lapisさんが語る英国園芸の意外な真実
5.初秋のSavill Garden 後編

20265.流花@お答えいたします   9月22日(金) 14時3分 ペインティッドセージとプレクトランサス アルゲンタトゥス
lapis さん。
20259紫色の花(苞葉)は、ペインティッドセージ Painted sage/Salvia viridis cyn. Salvia horminum (こちらの呼び名が有名かな?) のものですよね?
シルバーリーフは、シソ科のプレクトランサス アルゲンタトゥス Plectranthus argentatus だと思われます。これはね、日本で数年前に「シルバースプーン」の名前(たぶん流通名または商品名)でも売り出されたことがあります。店頭にも園芸好きさんのお宅でも見かけないところを見ると、定着しなかったみたいです。
下のはもう皆さんの意見も出てますね。
花が咲き出して紅葉(黄葉)してるけど、芽だしから涼しいうちまで赤いペルシカリア ミクロファラ 'レッドドラゴン' Persicaria microcephala 'Red Dragon' に一票を入れたいです。これなら日本にも商業目的で導入されてます。
20266.setton8@関東内陸南部(昼休み)   9月22日(金) 14時27分
20259の下、Persicaria microcephala 'Red Dragon'に賛成です。
米村先生こちら
よ〜く見ると葉に模様がありました。ただ、検索してもこんなにきれいに黄葉した画像は見つけられませんでした。
20267.lapis@イングランド(南東部、罰金我無者) 9月22日(金) 19時46分
流花さん
お答えありがとうございます。
シルバーリーフは Plectranthus argentatus ですね。覚えておかなくっちゃあ。
色もテクスチャーも、とてもすばらしいのに日本では定着しなかったとか。ペルシカリア ミクロファラ 'レッドドラゴン'
最近こちらでは良く使われているようです。あのコンテナーのように大きくなるとは思っていなかったですが。
タデ科のほうのは、 Persicaria microcephala 'Red Dragon' とは思いもしませんでした。あのはっきりしたハッパの模様も消えているし、あんなにきれいに黄葉するとは春夏の姿からは想像できませんね。’Red Doragon'は春に花が咲いていたように思ったのですが、あれは狂い咲きでしょうか。
茎の赤さも、秋のほうがもっとくっきり赤いですし。
春夏のハッパが爬虫類的であまり好きではなかったのですが、秋の姿に惚れましたので購入リストにアップ。
これからも、またアドバイスよろしくお願いします。
20268.ami@京都   9月22日(金) 21時54分
lapisさん Savil Garden秋の様子、ありがとうございます。
日の光を通した植物が美しいのは秋ですかね。
特にソリダコの美しさは秋〜。
秋の色彩、なんだか感傷的ねぇ、とつぶやき続ける・・・。
リハビリ無理しないでくださいね。
銀色毛のプレクトランサス、昨日北山緑化植物園の売店にそれと西宮市オリジナル「プレランサ」(なぜか中途半端なネーミング)が売ってました。
シルバーな毛並みがすてきだったけど叔母はプレランサを選択したのでした。
20269.Alex @横浜   9月22日(金) 22時11分 Alex氏提供
素敵な写真ですね。
ペニセツ(タ)ム 'パープルマジェスティ' Pennisetum glaucum 'Purple Majesty' 'はボクも今年の庭の一つのテーマで、「薔薇の園を夢みる」人々に対抗して、「パープルマジェスティの園を夢見て」を男庭で実施しています。本当にカッコいい植物だと思います。色々な意味合いで、ひたすら「薔薇の園を夢見る」人々に、「ガツン!」といわせるパワーと美しさを持っていると思います。
一歩間違えると、「トウモロコシ畑」という説もありますが・・・。
右写真は、おじさんが夢見る今朝のパープルマジェスティの園(詳細はこちら)。
20271.ムク@蚊が大嫌い   9月22日(金) 23時28分
モウさま
>パッと見の写真色合いがいいですね。
ボーッとしながら下にスクロールしたらどれも皆絵画のように見えますヨ♪ホント色合いがステキです! 大きくしてジックリ見ると「これ何だろ?」とかいろいろひっかかりながらなので時間がかかりますん。

