですねん。。
26325.lapis@寒さの夏は、おろおろ歩き   7月23日(月) 7時44分
メルモさん
>これは肉眼で見るともっと花が際立って見えたのだろうなーと、脳内補正しています。
そうなんですよね。
花もそうですが、風に揺れる姿と言うか風情がすばらしいのに、それをお伝えできないのが、残念です。
自分の背よりも高い空中であのエレガントな花がゆらゆらと舞っているとでも言えばいいのでしょうか。
(一部略)
モウさん
>エリンジウムとデルフィニウムは、園芸づいた頃からずっと惹かれるものがあるんですが、共通項は日本に自生が無く、青い花を咲かせる点か。
もう一つの意外な共通点は、どちらもナメクジの大好物だということです。(×_×;)
こちらのナメクジやカタツムリの被害は到底日本では想像もつかないほどすごいのですが、大好物No.1はもちろんホスタ!!!
No.2はデルフィで、どちらも一晩でスジだけになってしまいます。
いろんなエリンジウムを育ててみて、意外だったのは花茎が出る前のエリンジウムの葉もナメさんたちの大好物だと言う事。
今年も4種類20本の苗を植えて、無事に花が咲いたのは2本だけです。花茎が伸び始める頃になると葉っぱも硬くなるので大丈夫なのですけれどねえ・・・その前に跡形もなくなってしまいます。
樹音さん
私も実はトゲものは苦手なのですが、エリンジウム、エキノプス、アカンサスなどは許容範囲内です。
でも、大好きなベリー類が植えられません。(>。<)
Berkheya purpureaも、すっごいトゲですもんね!
26328.ami@松任   7月23日(月) 16時10分
おお!実物を見たことがないのですがモビールのようなフラフラした動きが感じられるお写真ですね。

後日談
27132.てぬ   9月8日(土) 11時27分
lapisさんの壮絶伸び伸びディエラマいいですね〜
上から4枚目のお写真見ていたら花友家のホットリップスをてぬさん提供。ホットリップス&ディエラマなんとなく連想したので貼ってみます(^^;☆\バキ
27133.ムク@真夏かっ!?
  9月8日(土) 13時4分

てぬさんのホットリップス、ホントにディエラマみたい!!
ムクんちのはもっと暑苦しい・・。
ので花が付いてる部分もバッサバッサと刈ってしまいました。
もっと透かすように刈ればよかったナ。。
あと、ガウラなんかも似た感じでしょうかねぇ。。サーモンピンクのガウラがあれば欲しいなぁ。。

てぬさん。後ろの方にディエラマのような白い花が弓なりになってるように見えますが・・何でしょうか?
27134.てぬ   9月8日(土) 14時3分
ムクしゃんすごーい!
大画面で見たら本当にディエラマでしたぁ。
まーったく気づきませんでした。なんだかlapisさんに繋がったみたい(^^;☆\バキ
27135.lapis@ (イングランド南東部)   9月8日(土) 18時43分
随分ご無沙汰してしまいました。
台風9号は、オホーツク海へ抜けたそうですが、皆様の所で被害が少なかった事を祈っています。
(一部略)
・・・と言うようなわけで、ドンジャラもいつもROMばかりでしたので、ディエラマがメモリアル化とは思っていませんでしたので、ありがとうございました。
てぬさんのホットリップス、可愛い♪
うしろには、ちゃあんと白花のディエラマも。








27137.ムク@携帯から   9月8日(土) 19時47分
てぬさん。やっぱり〜?
だものディエラマに見えますよね(* ̄mm ̄*)本物が後ろから手伝ってるんですもの。

27147.lapis@ (イングランド南東部)   9月10日(月) 4時35分
・・・できる限り長くガーデニングができるように、お互い健康に気をつけて過ごしましょうね。
モウさんも、くれぐれも無理なさいませんように。
写真はディエラマ
枯れ姿
友人の話では、発芽率は非常に高いとのこと。
次いでバーケーヤ・プルプレア Berkheya purpurea
枯れ姿
これはやっぱり、庭には要りませ〜ん!

グラスに混じって今満開の
シゾスティリス(スキゾスティリス)・コクシネア Schizostylis coccinea 'Major'
ウインターグラジオラス、Kafir lillyとも呼ばれる。


┬┴┬┴┤π`;) 本頁の写真は27132.のホットリップスを除き、全てlapisさんが提供されました。
 2006年の秋、lapisさんがホームページ(BBS主体)を開きました。 → みどりのゆび Green Fingers

ディエラマ関連の他ページ  → 1.モ庭編 2.パ裏山編

lapisさんシリーズの次はエゲレスカンアオイですが、
アスターにも寄ってみて下さい。
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2007年9月7日にアップしました。9月9日、11日、後日談を追加。)