2016年ロンリーハーツ植物紀行
9月24日、初めての神室山(2)

(本頁は「9月24日、初めての神室山(1)」の続きです。)

稜線の灌木帯にポッカリ空いた「窓」をくぐると一気に視界が開ける。
神室山
初めて見る神室本体(秋田側)の山肌はけっこう厳しかった。こういう襞々は秋田の山では珍しい。

大役内川の源流部

前神室山

御田の神(マミヤ平)を振り返る。

稜線の残り花1
タテヤマウツボグサ Prunella prunelliformis の残花。 オヤマボクチ Synurus pungens

神室山山頂はもうすぐだ。
神室山山頂を望む。 山頂直前、最後の試練。

神室山山頂。バックは虎毛山。

山頂でTOY'zの八鍬 寛さん(神室山の師匠)に会った。
嬉しかった。また今回は堀松 紀人さんにもいろいろ事前アドバイス
を頂いた。両者のおかげで今回は登れたようなもの。
八鍬さんの登ってきた神室ダム方面を望む。

山頂から東側の山々を望む。
左から山伏岳、高松岳、栗駒山(雲をかぶっている)、虎毛山。

鳥海山はちょっとだけしか見えなかった。 小又山(1367m、神室連峰最高峰)

火打岳(1238m)

稜線の残り花2
センジュガンピ Lychnis gracillima 残花
秋田の山ではなかなか見られない種類。
ハクサンフウロ Geranium yesoemse var. nipponicum
残花

西ノ又の分岐まで戻り、帰りはパノラマコースを辿る。
ナナカマド Sorbus commixta
バックは山伏岳。

西ノ又沢稜線から前神室山。

前神室山稜線から振り返る。
左から小又山(天狗森と重なっている)、火打岳。

前神室山の稜線から北側(横手盆地)を望む。

前神室山山頂付近から。
左から西ノ又沢稜線、神室山、小又山(天狗森と重なっている)、火打岳。

カニコウモリ Parasenecio adenostyloides イワウチワ Shortia uniflora var. orbicularis
パノラマコースと言っても、前神室から先は樹木(主にブナ)に覆われており、見通しはほとんど効かない。
林の下草ははじめカニコウモリが多く、
里が近づくにつれ、イワウチワが多くなった。春の開花時はさぞかしみごとなことだろう。
役内の集落を俯瞰

その後、杉林になり、あっという間に下山。
山麓から振り返ると、西ノ又沢源流部は雲に包まれていた。
帰り道、川井付近から神室山方面を振り返る。

真夏に下界から見た神室山を。
秋田の平野部から神室山本体は西ノ又沢源流部稜線に隠れて見えないことがわかった。
2016/08/08 横手市十文字町より。
しんどい山だが、
来年6月は世界一のキヌガサソウ群生を観に再チャレンジだ。

次(紅葉の栗駒山)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2016年11月4日にアップしました。)