lapisさんが語る英国園芸の意外な真実
4.真夏のWisley Garden/アガパンサス三昧早周りの旅

19124.夏のウィズリー、アガパンサス三昧早周りの旅
lapis@イングランド(南東部、罰金我無者)   7月30日(日) 21時30分
この前、ウィズリーに行ってから、ちょうど一ヶ月。
金曜日に電話を入れると、「咲いてますよ」ということだったので、土曜日(7月29日)に行ってまいりましたよ。
何が咲いてるのかって?
もちろん、アガパンサスでございますよ!
またまたカンカン照りの日で、しかもちよっと風もきつい日で、おまけに朝顔ではないですが、
ブルーの色がきれいに出なくって、どれもこれも同じに見えてしまうかもしれませんが、ご容赦くだされませ。
株立ちの姿を見ていただきたいので、クローズアップにはしていません。詳細を知りたい方は、ネットか図鑑で調べてくださいね。
では、これから皆様を夏のウィズリー、アガパンサス三昧の旅にご案内いたしましょう。


エントランスを入るとすぐの所に、開花のときに訪れるとパッと目を引く大きいアガパンサスがあるのですが、残念ながら、まだつぼみのままでした。でも、Perovskia(ロシアンセージ)とのコンビネーションがとてもいいので見てください。
Agapanthus 'Torbay'です。(右写真)



ドライガーデンに、グラス類、Kniphofia(Red Hot Poker),エリンジウム、シーダム(ベンケイソウ)、ルドべキアなどと
いっしょに植えてあるアガパンサスも、絶妙の植栽だと思いませんか。(下写真)
19125.
白いアガパンサス2種。左はA.Coddii で、右は’Windsor Grey' 同じ白でも、随分感じが違います。
19126.
淡い水色の'Lady Grey'
次は、目の覚めるようなきれいなブルーの'Queen Elizabeth The Queen Mother'
皇太后の名前がついているだけあって、すばらしい花色でしたが、残念ながら、バカチョンデジカメではその色が出てくれません。
つぼみの部分は特に濃いブルーです。
19128.
前述の皇太后よりは少し薄くきれいなブルーの'Blue Bird'
次は淡いブルーの'Oslo'
ルドベキアやRed Hot Pokerと組み合わせるときは、濃いブルーのをもってくるときつくなりすぎるから、こんな淡いブルーのがいいのでしょうね。
19129.
左はこれまたきれいなブルーの'Windsor Castle'  
ウィンザー城やら皇太后やら、ロイヤルファミリーにアガパンサス好きの人でもいるのでしょうかしら。
確かに、皇太后は綺麗なブルーの服をよく着ていらしたようにも思いますが・・・
右はまっ白の'Phantom'  なんかすごい名がついてますねえ。

19130.ムク@夏バテ⊂(______)⊃   7月30日(日) 21時44分
(≧∇≦)わぁ!!!!凄〜い!!lapisさん、毎度ありがとうございます♪
19124.>Perovskia(ロシアンセージ)とのコンビネーションがとてもいいので見てください。Agapanthus 'Torbay'です。
ロシアンセージのシルバーとアガパンのブルーが一緒に咲いたら更に爽やかでしょうねぇ♪憧れます!!
19131.lapis@イングランド(南東部、罰金我無者)   7月30日(日) 21時46分
左はAgapanthus caulescens subsp. angustifolium ペイルブルーの花にブルーのすじが入っているとても綺麗な花です。
名前に合わない短い広いハッパですが・・・
右は、A. africanus  同じようにペイルブルーにブルーのすじが入っています。
どちらもとても爽やかな感じの花ですが、後者のほうがよく出回っているようです。
19132.
これはA. campanulatus var. albidus  
ボーダーの中に混植してあります。ウワッとにぎやかで、大株になりそう。
次は'Midnight Blue'
名前の割には、あまり濃い色ではありません。これもボーダーの中に。
19133.lapis@イングランド(南東部、罰金我無者)   7月30日(日) 21時52分
これはArdernei hybrid   
前々日の豪雨のせいか、そういう性質なのか、これだけがへろへろになってしまっていました。(こちらの言葉でfloppy とよく言いますが)
最後は'Blue IMP'
たくさん植えてあるとスカイブルーのさざ波のようです。
あと、いくつか見逃してしまったのがあったかもしれませんが、ウィズリー アガパンサス三昧早周りの旅でした。

