2015年ロンリーハーツ植物紀行
真夏の高原花紀行・高峰高原1

今年の夏休みは長野や群馬の高原を訪ねました。足弱の家人と一緒なので登山はしておりません。
ひたすら水平方向に散策するだけでしたが、高原の花は満喫できました。
8月9日午前は高峰高原を訪ねております。この高原は長野群馬県境にある浅間山の噴火口から西4〜5キロ付近に位置します。
長野県小諸市郊外から浅間山方面を望む。
高峰高原は上写真では車坂峠の裏側にあたるので厳密には群馬県ということになりますか。

浅間山(2568m)
高峰高原の標高は約1970m。東北で言えば、月山山頂くらいの高さですが、そこは高山草原ではなく、
カラマツの森林になっておりました。
高峰高原から見た篭ノ登山(左、2228m)と水ノ塔山(右、2202m)

ここではスキー場、ゲレンデがお花畑なんです。

一番多くよく目立つのはヤナギラン。
ヤナギラン Chamerion angustifolium


アカバナシモツケソウとヤナギラン
此処はピンク系の花が多いなと感じました。
なおアカバナシモツケソウは東北ではほとんど見られません。
アカバナシモツケソウ Filipendula multijuga var. ciliata

トモエシオガマ Pedicularis resupinata var. caespitosa
トモエシオガマは東北にもありますが、こんなに多くはないし、でかくもなりません。

シャジクソウはクローバーの仲間。今回、初めて目にしました。
シャジクソウ Trifolium lupinaster

メイゲツソウ Reynoutria japonica f. colorans ヤマホタルブクロ Campanula punctata var. hondoensis

イエロー系の花も少し。

マルバダケブキ Ligularia dentata

キオン Senecio nemorensis

キオンとヤナギラン アキノキリンソウ Solidago virgaurea var. asiatica
キオンもマルバダケブキも秋田ではほとんど見られません。
秋田の高原はと言えば、オオイタドリやヨツバヒヨドリ、ゴマナ、ハンゴンソウ・・・と地味な花ばかりです。
上信の高原には何故こんなに綺麗な花が多いのでしょうか。

次(2)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2015年9月26日にアップしました。)