lapisさんが語る英国園芸の意外な真実:2007年版
4.石楠花三昧の日

24744.シャクナゲ三昧の日
lapis@ (イングランド南東部)   2007年5月8日(火) 18時0分
4月21日、ツツジとシャクナゲを見に行ってきましたので、その時の様子を。
(例年ならば、5月上旬頃から見ごろになりますが、何もかもが咲き急いでいる今年は、シャクナゲも例年より半月ほど早いようです)
またまた、Savil Garden ですが、ここは四季を通じていつ訪れてもすばらしいのですが、特にツツジとシャクナゲは有名です。
woodlandの中はこんな風で、満開のツツジと石楠花の間の道をゆっくり散策しました。
土曜日にもかかわらず、庭が広いので余り人に出くわす事もありません。

24745.
途中で、こんな水のある風景も。
おっ、そろそろ大怪獣グンネラも目を覚ましたようですね。

24746.
この日はツツジが満開状態で、石楠花はまだ半分くらいと言った状態でした。
日本のツツジの種類もとても多いのですが、それは日本で見飽きていらっしゃるかなと言う事で、シャクナゲのみ。
この日は、かんかん照りの一日で、花の色が見事に飛んでしまっているのは、平にご容赦を!
まず最初は,小さめの可愛い Rhododendron 'Dr.Stocker' x williamsianum
そして、綺麗なクリーム色の Rh. 'Katherine Fortescue'

24747.
これも綺麗なクリームイェローでしたが、木が茂りすぎて名札が見当たらず。左右別種です。
(以下、名前のないものは茂りすぎ、あるいは奥の方にあって名札が見えず、名前不明です。)

24748.
純白の花が遠目にも目立ちました。
Rh.'King George'  淡いピンクから白へと開花。巨木です。

24749.lapis@ (イングランド南東部)    5月8日(火) 18時12分
可愛いピンク2種で
Rh.(keiskei x racemosum) 'Vinestar'
右 Rh.(orbiculare x williamsianum) 'James Barto'

24750.
蕾の色と開花の色が絶妙な
Rh. 'Loderi Venus' x Hawk Crest
淡いピンクの霞みのような
Rh.(pemakoense x davidsonianum) 'Phalarope'

24751.
木陰の道を抜けていくと、目の覚めるようなヴァイオレットです。
ロドデンドロン・アウグスティニー Rh. augustinii

24752.
小花が余りにかわいいので日本のツツジも一つ。
濃い紫のシャクナゲとの組み合わせが抜群でした。
Rh. serpyllifolium var. album

24753.
真っ赤なシャクナゲは、強い日差しに反射してこんなになってしまいました。 (×_×;)

24754.lapis@ イングランド南東部    5月8日(火) 18時27分
目がチカチカしたので、みどりのある風景をどうぞ。
ご紹介したのは、ほんの一部の花で、巨木になるシャクナゲはまだまだこれからと言ったところでした。

24758.arisu@しんじょう(=^^=)♪    5月8日(火) 20時53分
lapisさん。どれもこれもいい色ですね。
まるで花の回廊を彷徨っている様な錯覚を覚えます。
中でも濃い紫のシャクナゲは心惹かれますね。

>大怪獣グンネラ
なかなか、ユニークな形だわ。以前、枯れた状態の物を紹介して下さいましたよね。(こちら参照)
モウ様のお気に入りかしら?
シャクナゲはまだまだこれからとのこと
よろしかったらまた続編をお願いしますね。(^^)
24763.ami@京都    5月8日(火) 22時28分
シャクナゲは日本よりヨーロッパの方が育ちがいいんですかね?これは原産地は中国?
シャクナゲといえばかつてテレビに映るキューガーデンでインタビューを受ける某三浦さんの座るベンチの後ろのでっかいシャクナゲに魅入られたものでした。
バンクーバーでもその季節だったのでどこの園内もシャクナゲだらけで素敵でした。
ところでlapisさん、ロドデンドロンをシャクナゲやツツジと英国でも分けた呼び方はあるんですか?
わたしは紫色のが一番感動しました♪
24778.メルモ@都内某所   5月9日(水) 0時40分
美しい・・・
#24744の画像なんて、絵画のようです。ああ、こういう場所に行ってみたい。
当たり前に普通にシャクナゲが植栽されてますよね。
ところで
amiさんが書いておいでのように
> ところでlapisさん、ロドデンドロンをシャクナゲやツツジと英国でも分けた呼び方はあるんですか?
これ、私も疑問に思っていました。
翻訳ものの小説を読んでいると、これは一体どちらだろうというか、翻訳家もどっちか判らずに訳してるなあと感じる場面がよくあるんです。
24782.lapis@ イングランド南東部   5月9日(水) 8時28分
arisuさん。
大怪獣グンネラの夏の勇姿も、またそのうちに貼りますね!
先週末、シャクナゲの続きと、満開の藤を見に行く予定が、車の故障でだめになったので、高木になる種類のシャクナゲが咲いている間にまた行きたいと思っています。
紫色のツツジやシャクナゲって、けっこう多いみたいですよ。

amiさん。
シャクナゲの原産地はヒマラヤや、中国の雲南省、四川省などの山奥、そして北アメリカ東部、ヨーロッパの一部のようですね。
日本もその中に含まれていますよね。
イギリスの土がツツジやシャクナゲに適しているとは思えないのですけれど、なぜかあちらこちらにすばらしい庭園がありますね。