ほうほうプレクトランサスでしたか〜( ̄(エ) ̄;)ムクの知ってるソレは白覆輪の寄せ植えに使われるような小型のものだったのでそげな大きなのは想像できませんですぅぅ。

う゛ー(≧へ≦)ノ〃パスさん、わかります!そのキモチ。ムクは暑さよりも蚊がイヤで(年々異様に増えてる気がする)こんなに涼しくなってもまだ居るもんだから庭なんてどーでもいいようなネガティブちゃんになっとりますがな(悲)
Alexさん、相変わらず素晴らしいお庭ですね!男庭というより大人庭だと思うです(* ̄(エ) ̄*)
lapisさん、フクちゃんのお花楽しみにしてます♪
20272.ボロボロの木@食欲の秋    9月22日(金) 23時52分
プレクトランサス アルゲンタトゥス Plectranthus argentatusはお店の女性スタッフが気に入ってよくお店の寄せ植えに使ってました。
単体で並べてると反応悪いのですが育って花芽でも上がってくると名前を良く聞かれましたです。
でも得てして綺麗に育った頃には苗が無いんですよ(・・;)
商品名の乱立は覚えるの大変、今年は春にクルービューティーの苗があるかいきなり電話で聞かれて一瞬何だか判らなかった。
ボロさん提供 ボロさん提供
プレクトランサス アルゲンタトゥス
Plectranthus argentatus の花
こちらの斑入り葉は
プレクトランサス フォルスティリ 'マルギナタス'
Plectranthus forsteri 'Marginatus'だろうか

20316.メルモ@都内某所   9月23日(土) 22時37分
出遅れました。
lapisさん、車椅子でも外出できるようになって良かったですね。
> なんせ、名前見ようとか、写真撮ろうとか思って「止まって!」と言っても車椅子押してくれてるヤツが、どんどん行っちゃったもんで・・・
それ、判ります。こういうとき、自分の意志で動けないのってストレスがたまりますよね。
リハビリも始まったとのこと、辛そうですが初めが肝心です。頑張って下さいね。
グラスガーデンの色合いがきれいです。

20595.初秋のSavil Garden Part 2
lapis@イングランド(南東部、罰金我無者)   10月5日(木) 20時37分
9月24日、続けてSavill Gardenに行って来ました。
前日夜中にかなりの大雨が降り、車椅子でのアクセスはちょっと無理かしらと思いましたが、小道に沿って行けるところは大丈夫でしたので、また一部だけですが、初秋の風景をどうぞ。
こちらに来てから、いくら華やかに咲いても散り際の見苦しい花よりも、花の盛りを過ぎてなお、どこかに美しさを残しているような花に気を惹かれるようになりました。
ここには広いアジサイガーデンがありますが、その中からいくつかそんな花を。
ノリウツギ(=ハイドランジア パニキュラータ) Hydrangea paniculata 'Pink Diamond’と同じくH. paniculata 'Everest'
Hydrangea paniculata 'Pink Diamond’
H. paniculata 'Everest'

20596.
H. paniculata 'Tardiva'とH. aspera
H. paniculata 'Tardiva'
H. aspera
ハイドランジア アスペラはこちらに来てから知りました。
花もいいですが、葉ッパのテキスチャーがまるでビロードのようでとてもすばらしいのです。写真では、そのテクスチャーが出ないのが残念(写真下手のせい!)。大きくなると枝がうねるのが玉に傷ですね。
20597.
プテロカリア フラクシニフォリア Pterocarya fraxinifolia (クルミ科)
かなりの大木になりますが、ライムグリーンのタッセルがゆらゆらしてとても涼しげです。
今年は9月の気温が高いので紅葉にはまだ。

