2014年ロンリーハーツ植物紀行
華麗なる低山紅葉・白土山と藤里峡

秋田では、10月も末になると、紅葉前線が低地まで降りて来ます。
昨年秋、ひょんなことから見つけた紅葉スポット、白土山(横手市大森町)こちらで少し紹介済み)。
今年もそろそろ紅葉してるだろなと思い、
10月26日の朝、確認に行ってまいりました。ご覧の通り、紅葉は始まってました。




農業用水路で仕切られただけで、田んぼからいきなり始まる。
こんな壮絶な紅葉は全国的にも類を見ないと思います


撮影していたら、手押し車で散歩中のお婆ちゃんが話しかけて来ました。
「ここは昔からホントに紅葉が綺麗な処だ。わらしの頃はにぎりまま持って観に来たもんだ。」
秋田は深山幽谷だけでなく低地でも綺麗な紅葉が見られますが、この場所ほどストレートに綺麗な場所を私は知りません。
もう数日したら黄色も加わり、一層華やかになることでしょう。

10月30日は
横手に行く用事があったので、少し早めに出て、白土山を掠めてみました。
先日(10月26日)に較べると少し黄色味が出て来た感じです。
平野(田んぼ)からすぐの場所に何故こんなに綺麗な紅葉の場所があるのか、謎解きはさておき、取り急ぎ報告まで。






何ゆえ此処だけ異様に紅葉が綺麗なのか。
その理由は赤く紅葉する木が特別に多いせいですが、詳細はこちら↓( (´π`; 無断引用です)

横手市大森町、モミジの名所見頃に 地元有志が手入れ-【秋田魁新報】
横手市大森町十日町の通称・白土山(しろつちやま)のモミジが真っ赤に色づき、見頃を迎えている。
市大森地域局から大仙市に通じる県道を2キロほど進み、左手に見えるこんもりした山がそれ。
地元では知られた紅葉の名所で、行き交うドライバーの目を楽しませている。
白土山はかつて陶器用の土が掘られていた個人所有の山。5年ほど前に地元有志らが「紅葉(もみじ)山を21世紀に残す会」をつくり、持ち主から山を借りて管理。
約50人がカエデやマツを植樹したり、春先にはつるを切ったりしている。3年前の秋には松くい虫被害で枯れた木を伐採。
2011年1月の大雪では、倒れた老木を処理するなど手入れを欠かさない。
今年は先月25日ごろから紅葉が始まった。霧がかかった早朝は幻想的な景色が広がり、時間によってさまざまな表情を見せる。

この山、平地からよく見えると言って来ましたが、人里との位置関係はこんなふうになってます。
手前の道路はけっこう交通量が多く、
しかも皆さん、ビュンビュン飛ばしてますので路駐は止めた方がいいです
(11月1日も老夫婦が路駐し、カメラをかざしながら道路を横断してました。他車にはタイヘン迷惑ですし、ご本人たちも危ない)。
さいわいにも近くにローソンの広い駐車場がありますのでそちらに止め(そのかわり何か買う)
テクテク歩いてアプローチするのがよろしいかと。
なお接近するため、畦道に踏み込む方はゴム長をお薦めします。地元の農家の方に会ったら挨拶くらいはしませう。



10月25日は県北に紅葉狩りに出かけました。場所は秋田県内で唯一まともに足を踏み入れたことのなかった藤里町にある峨瓏の滝
難しい字ですが、「がろう」の滝と読むのだそうです。滝の入口の銀杏の黄葉が綺麗でした。
銀杏の黄葉に合わせたのか
神社の鳥居も黄金色でした。
峨瓏の滝

銚子の滝

オオウバユリの実 銚子の滝

紅葉狩りというよりも滝見ツアーになってしまいました。

次(11月)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2015年1月17日にアップしました。)