5.全く無いわけではない〜穂高の花達

既にご覧の通り、穂高の稜線は岩ばかりの世界ですから、高山植物の種類はあまり多くありません。
しかしその咲き様は感動的なものばかりでした。
ここは植物にとっては極限の環境ですが、人間様も壮絶な思いをしないと見られないので、余計そう感じるのでしょう。

手前の岩場にびっしり生えているのはイワウメ。
イワウメ Diapensia lapponica ssp. obovata
こんな岩にいったいどうやって根を下ろしてるんだろう。


キバナシャクナゲ Rhododendron aureum
中部山岳や北海道では一般的ですが、
東北ではなかなかお目にかかれない高山植物のひとつ。
チシマアマナ Lloydia serotina
東北では早池峰山にしか無いと言われてます。
強風に揺れ、とても撮影しにくい花でした。
ミヤマタネツケバナ Cardamine nipponica
こちらも中部山岳や北海道では一般的だが、東北ではお目にかかれない。


イワベンケイ Rhodiola rosea 
これも東北では少ない。

シナノキンバイとハクサンイチゲは量的にはかなり多かったのですが、
本格的な開花はまだでした。この年は寒かったのでしょうか。

北穂高岳斜面のハクサンイチゲ群落。
背景の山は奥穂高岳。
ハクサンイチゲ
左からシナノキンバイ Trollius riederianus var. japonicus
ハクサンイチゲ Anemone narcissiflora var. japonica
ショウジョウバカマ Heloniopsis orientalis
雪が融けてまだ日が浅いのでしょう。初々しい姿が印象的でした。

東北でも一般的な花にやっと巡り会えました。

コイワカガミ Schizocodon soldanelloides f. alpinus


涸沢岳付近の岩場。こんな場所にも花は咲く。


イワツメクサ Stellaria nipponica
東北には無い高山植物です(北海道大雪山にはエゾイワツメクサがありました)。


他にシコタンソウ、クモマグサ、タカネツメクサ、ミヤマキンバイ、ミヤマダイコンソウ、クロユリなども見ました。


次は6.戦慄の吊尾根

管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2010年6月19日にアップしました。)