20598.
水辺の風景を二つ。
こちらではおなじみのグネラ(グンネラ) Gunnera が見えますが、この群生はかなり大きく横幅10メートルはあるのではないでしょうか。もうすぐ汚らしい死体に変身です。

20599.
グラスガーデンから。
前夜の大雨にもかかわらず倒れていません。
♪秋の光にきらめきながら〜 指のすきまを逃げてくさざ波〜
二人で行った演奏会が始まる前の弦の響きのよう・・・♪
 (`´)荒井由実/十四番目の月/「さざ波」より無断引用

20600.
同じくグラスガーデンから。
次は
ここ数年植えようかどうかで迷っている
ルブス チベタヌス 'シルバーファーン' Rubus thibetanus 'Silver Fern' 
庭が広ければ、とっくに植えているのですが・・
ブルーグレイの葉がとてもきれいですが、何よりもこのプランツの魅力は冬の真っ白な枝です。
足元は黒いオオバジャノヒゲ Ophiopogon planiscapus 'Nigrescens'で引き締めて、見事な植栽になっていました。
woodlandに車椅子はちょっと無理がありましたので、またシャクナゲの頃にでも。ここのシャクナゲの群生は南東部でもトップに上がると思いますので、おたのしみに。
20623.樹音@蝦夷地   10月6日(金) 20時56分
おお〜〜 なんと豪華な庭園ツアー ありがとうございます(*^_^*)
いいですねー ドライ気味なサビた色アジサイ♪ 当地でも雪の中でカサカサと音立ててます。
アスペラ・・ 不思議なビロード葉 良く見ると解りましたよ、面白いですね。
私は見た事無いけど何処かに有るのかな? 是非ナデナデしてみたい葉です。
20599の上グラス ラブリ〜〜です♪ 毛深いマリモみたいでめんこい
品種名は不明なのですね・・ 残念っす。 まぁー 多分こっちでは無理だと思います(涙)

>・・・ここ数年植えようかどうかで迷っているRubus thibetanus 'Silver Fern'
キイチゴのお仲間ですかー 全くの初見です・・ ウゥーン オージー植物も珍しいがイギリスは奥が深いぞー。

御礼に先週行ったゆにガーデンのさびた色アジサイを。
樹音さん提供
樹音さん提供lapisさんのと同じかな?



20628.setton8@関東内陸南部   10月6日(金) 21時43分
北の大地の初秋同様、英吉利の秋も楽しませて頂きました。まだ、リハビリ中で大変でしょうに、レポートありがとうございます。
H. aspera
日本語サイトを少し調べたところ、タマアジサイの仲間らしいとのことですが、それでいいでしょうか?
葉の質感、しっかり分かりました。

Pterocarya fraxinifolia
コーカサスサワグルミという和名があるようです。

20598下画像、和風の趣きがありますね。

Rubus thibetanus 'Silver Fern'
何ともいえない素敵な色合いです。実もなりますか?
20638.lapis@イングランド(南東部、罰金我無者)   10月7日(土) 7時10分
>20599の上グラス ラブリ〜〜です♪ 毛深いマリモみたいでめんこい。
たぶんススキの類だと思って名札見なかったのですが・・・
Rubus thibetanus 'Silver Fern'
品種によって、ピンクや白の花が咲き、ベリーももちろん生りますが、これはに冬の枝を鑑賞するために植えられるようですね。冬に見ると、周りの景色から浮き出たように真っ白の枝です(雪の地方では目立たないでしょうけれど)。
普通は棘があるのですが、無い品種もあるようです。始めて見たのが冬だったので、とても印象に残りました。

┬┴┬┴┤π`;) 2006年の秋、lapisさんがホームページ(BBS主体)を開きました。 → みどりのゆび Green Fingers

次(秋のWisley)行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2006年11月11日にアップしました。)