まだつぼみだったのは、'Torbay'と 'Blue Moon'のみ。どちらも背の高い大きな種類のがオクテのようでした。
アガパンサス好きで、長い期間楽しみたい人は、こういうのを植え足すといいかもしれませんね。
19139.樹音@あちい・・   7月31日(月) 14時0分
ワ〜ォ ワァォワォ(いつも聞こえるアオバトの声)
lapisさん うれぴ〜〜〜(~o~)  いいですねー なんと爽やかな。。
アガパンってこんなに種類有るんですね、常緑と落葉のが有るんですよね・・
当地では落葉性のが持つんですが樹音んちのは成長しません・・
こんなん咲いたら良いな〜  始めの2枚の雰囲気が好きです。。
花はQueen Elizabeth The Queen Mother'が特に好き♪
白は'Phantom' が好みかも・・ となると'Oslo' は必需品! なんて・・
ダメだ〜 頭の中が妄想でいっぱいになる〜 こりゃー アガパン好きのバイブルでんな。。
他の仔もドンジャラ見せてくんなまし〜 アガパンの夢確実です(^o^) 
19143.花菱@横浜   7月31日(月) 22時10分
アガパンサンス。以前にアーバンジャンゴの代表花になっていたよーな(^^)
で、記憶をたどると、花菱は引っ越したら見るようになりました。
ウチにいる古株はご近所のお裾分けだったしい〜((((^^;)
でも、涼を呼ぶ感じが好きです。花菱さん提供のアガパンサス@ウィズリーガーデン
最近は種類も結構あるようだけど、実物はなかなか見られないので、
lapisさんのご報告はグッドタイミング!!(^^)
以前UPした写真の品種は‘PRIDE OF BICTON’でありました。
濃い青でこんなの欲しいなぁ〜でパチリ。
19152.モウ@あともう少し・・・   8月1日(火) 19時55分
lapisさん。素敵に元気なアガパン・レポートありがとございました。
いんぐりは日本よりも高緯度で気温が低いのに、アガパンは元気なんですね。
うちの辺り、秋田では落葉性は概ね大丈夫ですが、常緑性はちょっと際どいところ(海岸部はいいが、積雪の多い内陸になると難しいみたい)。ということは、この植物の分布は、夏場の気温よりも冬場の寒さ&積雪が決定要因になってるんでしょうかね。

樹音さん>当地では落葉性のが持つんですが樹音んちのは成長しません・・
この植物の日本列島北限はどの辺にあるんでしょうかね。

あっ(^^;)うちでも以前アガパンの特集(?)やったことあります。余力ありましたら、どうぞ。→ユリ&アガパン賛歌のこちら
19155.arisu@しんじょう(=^^=)♪   8月1日(火) 21時39分
アガパンサスは花色も様々で種類の多い事に驚いています。
「いけばな」では青色の花を活けますが、白い花を見たときはビックリしました。
ボランティアの仲間と造った庭に、白い色仔が咲いてますが・・・残念ながら名前がわかりません。(TT)
lapisさん、沢山のアガパンサスをご紹介下さりありがとうございます。

19160.lapis@イングランド(南東部、罰金我無者)   8月2日(水) 4時43分
東北地方の皆様、低温と日照不足、お見舞い申し上げます。
例年ならば、私のほうが 「寒い、お日様ほしい」と愚痴っている所なんですけれど・・・八月だと言うのにまだ梅雨が明けないのですねえ。こちらは日曜日から突然気温が下がって、22−24℃。先週までと比べると10℃以上の差です。気圧が不安定で、降りそうで降らない変な天候です。強風が吹きまくっているので、地面はカラカラ状態です。

さて、アガパンサスですが、フツウにはなかなかウィズリーのようにはいきません。
うちにも落葉性のが3種類ありますが、かなり苦労しております。3つとも鉢植えにしていたのですが、Blue Bird が3年ほど綺麗に咲いてくれたので、地植えにしてしてのびのびさせてやれば、もっと大株になってくれるだろうと思って、土におろしたのが大間違い。それから3年間、うんともすんとも言わず、ハッパばかりで夏が過ぎていきました。昨年秋、また鉢に戻したのですが、今年もハッパだけで終わってしまいそうです。冬場の低温+雨と(例年ならば)春から初夏にかけての低温がよくないようです。
どの園芸雑誌の記述も、「必ず鉢植えで水はけのよい土に植え、肥料も水もたっぷりやるように、そして冬場はしっかりマルチングをして風雨を避けられる場所か温室で保護する」となっています。
そうそう、最近読んだ雑誌によると、立派な花をたくさん咲かせるコツは、株が大きくなってきても大きい鉢に植え替えないこと。ぎゅうぎゅう詰めが好きなのだそうです。

Alexさんのアガパンサスがたくさん花をつけるのは、肥料とともに、ぎゅうぎゅう詰めがいいのかもしれませんね。(確か、鉢いっぱいになっているとおっしゃっていたと思うのですが)

花菱さん
‘PRIDE OF BICTON’素敵な色ですね。私も濃いブルーのを探しています。

ウィズリー、アガパンサスだけでは寂しいので、にぎやかな夏色の画像もオマケに。
今年のサブトロピカル・ボーダーと一ヵ月後のロングボーダー(昨年)です。

19168.麦@オホーツク海の元乙女   8月2日(水) 21時20分
lapisさん今晩は。うちにも白いアガパンサスがあります。小さな苗で買って数年間・・昨年一輪だけ咲きました。
今年はいきなり株が増えて今から楽しみにしています(まだ花芽が出てないけど)。
うちは地植えですが、冬に氷の下になるのが良いのかな?でも青系統は相性が悪いのか、2度も駄目になってしまいました。
もっとも植えっぱなしの放りっぱなしなので、弱いものは消えてしまうのかも。
でも青いの欲しいな〜。今度買ったら鉢植えにしてみます。
19196.樹音@筋肉痛・・   8月4日(金) 8時25分
lapisさん いいですねー タコライス(沖縄食)のような配色♪ カンナを見ると「夏!」を感じます。

┬┴┬┴┤π`;) 2006年の秋、lapisさんがホームページ(BBS主体)を開きました。 → みどりのゆび Green Fingers

行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2006年10月28日にアップしました。)