2018年ロンリーハーツ植物紀行
10月3日、天馬尾根を下る。1
(紅葉のモンサンミシエル参拝)

(本頁は「栗駒山は9月26日に偵察、10月3日に本番。」の続きです。)

天馬尾根を歩くルートは天狗の庭分岐点から始まり、ホンの10分程度歩けば展望岩塔に至る。
と言っても、わかりにくいと思うので、非合法マップを表示する。
黄色破線が今回、歩いたルート(本マップは原本を無断転用)。

ここからの北側、西側の眺めはタイヘン素晴らしいのだが、
いつも風が強く、ひどい時は呼吸もままならず、足を掬われて転倒したこともあった。
しかし今日は不思議と風が弱い。こんな日もあるんだ。
展望岩塔から昭和湖の眺め。
なんか油絵を見てるような感じ。

今日の鳥海山は雲に包まれ、ほとんど見えなかったが、それ以外の山々は大丈夫だった。
展望岩塔から秣岳や竜仙ヶ原湿原、須川湖を眺める。

竜仙ヶ原湿原と須川湖

現在、龍泉ヶ原湿原は立ち入り禁止になっているが、
大昔、まだ立ち入り出来た頃に、二回ほど入っている。ヒナザクラが一面に咲いていたのが印象的だった。

この湿原の名はわからない。

展望岩塔から先に立ち入るのは今回が初めて・・・ではない。
大昔、高校二年生の時だから、46年前に一度歩いている。
個人的には初めての栗駒登山なので、いまだに記憶しているが、天気はあまり良くなかった。
今回は晴天の下、紅葉もベストの時に当たり、その風景の素晴らしさに息を呑んだような次第。

展望岩塔から先はしばし降下し、灌木の茂みに突入する。ミネカエデの赤が素晴らしい。
ミネカエデの紅葉

展望岩頭の下りから秣岳を望む。

展望岩頭の下りから虎毛山を望む。

ナナカマドの実 サラサドウダンの紅葉と実

こちらのサラサドウダンの紅葉は青味が強かった。

来し方を振り返れば、
展望岩塔(1573mピーク)

展望岩塔(1573mピーク)はかつて馬糞森というひどい名前だったが、いつの間にか呼び名が変わっていた。
ここから眺める姿はかつての名前を彷彿させるものがある。

これから辿る天馬尾根の稜線は草紅葉の領域が多くなる。

左から1397mピーク、モンサンミシエル峰、秣岳と思われる。

1397mピークへの登り

1397mピークを登り切り、草紅葉がいいあんばいのしろがね草原を進んだら、目の前に島のような形の小山が現れた。


最近、この小山は一部登山者の間でモンサンミシエル(モンサンミッシェル)峰と呼ばれている。
有名な世界遺産にその形がなんとなく似ているからだろう。
秋田駒ヶ岳・ムーミン谷同様、好い呼び名なので、ワタシも使わさせて頂くことにした。
しろがね草原越しにモンサンミシエル(モンサンミッシェル)峰。

遠く北には、
焼石岳

振り返れば、
しろがね草原越しに栗駒山と展望岩塔の重なり。

モンサンミシエル峰の山頂岩場からの眺めは最高だった。
まずは西側の紅葉と山々の展望。
禿岳から虎毛山、神室連峰、高松岳など。

神室連峰のあたりをクローズアップ。

禿岳から虎毛山にかけてクローズアップ。

南西側の眺め。

北西側、秣岳を望む。

モンサンミシエル峰を越えたら、
アオモリトドマツの疎林になっていることにハタと気付く。
アオモリトドマツの疎林

アオモリトドマツは本州の亜高山帯を代表する樹木だが、東北地方では何故か日本海側の高山と奥羽山脈の一部で欠落している。
奥羽山脈の比較的高い山(亜高山帯のある山)では、北は秋田駒ヶ岳の辺りから和賀山塊、焼石、栗駒、神室山系を経て、南は船形山系までが欠落の範囲になっている。
ところがモンサンミシエル峰と秣岳の間には有った。
本物のモンサンミシエルは世界遺産だが、こちらのモンサンミシエルには貴重な自然遺産が有った。
大昔(46年前の高校二年生だった頃)、ワタシがわざわざここに来た理由は・・・
当時、引率してくれた高校の先生(生物を教えておられた)がこのアオモリトドマツを見たかったからだろう。

秣岳への登り。


次(2)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年11月30日にアップしました。)