イギリス人の一番好きな花は、もちろんバラですが、ツツジ・シャクナゲも非常に好まれていますね。理由は、一年を通じて常緑の葉が美しいこと、木全体を覆うように見事な花を咲かせること、ピュアー・ブルーとピュアー・ブラックを除いて殆どすべての花色があることがあげられるようです。

>ロドデンドロンをシャクナゲやツツジと英国でも分けた呼び方はあるんですか?
学名で言う時にはもちろんRhododendronを使いますけれど、そうでない時は、Rh.とAzaleaに分けて使っています。
どう分けるかについては、けっこうむずかしいようです
ねえ・・・

メルモさん。お久しぶりです。
そうなんですよね。当たり前に普通に、シャクナゲがこれでもかとわんさか植えてある庭園が多いですね。
ここもそうですが、そういう庭園って、ツバキやマグノリアもわんさかです。たぶん土が共通して合うのでしょうね。
シャクナゲの咲き乱れる下には、こんな子もいたりして・・・
24787.ムク@携帯から   5月9日(水) 12時59分
会社パソぼっこれてまして(-_#)
携帯画面でも凄い迫力だっ( ̄(エ) ̄;)
長崎でしたっけ?ツツジの名所が今年は全く花が咲かなかったというのは。
芽が出てからの寒波にやられたそうですが、イギリスではそんな被害もなかったみたいですね。
群馬にもツツジの名所がありますが、子供の頃行ったきり。。あそこはツツジだけだったかな。シャクナゲもあったのかなぁ。
24808.樹音@しばし多忙中っす。   5月10日(木) 16時10分
んんにゃ〜〜 凄い・・ お見事にでかいですね・・ 
こちらでは自生種以外は余り目にしませぬ・・ 勿論俗に言う「西洋シャクナゲ」は殆ど持ちませぬ。
丈夫な原種の日光とかが濃い、肉厚な丸葉の物はなんとか持ちますよん。
樹音も紫系のが好きですねー 花のちっこいタイプが良いな♪ シャクナゲかツツジか解からないけんど・・。

(一部略)
24828.mou@秋田   5月11日(金) 20時18分
うっ(^^;)本スレにはまんだ一度もコメントしてなかった。スマソ

メさん>>ロドデンドロンをシャクナゲやツツジと英国でも分けた呼び方はあるんですか?
(^o^;)ワダスも同じ質問を投げかけようと思ってました。

>学名で言う時にはもちろんRhododendronを使いますけれど、そうでない時は、Rh.とAzaleaに分けて使っています。
>どう分けるかについては、けっこうむずかしいようですねえ・・・

なるほろ。φ(..)メモメモ
oakの訳がカシかナラかで揉めた話をふと思い出しました。
24833.lapis@ イングランド南東部   5月12日(土) 9時19分
>>ロドデンドロンをシャクナゲやツツジと英国でも分けた呼び方はあるんですか?
>(^o^;)ワダスも同じ質問を投げかけようと思ってました。

>学名で言う時にはもちろんRhododendronを使いますけれど、そうでない時は、Rh.とAzaleaに分けて使っています。
>どう分けるかについては、けっこうむずかしいようですねえ・・・


そうなんですよねえ。
大きいのをロド、小さいのをアゼリアとして分けると、3mを越すアゼリアや地面を這う小さいロドもあり、常緑をロド、落葉をアゼリアとして分けると、葉を落とさないアゼリアもあり、ロドの雄しべの数は10で、アゼリアはもっと少ない・・・と言った具合だそうですよ。
いずれにしても、30センチのロックガーデン向きから、6x6mと大きくなるものまであり、花の時期も2月から8月までの間、次々とどれかが咲いているのですから、人気のあるのもわかる気がします。
シャクナゲは派手好みの西洋人向きで、日本人は、ツツジの方が好みではないかしらと思うのですが、どうなのでしょうね。

私はシャクナゲを見に行っても、葉っぱや下草の方に興味を持ってしまいます。
右上は、私の好きなシャクナゲの葉っぱベスト1
右下は、ロドデンドロン・ケサンギア Rh.kesangiae
1枚の葉が20−30cm位あります











24834.
シャクナゲの林の下には、こんなのも。
コリダリス・スコウレリ Corydalis scouleri

24837.mou@秋田    5月12日(土) 14時10分
いっ(^o^;)いくらなんでも、エゾオオケマンが生えてるわけはないよねと思いましたが、やはり別種でした。
24834.の一枚目はコリダリス・スコウレリ Corydalis scouleri (北米北西部原産)でいいのかな 。コリダリスは小型のものも良いけど、こんなふうにやたら葉が多いのも好いですね。
二枚目写真の植物同定は他の方にお任せします。
24869.花菱@横浜    2007年5月13日(日) 23時53分
うお〜石楠花洪水(^^)
この仲間って、本当に花山ごとく咲きますよね〜
葉っぱも常緑で好きなのか・・・意外な気がします。
赤は暑苦しいので、やはり薄黄、白。紫が気になります(^^)
24833の写真を見ていたら、枇杷の葉っぱに似てるなあ〜ギザギザ違いだけど〜綺麗な写真ですね(^^)
24834.下草のホウチャクソウ花似はなんでしょうね〜

┬┴┬┴┤π`;) 2006年の秋、lapisさんがホームページ(BBS主体)を開きました。 → みどりのゆび Green Fingers

次(ディエラマ)へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2008年2月16日にアップしました。)