lapisさんが語る英国園芸の意外な真実
ウィズリーのアルパインハウスから
シクラメン・コウム花盛り♪

lapis@三寒四温のエゲレスから (幕下/30回)   2009/03/11(水) 03:40
No. 3333
北国のみなさまに(もちろん北国でないみなさまにも)、
スノードロップに引き続いて早春を告げる小さい可愛い花をお届けします。
No.3334
雪の影響で、2月のシクラメンショーに出かけられませんでしたので、
No.3335
その代わりに、ウィズリーのアルパインハウスから花盛りのシクラメン・コウムをどうぞ。
No.3336
寒波のせいで、スノードロップもヘレボラスも例年よりはかなり遅れての開花になっていますが、
No.3337
寒さに強いコウムにはそれほど影響はないように思います。
No.3338
2月15日に訪れた時には、コウムとクロッカス、
そして日本の雪割草の饗宴でしたが、
No.3339
3月3日に訪れると雪割草はまだ健在でしたが、コリダリスやサキシフラガとの饗宴に変わっていました。
コウムの鉢もかなり入れ替えがあったようです。
No.3340
これは本当に小さいでした。
No.3341
端っこで近づけなかったのですが、ヘパちゃんの向こうにある鉢の花数にはびっくり。
No.3342
コリダリスと一緒に
No.3343
ヘデリと一緒に
No.3344
どうやったらこんな風に咲かせられるのでしょう。
No.3345
1年を通じて展示の変わるアルパインハウス、
一度その舞台裏を見てみたいものです。
lapis@三寒四温のエゲレスから (十両/43回)   ..2009/03/11(水) 04:11
No.3346
明日から1週間ほど留守にしますので、
コメントにお返事できませんが、楽しんでいただければうれしいです。
┬┴┬┴┤π`;) 今回はlapisさんonlyでまとめてみました。
原種シクラメン関連頁
 エゲレスカンアオイの誘惑1  
 エゲレスカンアオイの誘惑 2008秋 (原種シクラメン・レポート)1   
 原種シクラメンへのいざない2008日本版 

次(2009早春のSavill Garden)へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2009年3月21日にアップしました。)