lapisさんが語る英国園芸の意外な真実
6.秋のWisley Garden

20639.秋のWisley
lapis@イングランド(南東部、罰金我無者)   10月7日(土) 7時17分
先週のSavil Garden (2)に続いて、9月末日、Wisleyに行ってきました。
このところの不安定な天候で、前夜もかなりの大雨が降り、この日も午後から雷雨との予報の中、また駆け足になりますが、
秋のWisleyの様子をちょっぴりだけお知らせします。
まずは例の大きいボーダー(7月の模様は此方
もうフロックスなども終わり、ここでもグラス類が目立つようになりました。
私がこちらに住むようになったころはパンパースなどを除いてはグラスのボーダーへの混植は少なかったと思うのですが、
今では当たり前と言うか、なくてはならないものになっています。あとは、アスター、ルドベキア、カンナなどがまだまだ元気です。

次はシーダムを除いてはすべてアスターのボーダー。
とても鮮やかで、後でもう一度詳しく品種名などを確かめに戻るつもりが悪天候でだめになってしまって残念・・・

20640.
続いて、Canna 'Panache'
花は小さめですが、とてもきれいな薄いピンクで7月末に訪れたときすでに開花していましたので2ヶ月以上咲き続けていることになります。
背はぐんと伸びていますが、葉もきれいなままですし、いいですねえ。
カンナについては、いつかもっと詳しく書きたいと思っているのですが、ここ数年の活躍ぶりはすごいですよ。
戦後の焼け野原のイメージなど、とんでもない!
れは(ク)ニフォーフィア Red Hot Porker (Kniphofia 'Percy's Pride')。
こちらではこれも欠かせないプランツで、もともとの赤と黄色のだけではなく、黄色、オレンジ、サーモンピンクから白までいろいろな品種がそろっています。
品種によって初夏から秋まで長い期間開花し、ボーダーやグラスガーデンには欠かせません。
┬┴┬┴┤π`;)  この植物は「トリトマ」Tritoma の呼び名の方が通りがいいかもかもしれません。
他にTorch Lilyという英名があるが、和名の「シャグマユリ」というのはさっぱり聞かん。

20641.
なんだかひっそりとしてしまったトロピカルガーデンですが・・・
近づいてみると、こんな派手派手スカートを穿いていたりして。
イレシネ 'ブリリアンティッシマ'
Iresine herbstii 'Brilliantissima'

(和名:マルバヒユ/ケショウヒユ)
同じく派手ながら、ちょっとシックな
イレシネ リンディニィ Iresine lindenii

20642.
Castor oil plant (Ricinus communis)
日本ではトウゴマ、(アカ)ヒマと呼ばれるヒマシ油の原料になるプランツですが、こちらでは夏の定番としてボーダーなどに植えられています。
怖いのは種子に猛毒を含むということを知らない人が多い事です。
テロリストがリシンを所持していた事があったり、アガサ・クリスティの小説にも確かこのプランツが殺人に使われるのがあったと思うのですがねえ。
日本でのガーデンでの利用はどうなのでしょうか。
┬┴┬┴┤π`;)  少ないです。
秋田では、ワタシが一時、実家で栽培を試みた以外は、ジャンゴで稀に見かける程度です。

20643.
秋なので実物も。
別スレにも貼ったクラブアップル Malus 'Golden Hornet'












20644.
次は、カラマグロスティス Calamagrostis brachytrica
とてもソフトな感じの微かにピンクがかったきれいなグラスです。強風と雨にも負けず形を保っていました。
グラスガーデンはもっといい所があったのですが、お茶を飲みにカフェに入った途端にものすごい雷雨になって、
その後は10分毎に晴れと豪雨を繰り返すと言うとんでもない天気になってしまったので、早々に引き上げてきました。
水滴のついたグラス類がとてもきれいだったのですが・・・
次回はたぶん、Apple tasting Day か、紅葉のころに。
20647.モウ@ずぶ濡れ   10月7日(土) 8時55分
20644のグラスには惚れ惚れしてしまいました。
私も可能ならあんな風に・・・
さて、今日の秋田は今年には珍しく二日連続の本格雨です(8,9月はほとんど雨が降ってない。降水量は平年の20%くらいだったとか。地中海地方のような夏が続いておりましたが・・・)
この雨で今が盛りのコルチカムが地べたにグターッと臥しております。クジャクアスターも卑屈なくらい腰を屈めております。
20664.lapis@イングランド(南東部、罰金我無者)  10月7日(土) 23時51分
20644のグラス、きれいですよね。
こちらのグラスガーデンを見るたびに、どうしてこんなに組み合わせがうまいのだろうと思ってしまいます(グラス以外でもそうですが)。
西洋人は庭を立体的に見るが、日本人は平面的に見る・・・?
20644上(カラマグロスティス)には触ってみましたが、雨の後にもかかわらずフワフワでしたよ。
グラスは大きくなりすぎるのでどうもと言う人でも、あれはフウチソウのような感覚で普通の庭にも混植できそうです。
20685.メルモ@都内某所    10月9日(月) 17時2分
lapisさんのトリトマ(Kniphofia 'Percy's Pride')、さわやかなレモンイエローで素敵ですね。
うちの近所で適当に手に入れると、大抵緋橙色の暑苦しい子ばかりです。あれはあれで綺麗なんですけどね。

┬┴┬┴┤π`;) 2006年の秋、lapisさんがホームページ(BBS主体)を開きました。 → みどりのゆび Green Fingers

次(A Taste of Autumn)行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2006年12月2日にアップしました。)